HOME産業サイバーセキュリティセンター事業内容のご案内責任者向けプログラム 国際トレーニング

本文を印刷する

産業サイバーセキュリティセンター

責任者向けプログラム 国際トレーニング

事業内容

 産業サイバーセキュリティセンターでは、制御システム(OT:Operational Technology)を有する企業のサイバーセキュリティ対策の統括部門の責任者を対象に短期プログラムを実施しています。

 本トレーニングでは、高度なサイバー脅威が増加していること、制御システムを有する企業を守るベストな方法とは何か、そして自社組織に適用可能なサイバーセキュリティ投資の根拠となるリスク分析、インシデント管理の実行フレームワークについて理解することが出来ます。

 本トレーニングは次の事を目的とします。

  • CISO(もしくはCIO)と海外セキュリティ専門家間のコミュニティやリレーションの構築
  • OTを有する企業を防御するためのコンティンジェンシー・プランニング、組織組成、手順に関するベストプラクティスをもとにした討議の実施
  • 重要インフラ、OT、脅威を与える組織・人(ハッカー、犯罪組織、ハクティビスト等)に重点を置きながら、現在のサイバー脅威の全体像の理解
  • サイバーセキュリティ対策への投資の根拠となるリスク分析の理解
  • 自社組織に導入可能な、OT防御の実行可能なソリューションの提供
  • 実際のインシデント発生前に、政府関係者や各機関とのやり取りを含む、インシデントレスポンスの演習を実施

ICSCoE Global Training Seminar
(IPA 産業サイバーセキュリティセンター(ICSCoE)演習プログラム「国際トレーニング」のご紹介)

ICSCoEが海外のセキュリティ専門家と連携して実施しているサイバーセキュリティ演習プログラム「国際トレーニング」の紹介動画です。
CISOやCIO、制御システムセキュリティ対策の責任者などを対象とした本プログラムのインシデントレスポンス演習(ウォーゲームセッション)の内容もご紹介しています。

これまでの内容について