プログラム

プログラムのご案内

  富士1(2階) 富士2(2階) 蓬莱(2階) 曙+松(1階) 相生(1階)
10:00 開会挨拶

 
       
         
11:00        
         
12:00        
           
  ソフトウェア・エンジニアリング IT人材育成 情報セキュリティ 国際標準推進 授賞式
  富士1(2階) 富士2(2階) 蓬莱(2階) 曙(1階) 相生(1階)
13:00
講演
招待講演
講演
講演
講演
招待講演

パネルディスカッション
講演
講演
講演
パネルディスカッション
講演
講演
講評

講演
講演
講演
講演
講演
講演
パネルディスカッション
講演
パネルディスカッション
講演
パネルディスカッション
 
   
14:00  
   
15:00
【式典】
合同授賞式典
「中小ITベンダー人材育成優秀賞」
 
16:00  
   
17:00  
   
18:00  
           

ITコーディネータの知識ポイントについて

IPA Forum 2012の全てのプログラムは、ITコーディネータの知識ポイントの対象となります。

  • 4時間あたり1ポイントです。
  • ポイントの対象単位は各講演・パネルディスカッションなどのプログラムごとです。プログラム途中での入場及び退場はポイント対象外となります。ご注意ください。

ページトップへページトップへ

開会の挨拶

会場:富士(2階) 10:00-10:05
主催者ご挨拶
藤江 一正藤江 一正
(独立行政法人情報処理推進機構 理事長)

ページトップへページトップへ

基調講演

会場:富士2(2階) 10:05-11:00
経済産業省における情報政策について(仮題)
■ 概要
準備中です。
■ 講演者プロフィール
中山 亨 氏中山 亨 氏
(経済産業省 商務情報政策局 審議官)

ページトップへページトップへ

基調講演

会場:富士2(2階) 11:00-12:00
クラウド時代の情報通信セキュリティ
■ 概要
個人や法人のデータをネットワーク側に預ける、あるいはネットワーク側にあるいろいろなアプリ・サービス・コンテンツをその都度、便利に利用する「クラウドサービス」の世界的な普及拡大が始まっており、 それに関連する諸々の情報を安全に保管し、且つ安心してサービスを利用できる情報通信セキュリティ技術の重要性がさらに高まってきています。一方で、スマートフォンやタブレット端末の利用拡大により、 端末そのもののオープン化、グローバル化も進展しており、それに伴って、不正なアプリによる個人情報漏えいなどのセキュリティ問題も顕在化しています。本講演では、世界の情報通信サービスの大きな流れを踏まえつつ、 クラウドサービス用のアクセス端末としてスマートフォンなどを用いることが一般的となるこれからの時代に向けて、情報通信セキュリティ技術に求められる課題とその対策について、具体的な事例も含めて紹介します。

■ 講演者プロフィール
小野寺 正 氏小野寺 正 氏
(KDDI株式会社 代表取締役会長)

1970年日本電信電話公社(現NTT)入社。84年2月マイクロ無線部調査役。84年11月第二電電企画株式会社入社、89年6月取締役、95年6月常務取締役、97年6月代表取締役副社長。2000年10月DDIとKDD、IDOが合併しKDDI発足、代表取締役副社長に就任。01年6月代表取締役社長、05年6月代表取締役社長兼会長、10年12月より現職。現在、内閣官房情報セキュリティ政策会議有識者構成委員、経済産業省産業構造審議会臨時委員、一般社団法人映像情報メディア学会会長などを務める。1970年東北大学工学部電気工学科卒。

ページトップへページトップへ

ソフトウェア・エンジニアリング プログラム詳細

講演

会場:富士1(2階) 13:00-13:20
安全・安心な社会をもたらすITシステムの実現を目指して
〜信頼性の確保に向けたソフトウェア・エンジニアアリング高度化の取り組み〜
■ 概要
社会生活のITシステムへの依存度はますます増大しつつあります。今や、我々の生活に無くてはならない自動車、鉄道、航空機などもITシステムから成り立っているといっても過言ではありません。社会生活に多大な影響を及ぼすITシステムの信頼性をどう確保していくか、利用者にとっての安全と安心という観点から、IPA/SECで行なっている取り組みについて概括します。
■ 講演者プロフィール
松本 隆明松本 隆明
(IPA 技術本部 ソフトウェア・エンジニアリング・センター所長)

1978年東京工業大学大学院修士課程修了。同年日本電信電話公社(現NTT)に入社、オペレーティング・システムの研究開発、大規模公共システムへの導入SE、キャリア共通調達仕様の開発・標準化、情報セキュリティ技術の研究開発に従事。2002年に株式会社NTTデータに移り、2003年より技術開発本部本部長。2007年NTTデータ先端技術株式会社 常務取締役。2012年7月より現職。 博士(工学)。情報処理学会会員。電気情報通信学会生涯教育委員会委員。

ページトップへページトップへ

招待講演

会場:富士1(2階) 13:20-14:20
IT・電気エネルギー融合システム開発と国際標準化
■ 概要
各国、地域におけるエネルギーの安定供給と効率的な運用を実現する手段として、エネルギーと情報のネットワークを活用した"サステイナブル・スマートタウン"構想が注目されています。 "サステイナブル・スマートタウン"は、エネルギーを効率的に供給するスマートグリッドと、エネルギーを適切に消費するスマートホームなどで構成され、ネットワーク化の利点を生かしたデマンド・レスポンスなどの新たなサービスが出現しつつあります。 本講演では、"サステイナブル・スマートタウン"のパイロットプロジェクトの概要、およびオフィスビルにおけるエネルギー消費の削減、住宅を対象とするデマンドレスポンス、設備系ネットワークにおける情報セキュリティなどの具体事例を紹介するとともに、"安全"、"安心"、"快適"、"便利"な"サステイナブル・スマートタウン"の実現に向けた国際標準化の役割と今後の方向性について言及します。
■ 講演者プロフィール
野村 淳二 氏野村 淳二 氏
(パナソニック株式会社 顧問 (IEC CB委員))
1971年3月 京都大学工学部卒。同年、松下電工株式会社(当時)に入社。
1997年 システム開発センター所長に就任。
2002年以降、取締役 新規事業推進担当、情報機器事業分社社長、ビルソリューション・エンジニアリング事業担当、専務取締役 オートモーティブ事業担当などを歴任。
2006年 代表取締役副社長に就任。
2009年6月 パナソニック株式会社 常務取締役に就任。 2010年2月 同社技術担当に、同年4月より代表取締役専務に就任
。 2011年4月よりIEC(国際電気標準会議)のCB委員に就任。同年6月から現職。工学博士。

ページトップへページトップへ

講演

会場:富士1(2階) 14:30-15:10
IT融合システムの信頼性・安全性の確保に向けた取組み
〜ソフトウェアの品質説明力の強化〜
■ 概要
近年の製品・サービスの高機能化、ネットワーク化により、IT融合時代の到来とも言えるスマートコミュニティ、スマートヘルスケア等の新たなサービスが展開されつつあります。これらは、個別の目的のために開発されたシステム同士が有機的に連携して全体システムとして機能していく「統合システム」であり、それらが新たな社会インフラとして拡大していくものと考えられます。
このような統合システム環境に向けて、利用者が安全・安心に利用するためには、システムの安全性、信頼性を更に向上させるだけでなく、その品質を説明できる能力(品質説明力)も求められます。
ここでは、IPAと経済産業省が検討を進めてきた「ソフトウェア品質監査制度(仮称)」のコンセプト、枠組み、更には品質説明力のカギとなる技術について紹介します。
■ 講演者プロフィール
中村 雄三中村 雄三
(IPA 技術本部 ソフトウェア・エンジニアリング・センター 統合系プロジェクトリーダー)

1978年慶應義塾大学工学研究科修士課程修了。 同年、日本電信電話公社入社。コンピュータ言語、開発支援、CSCW、情報流通、電子決済等の研究開発に従事。 2012年4月より独立行政法人情報処理推進機構ソフトウェア・エンジニアリング・センター統合系プロジェクトリーダー。

ページトップへページトップへ

講演

会場:富士1(2階) 15:10-15:50
組込みソフトウェアの高信頼化に向けた試み
〜設計作法事例集の紹介〜
■ 概要
組込みソフトウェア開発で高い品質・信頼性を確保するには、設計工程に於ける不具合の潜在化を防ぐことが肝要です。 一方設計工程で不具合の潜在化を防ぐためのノウハウ(定石)は、開発の場面での文書化が行われていないことが多いのも現実です。 SECでは、組込みソフトウェア開発現場で設計を行う上で求められる質を確保したシステム・ソフトウェアを実現するためのベストプラクティスとしてのノウハウを収集し整理文書化して設計作法事例集として纏めています。その概要を紹介します。
■ 講演者プロフィール
三原 幸博三原 幸博
(IPA 技術本部 ソフトウェア・エンジニアリング・センター 組込み系プロジェクトリーダー)
1975年株式会社東芝に入社。96年システム・ソフトウェア技術研究所グループ部長、2000年e-ネット事業部e-ネット商品企画部長、2006年アルパイン株式会社入社、ソフト開発管理推進室長。2011年4月より現職。ソフトウェア工学の研究開発・普及等に取り組む。1975年大阪大学工学部卒。

ページトップへページトップへ

講演

会場:富士1(2階) 15:50-16:30
高いレジリエンスによるITサービスの継続
〜「高回復力システム基盤導入ガイド」解説〜
■ 概要

「安心できるサービス」には、基本的な信頼感(期待通りの結果)があることと、(環境が変わっても)継続して使い続けられることが重要です。 環境の変化には、急激な場合と緩やかな場合とがあり、前者に対しては変化発生時対策の事前計画が、後者に対しては早期予測等が、それぞれ求められます。 本講演では、自然災害やシステム障害等の急激な環境変化への対策に焦点を当てます。 昨年の東日本大震災を契機に企業等の中で事業継続への意識は高まっているものの、従来のBCPに関する指針が難解であることから、未だに具体的な対策の着手に至っていない企業等が多いのが現状です。 そこでIPA/SECでは、ITサービスのレジリエンス(回復力)の底上げを目的として、「高回復力システム基盤導入ガイド」を公開した。同ガイドは、平易な内容でITサービスの継続に必要な考え方とシステム構築手順を解説しています。 また、実際に活用されている技術・サービスの事例等も紹介しています。

■ 講演者プロフィール
山下 博之山下 博之
(IPA 技術本部 ソフトウェア・エンジニアリング・センター エンタプライズ系プロジェクトリーダー)
1981年日本電信電話公社(現NTT)入社、研究所において、通信制御処理システム、通信制御ファームウェア開発支援ツール、高機能通信プロトコル、分散協調処理、著作権管理、コンテンツ流通等に関する研究開発・標準化活動に従事。2003年10月に株式会社NTTデータに転籍、2004年〜2008年、JSTに出向。2009年4月に株式会社NTTデータアイ入社、同時にIPAに出向し、現在に至る。高品質なソフトウェアを効率よく開発する手法の開発・整備とその普及展開について取りまとめている。 2003年10月〜2008年4月、科学技術振興調整費プログラムオフィサー。現在、米国PMI認定PMP、情報処理学会電子化知的財産・社会基盤研究会主査、情報規格調査会SC6専門委員会委員長、IEEE、情報処理学会、電子情報通信学会各会員。1981年京都大学大学院修士課程(情報工学)修了。

ページトップへページトップへ

招待講演

会場:富士1(2階) 16:40-17:40
ここがおかしい日本のIT産業
■ 概要
最先端の電子技術を使いクリエイティブな仕事であるはずのIT産業が、若者に夢も与えられない日本の現状はおかしい。閉塞感と疲弊のなかで達成感もないシステム作りに何の価値があるのか。アメリカでは人気業種のトップではないか。 こんなおかしな状況になっているのは、欧米を模倣しながら復興してきた日本の型に嵌まった柔軟性の無さにあるのではないかと思います。 私が育てられた建設産業は、ドメスティックで地場型の産業だけに日本古来の良さも持っています。 決して近代化されたスマートさはないが、日本の建設技術とプロジェクト管理は国際的にも評価されています。 構造的に似ている建設産業と比較したとき、日本のIT産業の異様さは際立ち、歴史の無さを言い訳にして価格体系の不明朗さも改めず、工期や品質の悪さを発注者の責任にしているようではプロのエンジニアとは言えません。 黎明期に箱モノから入って行ったために、ソフトウェア技術は未だにお粗末です。日本を元気にするためにIT産業よ、立ち上がれ!
■ 講演者プロフィール
木内 里美 氏木内 里美 氏
(株式会社オラン(ORANG) 代表取締役/大成ロテック株式会社 顧問)
1969年大成建設入社、土木設計部、土木情報技術部長を経て、 2001年社長室情報企画部長に就任。
2005年同社社長室理事情報企画部長兼大成情報システム代表取締役社長
2008年6月常勤監査役
2012年6月顧問
2012年7月株式会社オラン(ORANG)設立代表取締役

ページトップへページトップへ

IT人材育成 プログラム詳細

パネルディスカッション

会場:富士2(2階) 13:00-14:00
"共通キャリア・スキルフレームワーク"がもたらすあなたの企業へのメリットとは?
■ 概要

スキル標準の導入・運用をしやすくする"共通キャリア・スキルフレームワーク"。 このフレームワークを用いて各企業がIT人材の育成施策を策定すると、どんなメリットがあるのか? それぞれ異なる立場からの意見交換より導きだしていきます。

■ コーディネータープロフィール
五十井 薫 氏五十井 薫 氏
(一般社団法人 日本情報システム・ユーザー協会 研修事業 マネージャー)
1990年、新日鉄情報通信システム株式会社(現 新日鉄ソリューションズ株式会社)に入社。新入社員教育、社内外教育の講師および企画推進を担当。一方で、お客様向けシステム開発設計、開発サブリーダー、社内統合システム関西支社推進担当として、運用テスト、ユーザー向け導入教育、ヘルプデスクを担当。社内システム開発標準作成にも関与。 2003年社団法人日本情報システム・ユーザー協会に入社。企業研修を中心とした研修の企画提案、営業、運営を担当。経済産業省関連の特別プロジェクトの推進、運営の関与多数。UISS(*1) に関しては、策定当初から参画している。
■ パネリストプロフィール
藤本 礼久 氏藤本 礼久 氏
(株式会社ANAコミュニケーションズ 経営管理部 部長)
1988年全日本空輸株式会社に入社。運航系システムの開発運用を経験後、システム化計画・情報子会社管理・IT人材育成関連部門、営業部門を経験。1999年よりシステム開発運用の情報システム子会社に出向し、契約・経営管理業務に従事。2004年より全日本空輸のIT部門でIT戦略・アウトソーシング・オフショアリング・情報子会社政策に携わり、2011年10月より情報設備機器の展開保守の情報子会社に出向し、経営管理業務を遂行中。
また、UISS(*1) 策定時に委員会メンバーとして参画し、その後、同導入支援並びに事例ワーキンググループのリーダーを務め、「UISS有効活用ガイド」や「UISS導入活用事例集」を作成。最近では「次世代高度IT人材モデルキャリア検討」の「人材育成体系検討部会」のメンバーとして、議論に参画。現在、一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会の「IT人材キャリア形成研究会」の部会長を務める。
■ パネリストプロフィール
遠藤 修遠藤 修
(IT人材育成本部 ITスキル標準センター 調査役)
1991年国際証券入社(現三菱UFJモルガンスタンレー証券株式会社)。営業部門、ディーリング部門、調査部門などを 経て、システム企画部へ(現システム部)。営業情報システム(CRM)などの情報系のシステム開発を担当し、2001年の 合併を機にシステム企画担当へ。システム投資計画、個人情報保護法対応、内部統制を担当する傍ら、IT人材育成に 着手。2006年よりUISS(*1) の導入を推進、2010年からはシステム子会社(ITSS(*2) 運用済み)との合同運用を開始。導入成功 事例として、各種講演会、記事、事例集など多数の依頼を受ける。2012年5月より現職。
■脚注

(*1) 情報システムユーザースキル標準

(*2) ITスキル標準

ページトップへページトップへ

講演

会場:富士2(2階) 14:05-14:25
プロジェクトマネジメント(ISO21500)国際標準化
■ 概要

社会経済のボーダレス化が加速度的に進んでいる中、企業の国際プラント事業や共同事業等においてプロジェクトマネジメントの国際標準化のニーズが大きくなっています。 プロジェクトマネジメントについて、現在 国際的に最も権威があるものとしては、米国のPMBOK(Project Management Body of Knowledge)があるが、2007年1月に英国規格協会が「プロジェクトマネジメントに関わる国際標準作成」をISOに提案し可決されました。
これによりPC236(Project Committee236)が発足し現在41ヵ国が参加し活発な議論がされています。
日本においてもIPAが国内審議団体となりこの活動に積極的に関与しています。
参加するにあたり我が国の産業界において広く使用されている基準(「PMBOK」、「P2M」など)と大幅に乖離(かいり)した定義を避け国内で使われている標準がスムーズに適合できる国際標準を目指すことを基本方針としました。
当講演では、IPAの活動を中心に2012年秋に発行が予定されているISO21500の最新の状況及び今後の予定について説明します。

■講演者プロフィール
小川 健司小川 健司
(IPA IT人材育成本部 本部長補佐)
ISO21500国内審議団体代表
PMP(Project Management Professional) 1976年日本IBM入社
システムズエンジニアとしてアプリケーションSWパッケジの開発に従事
その後オペレーティングシステム開発、ミドルウェア開発に米国、英国研究所にて担当
1988年日本語オフィス製品開発次長、アジアパシフィック統括開発部長
1997年長野オリンピックITプロジェクトのプロジェクトマネージャー(部長)
1998年サービス部門アウトソーシング品質保証部長
2002年コンピテンシー開発部長、日本アイ・ビー・エムにおけるIT技術者の人材育成の責任者
2004年情報処理推進機構 ITスキル標準センター長
2006年現職就任
主にアジアのIT人材育成を主職掌としている。

ページトップへページトップへ

講演

会場:富士2(2階) 14:30-14:40
■産学連携によるIT人材の育成について
産学連携IT人材育成のためのIPAの取り組みについて
■ 概要

ITはあらゆる産業活動や国民生活に浸透し社会インフラ的存在になっており、日本の国際競争力強化のために高度IT人材を育成することが社会的要請となって います。IPAでは次代を担う高度IT人材育成に向けて「産学連携による高度IT人材育成」活動を推進している中、この講演では、これまでの成果、現在の取り組みと本セッションの概要を紹介します。

■講演者プロフィール
大島 信幸大島 信幸
(IPA IT人材育成本部 産学連携推進センター長)
1971年、株式会社日立製作所入社。ソフトウェア工場計画部長、情報事業本部システム製品企画部長、研究開発本部新事業企画センター長、情報・通信グループIT政策推進本部長を歴任。この間、汎用コンピュータ用オペレーティングシステム、オープンシステム用ミドルウェア、電子商取引システム、ブロードバンドネットワーク、ユビキタス情報システム等の製品計画、事業企画および政府・業界団体対応渉外業務に従事。2010年、株式会社日立製作所を退社し、現職、IPA人材育成本部産学連携推進センター長に。

ページトップへページトップへ

講演

会場:富士2(2階) 14:40-15:00
専門学校における産学連携実践的IT人材育成の取り組みについて
■ 概要

(1) 実践的IT人材育成の取り組み(以下:当取り組み)概要について
1.当取り組みにおける展開背景・骨子について
2.当取り組みにおける達成目標について

(2) 当取り組みにおける『実践的』地域活性化に向けた産学連携プログラムについて
1.マーケティング理論に即した実践的地域活性化施策の立案について
2.連携企業リソースを活用した地域活性化施策の実施について

(3) H23、H24年度施策成果紹介
1.郡山市都市型合コン『KOコン』と連動した郡山駅前Wi-Fi化計画について
2.郡山市商工会議所と連携した通信による街中活性化プログラムへの参画について
3.福島県理容協会に対する新規創客モデルの創造について
4.郡山市内介護施設における高齢者ITリテラシー向上を目的とした交流会の開催について

(4) 今後の展望

■講演者プロフィール
紺野 美紗 氏紺野 美紗 氏
(郡山情報ビジネス専門学校 教務部 産学連携担当)
印刷機材販売(財務管理部 管理課)から人材サービス業界の企業に入社。 オペレーション、人材登録、マッチング、ラウンダー業務を経験後、既存クライアントの月間売上を半年で6倍に伸ばしたことがきっかけで営業職に転身。

2005年 郡山情報ビジネス専門学校に入社 教務部に配属
2010年より 教務部 情報系リーダー
2012年より 産学連携担当

【業務内容】
IPA主催の情報処理技術者試験の合格に向けた対策指導に携わる。最高実績は、基本情報技術者合格率67.7%。 主な担当科目はコンピュータ概論、C言語実習。

【産学連携への想い】
『企業活動とは何か』を体験的に学ばせたいと考えている。産学両方の特性を活かし、『地域貢献活動』について真剣に考え、良いアイディアを実現するまでのプロセスをグループで協力して作業する。この活動を通してビジネス観を養い、大学生や他の専門学校生との差別化を図るとともに、実社会で活躍できる人材を育てたいと考えている。

■講演者プロフィール
井澤 英則 氏井澤 英則 氏
(株式会社NTT東日本-福島 営業部 オフィス営業部門 オフィスアライアンス担当課長)
1995年日本電信電話株式会社に入社 2010年よりNTT東日本-福島 オフィス営業企画担当課長 同年7月よりNTT東日本-福島 オフィスアライアンス担当課長(現職) アライアンス企業の開拓・新規事業の創造等に取り組む 1995年中央大学経済学部卒。

パネルディスカッション

会場:富士2(2階) 15:10-16:10
産学連携による実践的なIT人材育成に係る教育効果と課題について
■ 概要

産学連携による実践的なIT人材育成に係る教育効果と課題について、実際に講義に参加した企業講師、大学教員、学生によるパネルディスカッションを実施し、明確化していきます。
会津大学と公立はこだて未来大学の講座においては、プロジェクト型演習科目の体系が定義されており、テーマとして地域の企業等における課題を解決することを目的に実施し、プロジェクト型演習科目の体系の整備、並びに、地域の企業の課題解決という観点で議論します。
議論にあたっては、計画局面、実施局面での課題と解決策、今後の展開について企業講師・教員によるディスカッションを中心に受講学生からの意見も求めていきます。

■ コーディネータープロフィール
田口 潤 氏田口 潤 氏
(インプレスビジネスメディア IT Leaders編集長)

兵庫県生まれ。1984年 日経マグロウヒル(現日経BP社)入社、日経コンピュータ記者として、SIS(戦略情報システム)をはじめとする企業情報システムやソフトウエア開発技術、パソコン産業の動向などの取材に携わる。以来、日経情報ストラテジー副編集長、日経コンピュータ副編集長、日経ITプロフェッショナル編集長、日経コンピュータ編集長などを歴任。一貫して、IT活用やIT業界の高度化に向けた情報を発信してきた。 2008年3月、日経BP社を退社し、同年5月インプレスR&D入社。同年7月インプレスビジネスメディア設立に伴い、取締役編集局長に就任。同年9月、編集長としてコントロールド・サーキュレーション方式の雑誌「IT Leaders」を創刊。現在に至る。 ITスキル研究フォーラム代表、IT記者会理事、日本データマネジメントコンソーシアム理事などを兼務。

■ 会津大学関係 パネリストプロフィール
吉岡 廉太郎 氏吉岡 廉太郎 氏
(会津大学 コンピュータ理工学部 准教授)
2004年4月より現職。自己説明型プログラミング言語とソフトウェアコンポーネントを中心に、主にソフトウェア工学分野の研究に取り組む。学部、大学院でのソフトウェア工学教育への実践的演習の活用に取り組む。1992年国際基督教大学教養学部卒。1996年会津大学大学院コンピュータ理工学研究科修士、2002年同博士。
清野 早紀 氏
(会津大学 コンピュータ理工学部4年)

星野 隆之 氏星野 隆之 氏
(日本ユニシス株式会社 総合技術研究所 上席研究)
1985年日本ユニシス株式会社入社。人材育成部門、データ利用技術部門、電力事業部門で情報系のシステム開発プロジェクトに従事。 2006年よりR&D部門において、データエンジニアリング関連の研究開発プロジェクトに従事。 また、2006年より産学官連携による高度ICT人材育成活動にも従事し、IPA等の委員および大学での講義も実施している。 現在、総合技術研究所先端技術ラボに所属。 PMAJ公認 PMレジスタード。 会津大学非常勤講師、筑波大学大学院非常勤講師,北海道情報大学大学院非常勤講師。
■ 公立はこだて未来大学関係 パネリストプロフィール
大場 みち子 氏大場 みち子 氏
(公立はこだて未来大学 情報アーキテクチャ学科 教授)
1982年、株式会社日立製作所入社。システム開発研究所を経て同ソフトウェア事業部に勤務。知識工学応用システム、企業情報システムの構築と統合、ワークフロー、SOAなどの研究開発、IT分野における新分野のビジネス開拓に従事。2010年4月より現職。公立はこだて未来大学システム情報科学部情報アーキテクチャ学科教授。2010年新設の高度ICTコース長として産学官連携実践教育をベースとした高度ICT人材の育成に取り組む。ソフトウェア工学、企業情報システム、ラーニングシステム、地域情報システムの構築と運用に関する研究に従事。博士(工学)。
浅井 信 氏
(公立はこだて未来大学 システム情報科学部4年)

高森 満 氏高森 満 氏
(日本アイ・ビー・エム株式会社 スマーターシティー事業 社会インフラ事業開発 プロジェクト・マネジャー)
1988年日本IBM入社、業務アプリケーションパッケージ開発、プロジェクトマネジャーを経験し、2006年よりプロジェクト品質管理部門配属。プロジェクトの品質向上支援活動を行う。会社のビジネスルールで規定された第三者レビューを実施するかたわら、若手プロジェクトマネジャー向け研修プログラムの講師や各種ガイドの執筆などを行っている。2012年2月より現職、IBMの推進するスマーターシティー事業におけるプロジェクトマネジメント面からの支援活動を行っている。PMP、PM学会出版委員会メンバー。

ページトップへページトップへ

講演

会場:富士2(2階) 16:20-16:30
「中小ITベンダー人材育成優秀賞」表彰制度について
■講演者プロフィール
田中 久也田中 久也
(IPA 理事 IT人材育成本部長)

ページトップへページトップへ

講演

会場:富士2(2階) 16:30-17:25
「『中小ITベンダー人材育成優秀賞』受賞企業記念講演」
【優秀賞】
株式会社富士通ミッションクリティカルシステムズ 代表取締役社長:三浦 壽男
MS&ADシステムズ株式会社 代表取締役社長:岡崎 俊秀
【特別賞】
株式会社システックス 代表取締役社長:北村 正博
クオリサイトテクノロジーズ株式会社 代表取締役社長:小森 彦太郎
株式会社クリエイトラボ 代表取締役社長:阿南 祐治
■講演者
【優秀賞】
株式会社富士通ミッションクリティカルシステムズ 代表取締役社長:三浦 壽男 氏
MS&ADシステムズ株式会社 取締役常務執行役員:徳野 隆夫 氏
【特別賞】
株式会社システックス 代表取締役社長:北村 正博
クオリサイトテクノロジーズ株式会社 代表取締役社長:小森 彦太郎 氏
株式会社クリエイトラボ 管理・改革本部 総務部 部長:阿部 正典 氏

ページトップへページトップへ

講評

会場:富士2(2階) 17:25-18:10
「中小ITベンダー人材育成優秀賞2012」の講評
■ 概要

2012年度中小ITベンダー人材育成優秀賞への応募企業の審査を終えて、受賞企業の紹介および全体の講評についてお話します。

■講演者プロフィール
野田 稔 氏野田 稔 氏
(中小ITベンダー人材育成優秀賞 表彰委員会委員長/明治大学大学院 教授)
1981年一橋大学商学部卒業、株式会社野村総合研究所入社。85年一橋大学大学院に社員留学、87年修士号取得。野村総合研究所復帰後、92年経営戦略コンサルティング室長、2000年経営コンサルティング一部長を経て、01年3月退社。その後、多摩大学情報経営学部教授、株式会社リクルート 新規事業フェロー等を経て、07年11月組織感情のマネジメント支援コンサルティング会社、株式会社ジェイフィール設立。08年4月明治大学大学院教授に就任、現在に至る。株式会社リクルート ワークス研究所特任研究顧問も務める。
専門は組織論、経営戦略論、ミーティングマネジメント。研究フィールドは一貫して「組織で人がいかに行動するか」にあり、近年は大手企業の経営者育成にも積極的に取り組んでいる。
株式会社アミューズに所属し、NHK Eテレ「仕事学のすすめ」、BSジャパン「7PM」キャスターなど、テレビ出演も多い。

ページトップへページトップへ


情報セキュリティ プログラム詳細

講演

会場:蓬莱(2階) 13:00-13:30
■スマートフォンセキュリティ
スマートフォンの情報セキュリティ対策について
■ 概要
スマートフォンは、従来の携帯電話とPCの双方のメリットを兼ね備えた存在として、急速に市場を広げている成長著しい分野でありますが、一方でスマートフォンをターゲットとしたマルウェア が出現するなど、情報セキュリティ上の課題も指摘されています。様々な場面におけるスマートフォンの利活用への期待が高まる中、被害が拡大する前段階で対処する必要があるとの認識から、当室はスマートフォン・クラウドセキュリティ研究会を設置し、スマートフォンの情報セキュリティ対策に関する検討を行ってきました。
本講演では、当該研究会での議論により得られた成果、スマートフォンからのクラウド利用に付随する課題やその対策及びスマートフォンを安全に利用するためにクラウドを活用する方策を含めて、総務省の情報セキュリティ対策に関する取り組みについて紹介します。
■ 講演者プロフィール
山碕 良志 氏山碕 良志 氏
(総務省 情報流通行政局 情報流通振興課 情報セキュリティ対策室 室長)

1991年郵政省入省。97年福岡市企画調整部課長、2003年総務省自治政策課課長補佐、2005年同総合政策課統括補佐、2006年同秘書課課長補佐、2008年同情報通信政策課調査官、 同年総務大臣秘書官事務取扱、2009年内閣官房郵政改革推進室企画官等を経て、2012年7月より現職。
1991年東京大学法学部卒、1995年米マイアミ大法律大学院比較法修士課程修了。愛知県出身。

ページトップへページトップへ

講演

会場:蓬莱(2階) 13:30-14:00
■スマートフォンセキュリティ
スマートフォン利用者を狙った犯罪の検挙状況について
■ 概要
本年6月に警視庁が検挙した「動画再生アプリを装ったウイルス供用及び詐欺事件」の事件概要についてご紹介します。
※講演当日までに、上記の他にスマートフォンに関連する事件検挙があれば併せて紹介させて頂きます。
■ 講演者プロフィール
吉田 光広 氏吉田 光広 氏
(警察庁 生活安全局 情報技術犯罪対策課 課長補佐)
1987年静岡県警察官拝命、2011年静岡県警察サイバー犯罪対策室管理官、2012年3月より現職。
不正アクセス、フィッシング、ウイルス等の犯罪捜査に関する各都道府県警察の指導・調整を担当。
1986年東海大学体育学部卒。

ページトップへページトップへ

講演

会場:蓬莱(2階) 14:00-14:30
■スマートフォンセキュリティ
スマートフォン・タブレットの安全な業務利用について
■ 概要
スマートフォンやタブレットの普及が急速に進んでいます。そして、スマートフォンOSを狙ったウイルスが多数出現したり、個人情報をこっそり抜き出すような不正なアプリが確認されたり、脆弱性が多数発見されるなど、パソコン同様の脅威に晒されつつあります。 その一方で、企業で業務用端末として利用される場面も増えつつあり、スマートフォンやタブレットのセキュリティ対策が急務であると言えます。 ここでは、スマートフォンやタブレットの業務利用における脅威を分析するとともに、安全な業務利用に向けた施策について考察します。
■ 講演者プロフィール
加賀谷 伸一郎加賀谷 伸一郎
(IPA 技術本部 セキュリティセンター 調査役)

コンピュータウイルス・不正アクセスの届出受付、情報セキュリティ関連相談への対応および情報セキュリティ対策全般の普及啓発活動に従事。
1991年に株式会社東芝入社。2003年に社内分社で設立された東芝ソリューション株式会社に移り、情報セキュリティ関連ソリューション開発などに従事。
2004年10月よりIPA勤務。2007年7月にIPAに転籍。 2011年9月より現職。

ページトップへページトップへ

講演

会場:蓬莱(2階) 14:45 -15:15
■制御システムサイバーセキュリティ
"You Have No Integrity"
〜制御システムの完全性確保はできていますか?〜
■ 概要
ここ数十年間、制御システムのオーナーは、ほぼ例外なく可用性に焦点を当ててきました。重要インフラが24時間365日稼働する必要があることを考えると理解できることです。 しかしながら、Stuxnetのような事件やProject Basecamp等の研究によって制御システムには完全性も同様に重要であることが判明しました。 「モニタリングデータは正しいステータスを示していますか?」、「プロセスを実際に制御しているのはあなたですか、あるいは攻撃者により完全性が侵害されていませんか?」、 「あなたの制御システムのサイバーポーションがどのように機能するかについて知っていますか?」。 本講演では、完全性に対する攻撃と必要なセキュリティ対策、さらにはサイバー攻撃に対して脆弱性を克服し、真の堅牢性を実現するために完全性がいかに重要であるかについて解説します。
■ 講演者プロフィール
デール・ピーターソン 氏デール・ピーターソン 氏 (Mr.Dale Peterson)
(デジタルボンド社 CEO)
Dale Peterson氏は、制御システムについてのコンサルテーションおよび研究に従事するデジタルボンド社の創設者です。ピーターソン氏はNSAの暗号解読者として仕事を始め、過去12年にわたって制御システムのセキュリティに取り組んできました。ピーターソン氏は人気のあるdigitalbond.comウェブサイトの執筆に携わり、テクニカルSCADAセキュリティ科学シンポジウム(S4)の議長を務めています。

ページトップへページトップへ

講演

会場:蓬莱(2階) 15:15-15:45
■制御システムサイバーセキュリティ
ドイツにおける制御システムとスマートグリッドのサイバーセキュリティ最新動向
〜国家サイバーセキュリティ戦略と重要インフラ保護について〜
■ 概要
ドイツにおける国家サイバーセキュリティ戦略と重要インフラの保護に関する現在の活動の概要を示す。特にスマートグリッドや産業用制御システムとSCADA(リモート監視・制御システム)のセキュリティといった重要インフラに加えて、モバイルコミュニケーションといった重要情報インフラについて講演する。
■ 講演者プロフィール
ピーター・シュー 氏ピーター・シュー 氏 (Mr.Peter Schoo)
(ドイツフラウンホーファーAISEC 応用・統合セキュリティ研究所)
ピーター氏は、ネットワークセキュリティとIT早期警戒の研究開発部門長を務める。同氏は新しい応用領域である未来インターネット、自動車、あるいは重要インフラであるスマートグリッド、産業用制御環境等のIPベースのセキュリティとプライバシーに貢献している他、生産工程下におけるマルウェアと攻撃の分析等への貢献もある。

それまでは、同氏はDoCoMo Euro-Labs, Munich, Germanyにおけるセキュリティー技術の研究部門長を務め、特に3GPPの LTE、IP通信システム、モバイル機器、セキュアな移動性管理等のセキュリティおよびプライバシーに取り組んできた。

さらにそれ以前、ピーター氏はドイツフラウンホーファーのベルリンにおけるFOKUSに主幹研究員として勤務し、分散型サービスプラットフォーム、とりわけ、それらの認証と権限付与について研究してきた。その間、 ベルリン工科大学にて講義を行い、形式的記述テクニック(Formal Description Techniques)、そして、後に、開放型分散処理(Open Distributed Processing)のITU-T標準化に寄与した。

同氏は、ハンブルグ大学から、理論コンピューター科学者(ディプロマ制)としての学位を授与された。同氏は、ドイツに本拠地を置く Gesellschaft fur Informatik e.V. (GI) および the Association of Computing Machinery (ACM)のメンバーである。

ページトップへページトップへ

講演

会場:蓬莱(2階) 15:45-16:15
国内における制御システムのサイバーセキュリティ
■ 概要
2010年に登場したStuxnetは制御系に感染して破壊工作を行うマルウェアであり、電子制御に囲まれた現代社会の脅威でもあります。 技術研究組合制御システムセキュリティセンター(CSSC)は、制御系のセキュリティへの対策検討と、セキュリティ確保のための認証方式確立を目指した経済産業省制御システムセキュリティ検討タスクフォースを引き継ぎ2012年に設立されました。本講演ではCSSCの活動について報告します。
■ 講演者プロフィール
新 誠一 氏新 誠一 氏
(電気通信大学 情報理工学研究科 教授)
1980年東京大学助手。1988年筑波大学助教授、1992年東京大学助教授、2006年電気通信大学教授。2003年計測自動制御学会フェロー。 1987年工学博士(東京大学)。技術研究組合制御システムセキュリティセンター(CSSC)理事長。

ページトップへページトップへ

パネルディスカッション

会場:蓬莱(2階) 16:30-18:00
■サイバー攻撃
重要産業へのサイバー攻撃の脅威と対策について
■ 概要
サイバー攻撃の対象が、オープンに利用される情報システムだけでなく、各業界の専門的なシステムにまで拡大してきており、またその攻撃の目的も愉快犯から金銭や個人情報詐取や政治的な抗議行動等に多様化し、重要産業の置かれた環境はサイバー攻撃の脅威と隣合せにある状況になりつつある。本パネルディスカッションでは名古屋工業大学渡辺教授をコーディネータとして、米国、ドイツ、日本のサイバーセキュリティ専門家と、重要インフラ事業者がそれぞれの立場から、各国におけるサイバー攻撃の脅威の実情を踏まえて、その対策についていかにあるべきかをディスカッションします。
■ コーディネータプロフィール
渡辺 研司 氏渡辺 研司 氏
(名古屋工業大学 大学院社会工学専攻 教授)

名古屋工業大学 大学院工学研究科社会工学専攻 教授(リスクマネジメントセンター防災安全部門長兼務) 専門領域:ITリスクマネジメント、事業継続マネジメンント(BCM)、重要情報インフラ防護(CIIP) 1986年京都大学卒業後、富士銀行(現みずほ銀行)に入行。プライスウォーターハウス・クーパースを経て2003年より長岡技術科学大学助教授、2010年より現職。内閣官房重要インフラ専門委員会委員、内閣府事業継続計画策定促進方策に関する検討会委員、経済産業省産業技術環境局ISOセキュリティ統括委員会委員、ISO/TC223(社会セキュリティ)WG1コンビナー(国際議長)などを務める。英国BCI会員。工学博士、MBA。

■ パネリストプロフィール
新 誠一 氏新 誠一 氏
(電気通信大学 情報理工学研究科 教授)

同上

デール・ピーターソン 氏デール・ピーターソン 氏 (Mr.Dale Peterson)
(デジタルボンド社 CEO)

同上

西本 逸郎 氏西本 逸郎 氏
(株式会社ラック 取締役 最高技術責任者)

1986年株式会社ラック入社。一貫して通信系ソフトウェアやミドルウェアの開発に従事。2000年よりセキュリティ事業に身を転じ、日本最大級のセキュリティセンターJSOCの構築と立ち上げを行う。さらなるIT利活用を図る上での新たな脅威への研究や対策に邁進中。情報セキュリティ対策をテーマに官庁、大学、その他公益法人、企業、各種ITイベント、セミナーなどでの講演、新聞・雑誌などへの寄稿など多数。

【社外活動実績】
特定非営利活動法人 日本ネットワークセキュリティ協会 理事、 セキュリティ評価WGリーダ/ST作成WGリーダ(歴任)、 特定非営利活動法人 日本セキュリティ監査協会 理事 データベースセキュリティコンソーシアム 理事 セキュリティキャンプ実行委員

ピーター・シュー 氏ピーター・シュー 氏(Mr.Peter Schoo)
(ドイツフラウンホーファーAISEC 応用・統合セキュリティ研究所)

同上

渡部 宗一 氏渡部 宗一 氏
(森ビル株式会社 管理運営本部 管理運営部 BAシステムグループ 上席参事)

1985年 森ビル株式会社に入社 2000年イーヒルズ株式会社取締役(兼務)、2009年10月より現職。中国でのシステム開発・運用、オフィスビルBAシステムの構築・運用等に取り組む。1983年東京大学工学部都市工学科卒

ページトップへページトップへ


国際標準推進 プログラム詳細

講演

会場:曙(1階) 13:00-13:40
■ 技術参照モデル(TRM)
「技術参照モデル(TRM)」役務部分の実証的評価
■ 概要
経済産業省およびIPAでは、政府における情報システム調達に必要な技術情報をまとめた「情報システム調達のための技術参照モデル (TRM:Technical Reference Model)」を作成、公開し、政府の指針に沿った公平な情報システムの調達を支援しています。
その内容は典型的なシステム構成モデルや、特定企業に依存しない機能要件・非機能要件の記述例など、中立的な仕様の作成に役に立つことをねらいとしています。
この度、「情報システム調達のための技術参照モデル(TRM)平成22年度版」で拡張された、役務調達にフォーカスし、調達実務の現場の視点に基づきシミュレーションを実施し評価した結果を、事業を実施したアビームコンサルティング株式会社より報告します。
■ 講演者プロフィール
角間 希英 氏
(アビームコンサルティング株式会社)
1996年大規模Sierに入社。公共系大規模システム開発、公共機関向けコンサルティング等に従事。2007年7月より現職。公共機関や民間企業に対し、IT戦略立案支援、システム要件定義支援やPMO等に従事。

【アビームコンサルティングについて】
アビームコンサルティングは日本発/アジア発のグローバルコンサルティングファームとして、国や企業の特性を活かした独自のアプローチで、付加価値の高いコンサルティングサービスを提供。 世界11カ国に4,000名のプロフェッショナルを有し、多様で豊富な経験と実績に基づく独自の方法論やテンプレートを活用し、あらゆる業界・業種のお客様に経営戦略からシステム運用まで包括的なサービスをグローバルでお客様の企業変革実現に貢献している。
■ 講演者プロフィール
野村 邦彦
(IPA 技術本部 国際標準推進センター)

ページトップへページトップへ

パネルディスカッション

会場:曙(1階) 13:50-15:00
■ 技術参照モデル(TRM)
政府情報システムと「技術参照モデル(TRM)」の今後について
■ 概要

経済産業省、及びIPAは平成19年に決定された政府における情報システム調達指針に沿った調達を支援することをねらい、技術革新の取り込み、国際標準化の動向、利用者のご意見も含めTRMの内容拡充を毎年行ってきました。
また、実証評価も2回にわたり実施してきました。
そこで、TRMの方向性について作成に携わり、普及支援にも関わってきている方々から忌憚のない意見の紹介、議論を進めて、今後の活動方針の参考にすることを考えています。

■ コーディネータプロフィール
満塩 尚史 氏
(経済産業省 CIO補佐官)
■ パネリストプロフィール
大山 水帆 氏
(川口市)
中川 健治 氏
(内閣府 CIO補佐官)
西村 毅 氏
(外務省 CIO補佐官)
平林 元明 氏
(静岡大学 客員教授)

ページトップへページトップへ

講演

会場:曙(1階) 15:10-15:55
■ オープンデータとオープンガバメント
オープンデータへの期待
■ 概要
高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部(IT戦略本部)が本年7月4日に、公共データの活用促進に集中的に取り組むための戦略として、「電子行政オープンデータ戦略」を決定しました。 我が国も、いわゆる「オープンガバメント」の構築に向け、動き出すことになります。
政府や自治体などは、様々な計測データや統計データといった数値的データから、許認可情報や事故情報等の登録情報、制度説明資料といった文書による情報まで、膨大で多岐に渡るデータを保有しています。
これらの公共データを再利用しやすい形で公開することにより、行政の透明性向上、国民参加の促進はもちろんのこと、これらデータを利用する新しいビジネスが生まれる等大きな経済効果も期待できます。
オープンデータ戦略への期待と、それを実現する上での課題などにつき、諸外国の事例を交えつつ、紹介します。
■ 講演者プロフィール
野原 佐和子 氏野原 佐和子 氏
(高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部(IT戦略本部)有識者本部員/株式会社イプシ・マーケティング研究所 代表取締役社長)
ITビジネスに関する調査・提案業務および事業戦略コンサルテーションを提供する、株式会社イプシ・マーケティング研究所 代表取締役社長。
また、慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任教授、株式会社損保ジャパン 社外監査役、株式会社NTTドコモモバイル社会研究所理事、財団法人KDDI財団理事、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)理事を務める他、高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部(IT戦略本部)有識者本部員、IT戦略本部「情報セキュリティ政策会議」、総務省情報通信審議会「新事業創出戦略委員会」「研究開発戦略委員会」、経済産業省「産業構造審議会総会」「産業構造審議会情報経済分科会」、国土交通省交通政策審議会「港湾分科会」、公正取引委員会「独占禁止懇話会」、文化庁「文化審議会著作権分科会」をはじめ、各府省庁の審議会・研究会委員などを多数歴任し、政策提言に参画している。

ページトップへページトップへ

パネルディスカッション

会場:曙(1階) 16:05-18:00
■ オープンデータとオープンガバメント
オープンガバメント実現へ向けて
〜その現状と課題〜
■ 概要

公共データのオープン化へ向けて先進的な取り組みを進めておられるキーマンの方々を集め、そのご経験を踏まえながら、オープンガバメントへ向けて、我々は何をするべきか、議論を行います。

■ コーディネータプロフィール
田代 秀一田代 秀一
(IPA 技術本部 国際標準推進センター長)
1987年通商産業省工業技術院電子技術総合研究所入所。2006年、IPAに設置されたオープンソースソフトウェアセンター、センター長に就任。2011年より現職。工学博士。
■ パネリストプロフィール
川島 宏一 氏川島 宏一 氏
(佐賀県特別顧問)
IT戦略本部電子政府タスクフォース、政府情報システム刷新有識者会議(内閣官房)、災害に強い電子自治体研究会(総務省)、IT融合フォーラム有識者会議(経産省)などで公共イノベーションに取組む。2011年まで佐賀県CIOとして取組んだ協働化テスト等が国連公共サービス賞を日本初受賞(2010)。日経BP・ITガバナンスランキング都道府県部門第1位(2008)。世界銀行、国交省等で都市開発に携わる。社会工学博士。
坂下 哲也 氏坂下 哲也 氏
(一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC) 電子情報利活用推進部 次長)
平成15年財団法人データベース振興センターGIS推進部にてgコンテンツ流通基盤の整備を担当。平成18年財団法人日本情報処理開発協会データベース振興センターGIS推進部長を経て、平成23年4月より現職。地理空間情報の利活用基盤の整備や、個人情報の保護と独立行政法人評価委員臨時委員、ISO/IEC JTC1 SC27/WG5エキスパート。
武田 英明 氏武田 英明 氏
(国立情報学研究所 情報学プリンシプル研究系 教授)
1986年3月 東京大学工学部卒業。1991年3月 同大学院工学系研究科博士課程修了。工学博士。ノルウエー工科大学、奈良先端科学技術大学院大学を経て、2000年4月 国立情報学研究所助教授。2003年5月 同教授。同学術コンテンツサービス研究開発センター長(2006年4月〜2012年3月)。 東京大学客員教授・特任教授(2005年12月〜2010年3月)。大阪大学客員教授(2006年4月〜2010年3月)。特定非営利活動法人リンクト・オープン・データ・イニシアティブ理事長(2012年9月〜)、Open Researcher & Contributor ID (ORCID)理事(2010年8月〜)。専門は人工知能、Web情報学、セマンティックWeb, 設計学。
野原 佐和子 氏野原 佐和子 氏
(高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部(IT戦略本部)有識者本部員/株式会社イプシ・マーケティング研究所 代表取締役社長)

同上

原田 英男 氏原田 英男 氏
(農林水産省 生産局 畜産部長)
東京生まれ、北海道大学農学部卒。1980年農林水産省入省。大臣官房参事官、動物衛生課長を経て現職。

3年前からツイッターを始め、宮崎県で発生した口蹄疫の際に、政府情報の解説、デマつぶし等をしているうちに深みにはまり、「公式アカウント」ならぬ「軟式アカウント」として実名でつぶやき続けている。

ツイッターアカウントは@hideoharada
平本 健二 氏平本 健二 氏
(経済産業省 CIO補佐官)
大規模システム開発を経験後、コンサルティング会社を経て現職。電子行政全般の戦略立案から技術検討まで取り組む。行政にマーケティング視点を導入した「オープン・ガバメント・ラボ」、府省・地方公共団体横断の社会的基盤としての「文字情報基盤」「復旧・復興支援制度データベース」等のプロジェクトを推進するとともに、アーキテクチャ検討に従事。大学やCIO研修等で人材育成にも取り組む。政府CIO補佐官を兼務。
牧田 泰一 氏牧田 泰一 氏
(鯖江市 政策経営部 情報統計課)
1980年から鯖江市職員、2011年4月から情報統計課長、2012年4月から鯖江市政策経営部情報統括監、2012年1月から鯖江市市民主役条例に基づき市民との情報共有を図るため、XMLによるオープンデータの取組みを進める。鯖江市として、3月には市内のトイレ情報で、LOD Challenge Japan 2011 公共LOD賞を福野泰介さんと受賞、6月には、この取組みが政府の高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部の資料で紹介される。
村上 文洋 氏村上 文洋 氏
(株式会社三菱総合研究所 社会公共マネジメント研究本部 主席研究員)
1960年愛知県生まれ。
名古屋大学工学部建築学科卒業。一級建築士。
地域設計研究所、エイ・エス・ティを経て、1988年三菱総合研究所入社
。 専門は電子政府・電子自治体、地域情報化、ユニバーサルデザイン。
電子行政タスクフォース臨時構成員、政府情報システム刷新有識者会議臨時構成員。
オープンデータ流通推進コンソーシアム 利活用・普及委員会副主査。

ページトップへページトップへ