式典

第5回IPA情報セキュリティ標語・ポスター授賞式

「情報セキュリティ標語・ポスターコンクール」は、韓国において情報セキュリティに関する活動をしているKISA(韓国情報保護振興院、院長:黄仲淵)と共同で、小学生から高校生を対象に毎年実施しているものです。日本では、2006年から開始し、本年で5回目(2007年は2回実施)となります。

このコンクールは、情報セキュリティをテーマとした標語やポスターの創作活動により、児童や生徒自身が、コンピュータウイルスへの感染やコンピュータへの不正な侵入、詐欺、情報漏えい等の脅威から身を守る方法を考えること、そして、明るいネットワーク社会の実現に向けた情報セキュリティ意識の向上のきっかけとなることを目的に実施しています。


入選作品の詳細は、下記URLをクリックしてご覧ください。
 http://www.ipa.go.jp/security/posters/200910_poster.html


開催日時 2009年10月29日(木) 13:00〜14:20
会場 富士2(2階)

入選者 <標語部門>
大賞
リボン 外塚 貴子 さん (茨城県 守谷市立松ヶ丘小学校2年)
金賞
小学生の部 大山 藍 さん (茨城県 小美玉市立玉里北小学校4年)
中学生の部 青山 博紀 さん (神奈川県 川崎市立宮崎中学校2年)
高校生の部 山下 大貴 さん (香川県 香川県立三豊工業高等学校3年)
銀賞
小学生の部 坂井 泰法 さん (新潟県 新潟市立万代長嶺小学校6年)
中学生の部 細谷 慶太郎 さん (和歌山県 和歌山大学教育学部附属中学校1年)
高校生の部 澤山 和貴 さん (愛媛県 愛媛県立大洲高等学校1年)
銅賞
小学生の部 近藤 結 さん (東京都 渋谷区立長谷戸小学校3年)
中学生の部 藤井 隆輝 さん (神奈川県 伊勢原市立成瀬中学校3年)
高校生の部 野澤 成美 さん (千葉県 千葉県立柏の葉高等学校1年)
韓国インターネット振興院(KISA)賞
小学生の部 岡村 紗絵 さん (大阪府 大阪市立金塚小学校6年)
中学生の部 川口 茜里 さん (神奈川県 伊勢原市立成瀬中学校3年)
高校生の部 宮岡 希実佳 さん (兵庫県 賢明女子学院高等学校1年)
マイクロソフト賞
小学生の部 坂本 嶺花 さん (群馬県 伊勢崎市立境剛志小学校1年)
中学生の部 小久保 奉洸 さん (茨城県 つくば市立茎崎中学校3年)
高校生の部 北田 哲也 さん (熊本県 熊本県立第二高等学校2年)
シマンテック賞
小学生の部 平塚 結華 さん (北海道 月形町立月形小学校4年)
中学生の部 上元 結貴 さん (熊本県 西原村立西原中学校2年)
高校生の部 山下 修平 さん (埼玉県 立教新座高等学校2年)
ラック賞
小学生の部 外塚 佑子 さん (茨城県 守谷市立松ヶ丘小学校6年)
中学生の部 川中嶋 詩織 さん (茨城県 茨城町立桜丘中学校2年)
高校生の部 横田 真秀子 さん (兵庫県 賢明女子学院高等学校2年)
トレンドマイクロ賞
小学生の部 坂井 敏法 さん (新潟県 新潟市立万代長嶺小学校3年)
中学生の部 半田 麻綾 さん (愛知県 扶桑町立扶桑中学校2年)
高校生の部 川森 一弥 さん (埼玉県 立教新座高等学校2年)
入選者 <ポスター部門>
大賞
リボン 小島 美紀子 さん (三重県 志摩市立文岡中学校2年)
金賞
小学生の部 滝下 すぐり さん (鹿児島県 鹿児島市立西伊敷小学校1年)
中学生の部 大村 健人 さん (京都府 京都市立下京中学校2年)
高校生の部 内波 絹枝 さん (兵庫県 兵庫県立姫路工業高等学校2年)
銀賞
小学生の部 後藤 慧菜 さん (岐阜県 関市立金竜小学校4年)
中学生の部 瀬戸 智暁 さん (静岡県 御殿場市立高根中学校2年)
高校生の部 馬渕 はづき さん (岐阜県 岐阜県立岐阜総合学園高等学校1年)
銅賞
小学生の部 山本 桃子 さん (富山県 富山市立堀川南小学校6年)
中学生の部 相川 奈奈子 さん (神奈川県 鎌倉市立大船中学校3年)
高校生の部 奥 紗央里 さん (鹿児島県 鹿児島県立川内商工高等学校3年)
韓国インターネット振興院(KISA)賞
小学生の部 林 宏樹 さん (徳島県 北島町立北島南小学校6年)
中学生の部 杖谷 美彩 さん (鹿児島県 指宿市立南指宿中学校3年)
高校生の部 飯田 浩美 さん (富山県 富山県立富山北部高等学校2年)
マイクロソフト賞
中学生の部 丸橋 さつき さん (群馬県 伊勢崎市立第一中学校2年)
高校生の部 ア原 ふみか さん (鹿児島県 鹿児島県立川内商工高等学校2年)
高校生の部 本坊 綾乃 さん (鹿児島県 鹿児島県立隼人工業高等学校2年)
シマンテック賞
小学生の部 坂上 竜熙 さん (神奈川県 横須賀市立城北小学校6年)
中学生の部 林 美慧 さん (徳島県 北島町北島中学校3年)
高校生の部 松田 清子 さん (宮城県 宮城県宮城野高等学校3年)
ラック賞
小学生の部 大内 美乃 さん (兵庫県 尼崎市立七松小学校6年)
中学生の部 星 夢乃 さん (岩手県 北上市立北上中学校3年)
高校生の部 吉 栞菜 さん (鹿児島県 鹿児島県立隼人工業高等学校2年)
トレンドマイクロ賞
小学生の部 井出 海希奈 さん (長野県 小諸市立坂の上小学校6年)
中学生の部 加藤 百華 さん (愛知県 刈谷市立刈谷東中学校1年)
高校生の部 赤川 桜 さん (栃木県 作新学院高等学校2年)

↑ページトップへ

2008年度下期未踏IT人材発掘・育成事業スーパークリエータ認定証授与式

IPAでは、ソフトウェア関連分野においてイノベーションを創出することのできる独創的なアイディアと技術を有するとともに、これらを活用していく能力を有する優れた若い逸材(個人=スーパークリエータ)を発掘・育成することを目的に「未踏ソフトウェア創造事業2000年度〜2007年度)」および「未踏IT人材発掘・育成事業(2008年度以降〜現在)」実施しています。

「スーパークリエータ」は、毎年度の事業終了時点で担当プロジェクトマネジャー(PM*1)が特に優秀であると評価した採択者を候補者として選出し、審議委員会の審議を経て、IPAが認定を行います。

また、2002年度からは、この事業の裾野をひろげるべく、若手開発者にチャンスを与えることを目的に「未踏ユース」部門の募集枠を開始し、「未踏本体」部門と合わせた幅広い層から発掘・育成を行っています。

「IPA Forum 2009」では、昨年の2008年度下期未踏IT人材発掘・育成事業における「スーパークリエータ」認定者を対象に『スーパークリエータ認定証授与式』を開催いたします。

*1 PMとは、ソフトウェア関連分野において優れた能力と実績を持った産学界の各分野の専門家でIPAに任用された方々であり、提案内容の審査、選定、採択プロジェクトの指導・助言、進捗管理を行いつつ、各プロジェクト終了時にはその成果の評価までをおこないます。


各開発者のテーマ内容及びPMによる評価は、下記ファイル をご覧ください。

スーパークリエータの認定者と各プロジェクトマネージャー(PM)の評価について(PDFPDFファイル283KB)


開催日時 2009年10月29日(木) 14:30〜15:15
会場 相生(1階)

2008年度 下期 「未踏IT人材発掘・育成事業」スーパークリエータ認定者

<未踏本体> 9名
氏名 テーマ名 PM氏名
米澤 朋子 氏 頭部/視線方向を用いた音声メモの配置/ブラウジングによるウェアラブル思考空間支援 竹田 正幸 PM
山添 大丈 氏
寺澤 洋子 氏
矢口 裕明 氏 自然特徴点からマーカを自動生成する拡張現実システムの開発 田中 二郎 PM
久保田 秀和 氏 動的コンテンツの開発を可能とするWebアプリケーション 田中 二郎 PM
中野 賢 氏 進化型エージェントに基づくネットワークシミュレータの開発 ディビッド・ファーバー PM
山添 隆文 氏 画像認識に特化した物理シミュレーションエンジンとUIの開発 勝屋 久 PM
中野 恭兵 氏 コード進行をベースとしたセミオートマチックな作曲ライブラリの開発 勝屋 久 PM
大山 裕泰 氏 グリーンOS onix OS の開発 加藤 和彦 PM

<未踏ユース> 4名
氏名 テーマ名 PM氏名
山岸 純也 氏 GPGPUを用いた薬物親和性評価プログラムの開発 竹内 郁雄 PM
郷原 浩之 氏 オープンかつポータブルなデータベースガーベジコレクション 竹内 郁雄 PM
村田 雄一 氏 インタラクティブ性を向上させるOHP風プレゼンツールShadowgraphの開発 筧 捷彦 PM
杉浦 裕太 氏 インタラクティブUIを用いた家庭用ロボット操作方法の開発 安村 通晃 PM

授与式後、「未踏スーパークリエータ認定者プレゼンテーション」を行います。

プレゼンテーション開催日時・場所↓
開催日時 2009年10月29日(木) 15:20〜15:50
会場 同上

※プレゼンテーションの詳細はこちら→

↑ページトップへ

2009年度日本OSS貢献者賞、日本OSS奨励賞授賞式

「日本OSS貢献者賞」は、日本におけるOSS開発の振興を図ることを目的に、影響力のある開発プロジェクトを創造・運営した開発者や、グローバルプロジェクトにおいて活躍する卓越した開発者、OSS普及への貢献者を表彰するものです。本賞は2005年度に創設し、今年度が第5回目となります。

今年度は昨年度までの「日本OSS貢献者賞」に加え、過去一年間にOSSの開発や普及に顕著な活躍をした個人ないしグループを表彰する「日本OSS奨励賞」を新設しました。


受賞内容の詳細は、下記URLをクリックしてご覧ください。
 http://www.ipa.go.jp/about/press/20091023.html


開催日時 2009年10月29日(木) 15:30〜16:00
会場 曙(1階)

「2009年度日本OSS貢献者賞」受賞者(4名、50音順)
小崎 資広(こさき もとひろ)氏
瀧田 佐登子(たきた さとこ)氏
フェルナンド ルイス・バスケス カオ氏
本田 茂弘(ほんだ しげひろ)氏

「2009年度日本OSS奨励賞」受賞者(6名、2団体 50音順)
(個人) 新井 紀子(あらい のりこ)氏
安藤 祐介(あんどう ゆうすけ)氏
新藤 愛大(しんどう よしひろ)氏
木 正弘(たかぎ まさひろ)氏
寺島 広大(てらしま こうだい)氏
林 拓人(はやし たくと)氏
(団体) 山形県立寒河江(さがえ)工業高等学校・情報技術科
LOCAL (ローカル)

授賞式後、「2009年度日本OSS貢献者賞受賞者プレゼンテーション」を行います。

プレゼンテーション開催日時・場所↓
開催日時 2009年10月29日(木) 16:10〜17:30
会場 同上

※このプレゼンテーションは、事前登録の必要がありません。

↑ページトップへ

ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー2009授賞式

「ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー(R)」は、ソフトウェア・プロダクトの開発者等を称えることにより、より一層の開発意欲を高め、多くの良質なソフトウェア・プロダクトの供給を促進し、市場の拡大及び充実を図ることを目的に1989年(平成元年)に創設され、今年で21回目を迎えます。

2008年から2009年までの過去1年程度の期間内で、国内において広く利用され、流通されているソフトウェア・プロダクトを対象とした「ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー(R) 2009」の授賞式を実施いたします。


受賞内容の詳細は、下記URLをクリックしてご覧ください。
 http://www.ipa.go.jp/about/press/20091026-1.html


開催日時 2009年10月29日(木) 16:10〜16:50
会場 相生(1階)

受賞ソフトウェア・プロダクト
ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー 2009
デジタル画像色解析システム「Feelimage Analyzer」
ビバコンピュータ株式会社(代表取締役社長 西 淳一郎)
仮想メカトロニクス・シミュレータ「Vmech Simulator」
株式会社インターデザイン・テクノロジー(代表取締役社長 近藤 浩一)
SaaS・ASP型 勤怠管理システム「バイバイ タイムカード」
株式会社ネオレックス(取締役社長 駒井 拓央)
「Link Knowledge」(リンクナレッジ)
三三株式会社(代表取締役社長 寺田 親弘)

授賞式後、「ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー2009 受賞プロダクトプレゼンテーション」を行います。

プレゼンテーション開催日時・場所↓
開催日時 2009年10月29日(木) 16:55〜17:30
会場 同上

※プレゼンテーションの詳細はこちら→

↑ページトップへ

「SEC journal 論文賞」発表・授賞式

「SEC journal 優秀論文発表」で発表された論文の中から、最優秀論文を決定し授賞式を行います。

開催日時 2009年10月29日(木) 17:10〜17:40
会場 富士1(2階)
 

↑ページトップへ