第3回 インキュベーションラボ(社会や産業構造のアーキテクチャ設計の検討事業)テーマ募集開始のお知らせ【募集終了】

2022年5月31日

「第3回 社会や産業構造のアーキテクチャ設計の検討事業」インキュベーションラボテーマの募集を終了しました

2022年4月22日

2022年1月28日に公表いたしました「第3回 社会や産業構造のアーキテクチャ設計の検討事業」インキュベーションラボテーマの募集を開始しました


インキュベーションラボの概要

 インキュベーションラボとは、デジタルアーキテクチャ・デザインセンター(以下、「DADC」という。)が取り組むべき、ソフト・ハードに限らず、制度・ルールも含む社会や産業構造のアーキテクチャのアイデア(テーマ)を、その実現に関心のある民間企業等から募集する枠組みです。
 今回、インキュベーションラボとしての第3回の募集を本日2022年4月22日(金)より開始いたします。インキュベーションラボでは、Society 5.0の実現を目的としたアーキテクチャ設計の本格活動を目指して、それを提案した民間企業等の組織を中心に、DADCの支援で産官学の関連機関や専門家等の協力を得ながら、半年間を基本に活動します。
ラボ活動の詳細は、「インキュベーションラボの取り組み」 をご参照ください。

募集の対象

本制度における募集対象は、企業、研究機関、学校、市民等によって構成される組織・団体等(以下「組織」)とします。活動主体の所在は問いません。

提案方法

提案書類の入手・確認

以下の書類をダウンロードし、内容を確認してください。

  1. 令和4年度インキュベーションラボ募集要領 pdf (PDF形式:1.4MB)
  2. インキュベーションラボ提案書類【ダウンロード】docx (Word形式:0.9MB)

提案書類の提出

「令和4年度インキュベーションラボ募集要領」に従って「インキュベーションラボ提案書 様式①②」を作成し、PDF形式にてご提出ください。

  • 提出先:dadc-labアットマークipa.go.jp
  • 提出期限:2022年5月31日(火)17時【終了】

審査

 提案されたテーマの採択は、 DADCにおいて開催される有識者会議による審議を経て決定します。
 審査に当たっては、追加資料の提出や追加の説明、審査員への短時間のプレゼンテーションをお願いする場合がありますので、予めご了承ください。
 詳細は、「令和4年度インキュベーションラボ募集要領」をご参照ください。

公表

 審査の結果、採択されることとなったインキュベーションラボの取組を推進するテーマ概要は、DADC公式サイト に掲載します。
 また、インキュベーションラボでの取組成果は、取組実施期間を終えたタイミングで、DADC公式サイト にて公開されます。
詳細は、「令和4年度インキュベーションラボ募集要領」をご参照ください。

実施スケジュール

  • 募集期間:2022年4月22日(金) ~ 5月31日(火) 17時【終了】
  • 審査期間:2022年6月~ 8月
  • 結果公表:2022年9月上旬
  • 取組実施期間:開始日 「令和4年度インキュベーションラボ募集要領」(6.に記載の秘密保持契約を締結し、取組を開始した日)から半年間

お問合せ先

本件に関するご意見・お問い合わせは以下の連絡先へお寄せください。

IPAデジタルアーキテクチャ・デザインセンター インキュベーションラボ運営事務局
E-mail:メールアドレス