関連組織

関連組織

デジタルアーキテクチャ・デザインセンター(DADC)は、様々な組織と連携してSociety5.0の実現に向けたアーキテクチャの設計を進めています。

プレス発表

2020年10月22日 Society5.0の実現に向けたアーキテクチャの設計を組織間連携で強化組織関連携
国立研究開発法人産業技術総合研究所 デジタルアーキテクチャ推進センター(DAPC、発表当時)及び、一般社団法人システムイノベーションセンター(SIC)との連携を発表
※デジタルアーキテクチャ推進センター(DAPC)は2021年4月、デジタルアーキテクチャ研究センター(DigiARC)に改組

関連組織

国立研究開発法人産業技術総合研究所 デジタルアーキテクチャ研究センター(DigiARC) DigiARC

DADCセンター長(齊藤裕)、DigiARCセンター長(岸本光弘)を中心とし、現在の取組みや共同で取り組むべき課題を共有するための定期的な会合を設けるとともに、DADC内で検討しているアーキテクチャ設計に産総研の研究員が参加し、最新のデジタル技術と国際標準化に係る専門的な知見を提供すること等で緊密な連携を図ります。また、DADCにおけるアーキテクチャ設計の結果として必要性が見いだされた技術開発や標準規格の策定等をDigiARCが主導して行います。これによりアーキテクチャの社会実装に必要となる研究開発と標準化を併せて進めることが可能となり、完成度が高く実装がより容易なアーキテクチャの設計を目指します。


一般社団法人システムイノベーションセンター(SIC) SIC

SICが持つ学術界・産業界のネットワークによりSICが蓄積している様々な知見をDADCにおけるアーキテクチャ設計の議論に活用することで質の高い対話と協創を実現していきます。また、これまでの日本におけるシステムイノベーションの事例研究等を通じて、関連大学や企業等と連携した幅広い人材育成を実施していきます。これらにより、アーキテクチャ設計に係る議論の多様性確保や幅広いネットワークを活用した人材育成を目指します。



本ページに関するお問い合わせ

IPAデジタルアーキテクチャ・デザインセンター
E-mail:メールアドレス