HOMEIPAについて事業情報震災に関するIPAの取り組み震災に関する情報セキュリティ分野の取り組み

本文を印刷する

IPAについて

震災に関する情報セキュリティ分野の取り組み

「東日本大震災に乗じた標的型攻撃メールによるサイバー攻撃の分析・調査報告書」の公開

 脆弱(ぜいじゃく)性を利用した新たなる脅威の実態把握と対策促進のための調査レポートとして「東日本大震災に乗じた標的型攻撃メールによるサイバー攻撃の分析・調査報告書」を公開しました。

震災に便乗した攻撃等に関する注意喚起・情報発信

 震災に便乗して、災害の支援をしようとする人を騙そうとしたり、金銭的な被害を負わせようとしたりするインターネット上での悪さについて、その手口を解説したブログ記事を公開しました。  また、「東日本大震災」に関する災害情報を装った日本語のウイルスメールが多数確認されたことから、その手口の概要、ウイルスメールの詳細、対策を解説しました。

震災時の緊急支援に役立てられたクラウドサービスの事例、復旧・復興に向けたクラウドサービス安全利用に関する資料の公開

(更新日:2011年12月19日)
クラウドサービスが東日本大震災に際しての緊急支援に役立てられた事例を収集・整理したリストと、クラウドサービスを安全かつ有効に活用するための資料「クラウドサービス安全利用のすすめ」を作成・公開するとともに、震災からの復旧・復興にクラウドサービスが活用できる可能性について発表しました。

「sinsai.info 東日本大震災 | みんなでつくる復興支援プラットフォーム」のセキュリティチェック

 被災者支援情報の整理・提供サイトであるsinsai.infoについてセキュリティチェックを実施し、脆弱性対策への支援を行いました。

米NISTの「ITシステムにおける緊急時対応計画ガイド」翻訳の公開

 米NISTが2002年6月に公開したSP800-34「ITシステムのための緊急時対応計画ガイド(Contingency Planning Guide for Information Technology (IT) Systems)」を翻訳して、公開しています。これは、政府機関におけるIT緊急時対応計画の手順、推奨事項、考慮事項について説明したものです。