HOMEIPAについて機構情報採用情報中途採用の実施について

本文を印刷する

IPAについて

中途採用の実施について

最終更新日:2021年6月11日

募集要項

配属予定部署

セキュリティセンター セキュリティ対策推進部 標的型攻撃対策グループ(サイバー攻撃対応 / リーダ)

業務内容

 当機構は、社会、経済活動に深刻な影響を与える様々な脅威から情報システムを守り、安心・安全で快適な情報化社会を維持するため、セキュリティセンターにおいて、情報セキュリティに関する施策の実現に向け、様々な事業に取り組んでいます。その中で、企業・組織等に対する標的型攻撃をはじめとするサイバー攻撃全般に対抗するための活動(J-CSIP、J-CRAT事業)を実施しており、その業務を主体的に取りまとめて推進または取りまとめを補佐するとともに、一部案件のハンドリングを行う技術職員を募集します。
  • 以下の業務のリーダーもしくはサブリーダーとしての取りまとめ業務
    1. サイバー攻撃に関する相談対応、ヒアリング、インシデント対応の支援
    2. 各種ネットワーク・端末ログや攻撃メール、ウイルス検体の分析・解析
    3. 公開情報等を基にしたサイバー攻撃情報の収集、分析
    4. 関係組織との情報共有、レポートの作成、注意喚起、講演等
    5. コンピュータウイルス・不正アクセス届出受付業務
  • これらの業務の実施に当たって、当機構内のみならず、政府機関を含む外部の関係機関や法人組織等との間で必要な調整の実施
  • 自らプレーイングマネージャとして業務を実施
  • 上記主業務の遂行のための付帯的業務全般(システム管理・調達等)

応募条件等

  • 課長または主任クラスの役職で、5~10人程度の規模のチームリーダでの業務経験を有すること。当機構内のみならず、外部関係機関や被害企業/組織等に対して適切なコミュニケーションや必要な調整を行えるだけのコミュニケーション能力を有すること。
  • 一般的な企業/組織が導入しているITシステムおよびネットワークの構成や仕組みについて理解していること。これら環境に対して行われるサイバー攻撃、それにより発生するセキュリティインシデント、施すべき対策について説明・検討できる、または説明・検討できる人材となる下地となる業務経験を有すること。(具体的には、ITシステム(セキュリティ含む)の設計・構築・運用業務、セキュリティ製品の開発、ネットワークセキュリティ構築業務、セキュリティインシデント対応業務等の経験を有すること)
  • 情報処理安全確保支援士試験、CISSP(Certified Information Systems Security Professional)やCEH(Certified Ethical Hacker)等、業務に有効な資格または同等の能力を有すること。
  • 心身ともに健全で機密管理面で問題がないこと。
  • その他条件(以下の条件は必須ではありませんが、望ましい条件です)
    1. 英語力(少なくとも海外セキュリティ情報の読解能力を有すること)
    2. マネージメント能力・経験
    3. 我が国政府機関と連携・調整を行った経験
    4. 我が国のセキュリティ政策の将来を担うという気概を持つこと
    5. ITシステムがどのように動作しているか、アセンブラ、OS、IPネットワーク等の低レイヤから、アプリケーションレイヤまでの理解があること
    6. 業務を効率化したり、大量のデータを一括処理するための、簡単なスクリプト言語等を用いてバッチ処理やツールを作成できる程度のプログラミング能力

採用に関するお問い合わせ先

独立行政法人 情報処理推進機構 総務部 中途採用担当(中原・水落)

Tel:03-5978-7501 E-mail:

※お問い合わせの際は、中途採用に関する質問である旨お申し添えください。