HOMEIPAについて機構情報採用情報中途採用の実施について

本文を印刷する

IPAについて

中途採用の実施について

最終更新日:2021年6月11日

募集要項

配属予定部署

セキュリティセンター 企画部 セキュリティリテラシー支援グループ(システム管理・運用)

業務内容

 当機構は、社会、経済活動に深刻な影響を与える様々な脅威から情報システムを守り、安心・安全で快適な情報化社会を維持するため、セキュリティセンターにおいて、情報セキュリティに関する施策の実現に向け、様々な事業に取り組んでいます。その中で、国民に向けて「情報セキュリティ安心相談窓口」を運営し、一般的な情報セキュリティ(主にウイルスや不正アクセス)に関する技術的な相談に対してアドバイスを提供したり注意喚起情報などを発信したりしており、その業務で利用しているシステムの管理および運用、システム企画および開発、DXを利活用した業務改善を率いるリーダーとして従事する技術職員を募集します。
  • 「情報セキュリティ安心相談窓口」に係る以下の業務
    1. グループ内情報システム管理運用・システム企画・開発マネージメント等(電話自動応答、DB等のシステム)
    2. DX利活用による、テレワーク下における相談対応品質の向上への支援(業務フロー分析、支援策企画、支援ツール導入、マニュアル整備等)
    3. 情報セキュリティ関連情報収集および技術調査、技術分析、相談対応業務への技術支援
    4. 情報セキュリティ対策の普及啓発業務(Twitter による情報発信、普及啓発コンテンツの作成支援等)
    5. 上記業務に付帯する関係者間調整、手続き、支援等

応募条件等

  • スキル
    1. 情報セキュリティに関する基礎知識を有すること
    2. 情報セキュリティ対策の普及啓発業務に強い意欲があること
    3. 「情報セキュリティ対策の普及啓発」業務の特性を理解し、相談者の心情に寄り添った業務設計ができること
    4. 職員と協調して業務を遂行できるコミュニケーション能力があること
    5. 業務指示者に対し、的確に報告・連絡・相談ができ、機密情報・個人情報の取扱い、知的財産権、コンプライアンスの重要性を理解し、適切な対応(態度・言動)ができること
    6. パソコンにおけるオフィスソフト利用に支障がないこと(Word、Excel、PowerPoint)
    7. 日本語を母国語とし、関係者との円滑なコミュニケーションができること
    8. 理由の無い欠勤や遅刻がなく、周りに不快感を与えない身だしなみであること
    9. 本業務を遂行する上で健康状態に支障がないこと
  • 資格
    次のいずれかに該当する者であること
    1. 情報処理安全確保支援士もしくは「情報処理安全確保支援士試験」合格者
    2. 情報処理技術者試験「ネットワークスペシャリスト試験」に合格し5年以内の者もしくは「ネットワークスペシャリスト試験」に合格した後現在に渡って3年以上のネットワーク関連業務従事経験がある者
    3. 上記と同等もしくはそれ以上の資格(CISSP、CCNP Security、CCIE Security等)を有している者
  • 業務経験
    1. 同一の企業等に5年以上継続して勤務した経験を有すること
    2. 企業内外に対するテクニカルサポート業務の経験を有すること、もしくは業務内容を理解していること
    3. IT技術系業務および情報システム企画・開発・管理運用保守業務において合計 5 年以上の経験を有すること
    4. 情報システムの企画や開発について、特に要件定義や基本設計仕様書作成の経験を有すること
    5. システム開発プロジェクトマネージャーの経験を有すること
    6. テレワーク環境構築および運用の経験を有すること

採用に関するお問い合わせ先

独立行政法人 情報処理推進機構 総務部 中途採用担当(中原・水落)

Tel:03-5978-7501 E-mail:

※お問い合わせの際は、中途採用に関する質問である旨お申し添えください。