HOMEIPAについて新着情報プレス発表 ITパスポート試験に8歳の小学3年生が合格

本文を印刷する

IPAについて

プレス発表 ITパスポート試験に8歳の小学3年生が合格

~ これまでの最年少記録(9歳、小学4年生)を3年ぶりに更新 ~

2020年11月16日
独立行政法人情報処理推進機構

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:富田達夫)は本日、経済産業省所管の国家試験である情報処理技術者試験の一区分「ITパスポート試験(iパス)」の令和2年10月度合格者を発表しました。最年少合格者は8歳の小学3年生で、これまでの最年少記録である9歳を3年ぶりに更新しました。

 URL:https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/html/openinfo/pass.html別ウィンドウで開く

 本日合格発表を行った令和2年10月度のITパスポート試験(iパス)では、8歳の小学3年生が合格し、最年少合格者の記録を更新しました。なお、これまでの最年少合格者は平成29年7月度に合格した2名の9歳(小学4年生)でした。また、iパスを開始した平成21年4月から令和2年10月までの12歳以下の応募者数は208名、合格者数は44名でした。(*1)

 iパスは、ITを利活用するすべての社会人・これから社会人となる学生が備えておくべき、ITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。デジタルトランスフォーメーション(DX)に注目が集まり、あらゆる業種・職種においてITと経営全般に関する総合的知識が不可欠となっている昨今、iパスの応募者数は年々増加しています。平成21年の開始以来、令和2年10月度までの応募者数は約116万人(平均年齢27歳)、合格者数は約52万人(平均年齢29歳)です。

 表:過去5年間の応募者・合格者推移
  平成27年度 平成28年度 平成29年度 平成30年度 令和元年度
応募者数 80,949 86,305 94,298 107,172 117,923
合格者数 34,696 37,570 42,432 49,221 56,323

 iパスの出題範囲は、新しい技術(AI、ビッグデータ、IoT など)や新しい手法(アジャイルなど)の概要をはじめ、経営全般(経営戦略、マーケティング、財務、法務など)、IT(セキュリティ、ネットワークなど)、プロジェクトマネジメントなど幅広い分野にわたります。そのため受験者は試験に向けた学習を通じて、ITを活用する上で前提となる幅広い知識をバランス良く習得できます。また、iパスは国家試験として初めて、コンピュータを利用して実施する試験方式であるCBT(Computer Based Testing)(*2)方式を導入し、通年で随時実施しています。

 IPAは、今後もより多くの社会人や学生がiパスを受験し、ITと経営に関する総合的知識を身に付けた人材が増えることにより、わが国のDX推進に寄与することを期待しています。

脚注

(*1) 受験申込み時のアンケートに基づき集計。

(*2) コンピュータを利用して実施する試験。受験者は試験会場に行き、コンピュータに表示された試験問題にマウスやキーボードを用いて解答する。

プレスリリースのダウンロード

本件に関するお問い合わせ先

IPA IT人材育成センター 国家資格・試験部 本多/山本

URL:https://www.ipa.go.jp/about/inquiry_index_0.html別ウィンドウで開く

報道関係からのお問い合わせ先

IPA 戦略企画部 広報戦略グループ 伊藤

Tel: 03-5978-7503 E-mail: