HOMEIPAについて新着情報プレス発表 10月18日(日)実施予定の情報処理技術者試験の2区分を延期し、CBT方式で実施

本文を印刷する

IPAについて

プレス発表 10月18日(日)実施予定の情報処理技術者試験の2区分を延期し、CBT方式で実施

~秋期高度試験区分は令和2年度内の実施を見送り、令和3年度春期に実施予定~

2020年9月18日
独立行政法人情報処理推進機構

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:富田達夫)は、10月18日(日)実施予定の情報処理技術者試験のうち、「情報セキュリティマネジメント試験(SG)」と「基本情報技術者試験(FE)」の2区分の実施を延期し、本年度中にCBT方式で実施します。また、「新たな日常」を踏まえた試験方式の抜本的な再検討を進めていきます。

 また、実施可否を検討していた秋期高度試験区分についても、全4区分で令和2年度における試験実施を見送ることとし、令和3年度春期試験での実施を予定しています。

 URL:https://www.jitec.ipa.go.jp/1_00topic/topic_20200918.html別ウィンドウで開く

 IPAは、本年3月24日に取りやめを発表した令和2年度春期情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験の代替試験として、10月18日の令和2年度10月試験実施に向けて試験会場手配等の準備を進めてきました。しかし、新型コロナウイルス感染症の影響により試験会場を十分に確保できないことから、このうちの2区分である「情報セキュリティマネジメント試験(SG)」、「基本情報技術者試験(FE)」について、実施を延期することとしました。対象となる試験区分の受験者には、受験手数料の返還の措置を行います。「情報セキュリティマネジメント試験(SG)」、「基本情報技術者試験(FE)」以外の7区分については、予定通り実施します。

 これらの2区分については、従来の紙試験に替えて、2021年3月末までにCBT(Computer Based Testing)方式で試験を実施します。受験者は複数の日程から受験日と会場を選択し、コンピュータに表示された試験問題に対して、マウスやキーボードを用いて解答することが可能となります。また、新型コロナウイルス感染症対策を前提とした「新たな日常」を踏まえた試験の在り方を抜本的に再検討し、2年後を目途に、新方式への移行を目指します。

 本年11月以降での実施可否を検討していた秋期高度試験区分については、同様の理由で試験会場を十分に確保できないことから、「ITストラテジスト試験(ST)」、「システムアーキテクト試験(SA)」、「ネットワークスペシャリスト試験(NW)」、「ITサービスマネージャ試験(SM)」については、令和2年度における試験実施の見送りを決定しました。これらの4区分については、令和3年度春期試験での実施を予定しています。

 「情報セキュリティマネジメント試験(SG)」、「基本情報技術者試験(FE)」の受験手数料の返還の詳細や、一部免除申請期間の延長などの詳細については、ホームページで公表いたします。

プレスリリースのダウンロード

本件に関するお問い合わせ先

IPA IT人材育成センター 国家資格・試験部 本多/山本

Tel: 03-5978-7600

報道関係からのお問い合わせ先

IPA 戦略企画部 広報戦略グループ 伊藤

E-mail: 電話番号:03-5978-7503までお問い合わせください。