HOMEIPAについて新着情報プレス発表 「製造・生産分野の管理監督者層向けプログラム」7コースを新規開講

本文を印刷する

IPAについて

プレス発表 「製造・生産分野の管理監督者層向けプログラム」7コースを新規開講

~制御システムへのサイバー攻撃に備え、製造・生産現場の対応力を強化~

2019年10月1日
独立行政法人情報処理推進機構

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:富田達夫)は、産業用制御システムへのサイバー攻撃に備え、製造・生産現場が主体的にセキュリティ確保に取り組む能力を育成する研修コース「製造・生産分野の管理監督者層向けプログラム」を新たに開講し、本日から受講者の募集を開始します。

 URL:https://www.ipa.go.jp/icscoe/program/seizo-seisan/index.html

 2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を控え、企業・組織へのサイバー攻撃にとどまらず、プラントやインフラ等の制御システムの停止を狙った攻撃リスクの増大が指摘されています。こうした脅威に対処するため、IPAは2017年4月に産業サイバーセキュリティセンターを設立し、制御システム(OT(*1))と情報システム(IT)双方のスキルを備えて組織におけるセキュリティの中心的な役割を担う人材を育成してきました(*2)

 そのなかでセキュリティ向上における組織の課題を受講者とともに調査・分析しました。その結果、製造・生産現場の管理監督者に対して、技術面のスキルよりもマネジメント面の実践的なスキルの取得機会が必要とされていることが分かりました。そこでIPAでは、制御系システムの企画・導入・運用・保守を行う部署、製造・生産に使用する設備を担う部署および現場のQC、カイゼン、危険予知(KY)活動に取り組む部署などの管理監督者を対象に、「製造・生産分野の管理監督者層向けプログラム」を開講します。

 製造・生産の現場では「三現主義(*3)」と言われるように、現場での現実をとらえた適材適所の対策が重視されています。こうした現場で現実に即したセキュリティ対策を現場主導型で立案・実行できるよう、同プログラムは全7コースで構成されています。各コースの定員は40名、受講費用は15万円(税込)です。複数のコースを選択して受講することも可能です。

<表:製造・生産分野の管理監督者層向けプログラム 全7コース>
コース 主に得られる知識 開催期間 日数
1IT・OT基礎ITセキュリティとOTセキュリティの基礎的な事項を理解する2019年11月
11日~14日
4
2リスク分析手法工場やプラントの稼働を維持した状態でサイバーリスクを分析・評価し、対策やルールを策定する2019年11月
25日~29日
5
3製品導入及び
ベンダー選定方法
セキュリティ製品・ベンダー選定のポイントを理解し、セキュリティ要件を明確化する2019年12月
3日~6日
4
4セキュリティ教育の実施方法現場メンバーにセキュリティを意識づけるため、現場主導型の方法でセキュリティ教育を実施する2019年12月
16日~19日
4
5セキュリティ・
インシデント対応
インシデント発生時の初動対応や他部門との適切な連携方法を検討し、平時の対策や再発防止策を作成する2020年1月
20日~24日
5
6保守・運用日々の保守・運用業務において、セキュリティ・インシデントの兆候に気づく2020年2月
17日~20日
4
7セキュリティ戦略立案自社の事業戦略を踏まえ、必要な対策を実現可能な戦略として立案する2020年3月
3日~6日
4

 IPAは「製造・生産分野の管理監督者層向けプログラム」の受講受付を本日からウェブサイトで開始します。詳細はIPAウェブサイトをご参照ください。

脚注

  • (*1)Operational Technology
  • (*2)中核人材育成プログラム
  • (*3)問題解決において現場、現物、現実の3つの“現”を重視する考え方

プレスリリースのダウンロード

本件に関するお問い合わせ先

IPA 産業サイバーセキュリティセンター 中山/山田

Tel: 03-5978-7554 E-mail:電話番号:03-5978-7554までお問い合わせください。

報道関係からのお問い合わせ先

IPA 戦略企画部 広報戦略グループ 伊藤(美)/白石

Tel: 03-5978-7503 Fax: 03-5978-7510 E-mail:電話番号:03-5978-7503までお問い合わせください。