HOMEIPAについて新着情報プレス発表 「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)」8月19日の経過措置期間終了、申請者は8,215名

本文を印刷する

IPAについて

プレス発表 「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)」8月19日の経過措置期間終了、申請者は8,215名

~10月1日時点での登録人数は17,000名を超過する見込み~

2018年9月6日
独立行政法人情報処理推進機構

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:富田 達夫)は、国家資格“登録セキスペ”への登録が可能な経過措置対象者(*1)に対する申請受付を8月19日に締め切りました。これにより、2018年2月1日以降の登録申請者が8,215名となりました。これら登録申請者は順次書類手続きを進め、2018年10月1日付けで“登録セキスペ”として認定される予定です。

 2016年10月21日に創設された、新たな国家資格“情報処理安全確保支援士”制度では、旧試験区分(情報セキュリティスペシャリスト試験、およびテクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験)の合格者を経過措置対象者として、国家資格の登録を可能としてきました。

 8月19日に締め切った経過措置対象者を含む10月1日付け登録の申請者は8,215名でした。内訳(*2)は以下のとおりです。

画像1

 2018年4月1日時点での“登録セキスペ”の登録人数は9,181名であり、次回登録日である10月1日には、8,215名の申請者のうち、審査通過者が国家資格保持者として新たに登録されます。これにより、“登録セキスペ”は合計すると17,000名を超過する見込みです。

 “登録セキスペ”は、2018年6月6日に施行された「IoT税制(コネクテッド・インダストリーズ税制)(*3)」において、税制優遇の条件の一つ「一定のサイバーセキュリティ対策が講じられている」ことを担保する役割を担うなど、その活躍の場が広がりつつあります。また、登録者の情報は、「情報処理安全確保支援士 登録者公開情報」Webサイト(*4)にて公開中です。

脚注

(*1) 情報セキュリティスペシャリスト試験合格者、およびテクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験合格者

(*2) 内訳の数値は、申請内容に基づくものです。申請書類の審査を行った結果、登録者の内訳(値)は異なる可能性があります。

(*3) http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/data-katsuyo/iot-zeisei/iot-zeisei.html別ウィンドウで開く

(*4) https://riss.ipa.go.jp/別ウィンドウで開く

プレスリリースのダウンロード

本件に関するお問い合わせ先

IPA IT人材育成センター 国家資格・試験部 登録・講習グループ 延藤/髙山

Tel: 03-5978-7506 E-mail: 電話番号:03-5978-7506までお問い合わせください。

報道関係からのお問い合わせ先

IPA 戦略企画部 広報戦略グループ 白石

Tel: 03-5978-7503 Fax: 03-5978-7510 E-mail: 電話番号:03-5978-7503までお問い合わせください。