HOMEIPAについて新着情報プレス発表 モバイルデバイス等の利用における情報漏えいを防ぐ設定マニュアル(実践編)を拡充

本文を印刷する

IPAについて

プレス発表 モバイルデバイス等の利用における情報漏えいを防ぐ設定マニュアル(実践編)を拡充

~Windows10、Office2016・Office365、AcrobatDC・Acrobat2017の暗号化の設定手順を図説~

2018年9月4日
独立行政法人情報処理推進機構

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:富田 達夫)は、2013年4月に公開した「情報漏えいを防ぐためのモバイルデバイス等設定マニュアル 実践編(*1)」への拡充として、新たな製品の設定マニュアルを公開しました。新たに公開した設定マニュアルでは、Windows10、Office2016・Office365、 AcrobatDC・Acrobat2017について、当該製品の利用における情報漏えいを防ぐための暗号化設定方法を図説しています。

 URL:https://www.ipa.go.jp/security/ipg/documents/dev_setting_crypt.html

 政府によるワークライフバランスの推進、テレワークの浸透など、生活との均衡をとりながら、場所・時間を選ばすに仕事を行うためには、モバイルデバイスの利用が欠かせません。一方、外部記憶媒体、ノートパソコンなどモバイルデバイスの紛失による情報漏えいは後を絶ちません。

 当該マニュアルは下記製品の最新版の機能を反映し、製品利用時のファイル、ディスクドライブの暗号化設定等に特化した点が特徴です。各種製品で具体的に図説している設定方法は以下のとおりです。

● Windows10
1. 利用者認証の設定により端末ロックを設定する方法
2. 端末ロックによる利用者認証が失敗した場合の安全性強化の方法
3. ドライブおよびフォルダの暗号化設定と端末ロックによる利用者認証の有効化
・EFS(*2)によるフォルダ暗号化
・BitLockerによるドライブ暗号化
・デバイス暗号化(BitLockerが利用できない場合)
● Office2016・Office365
1. ファイル保存時の暗号化設定方法
● AcrobatDC・Acrobat2017
1. PDFファイルを保存する際の暗号化設定方法
2. PDFファイル保存時に文章の閲覧者を指定する暗号化設定方法

 当該マニュアルを参照し、暗号化設定を適切に行うことで、万が一モバイルデバイスを紛失した場合でも、情報漏えいに至らずに済むと考えられます。
 ワークライフバランス、テレワークが今後、より一層普及するためにも、各組織がこのマニュアルを積極的に利用することを期待しています。

脚注

(*1) 2013年4月26日発表   https://www.ipa.go.jp/about/press/20130426.html

(*2) 暗号化ファイルシステム Encrypting File System

プレスリリースのダウンロード

本件に関するお問い合わせ先

IPA セキュリティセンター セキュリティ技術評価部 暗号グループ 橋本/時田

Tel: 03-5978-7545 Fax: 03-5978-7548 E-mail: 電話番号:03-5978-7535までお問い合わせください。

報道関係からのお問い合わせ先

IPA 戦略企画部 広報戦略グループ 白石

Tel: 03-5978-7503 Fax: 03-5978-7510 E-mail: 電話番号:03-5978-7503までお問い合わせください。