HOMEIPAについて新着情報プレス発表 情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)試験における新たな免除制度の運用開始について

本文を印刷する

IPAについて

プレス発表 情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)試験における新たな免除制度の運用開始について

~若年層における情報セキュリティ人材の育成を目指して~

2017年10月31日
独立行政法人情報処理推進機構

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:富田 達夫)は、「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)試験」に係る新たな免除制度の運用を明日から開始します。また、本制度の事務手続に関するマニュアル等を公開します。

登録セキスペロゴマーク IPAでは、サイバーセキュリティに関する実践的な知識・技能を有する専門人材の育成と確保を目指して、平成29年4月16日から「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)試験」を年2回(春期:4月、秋期:10月)実施しています(応募者数:48,555名(平成29年度春期・秋期))。

 同試験において、2017年9月29日の「情報処理の促進に関する法律施行規則」の改正及び関係告示の制定に伴い、このたび、受験に際しての免除制度が新たに創設されました。IPAは本制度の運用開始に伴い、明日から免除に関する申請の受付を開始します。

 本制度の活用によって、IPAが認定した学科等における情報セキュリティに関する課程を修了した者(修了見込み者を含む)は、当該課程の修了認定を受けた日から2年以内に受験する「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)試験」について、午前Ⅱ試験の免除が受けられます。

本制度の対象となる教育機関、学科等、認定の基準、試験の免除については、次のとおりです。

(1)認定の対象となる教育機関
 1)大学院
 2)大学(短期大学を除く)
 3)専門学校(高度専門士の称号が付与されるものに限ります。)

(2)認定の対象となる学科等
 ・情報セキュリティに関する知識を専門的に修得するための研究科、研究科の専攻、学部、学科又はこれらに相当する課程

(3)学科等の認定の基準等
 1)学科等の認定の基準は次のとおりです。
  1. 履修範囲が情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)試験の午前Ⅱ試験の出題範囲に応じたものであること。
  2. 履修時間がセキュリティ分野(高度)で110時間以上、ネットワーク分野(高度)で20時間以上及び応用分野で20時間以上、計150時間以上であること。
  3. その他IPAが定める基準を満たしていること。
 2)認定された学科等の認定有効期間:4年
 3)学科等の認定の審査に係る手数料:77,000円

(4)情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)試験の免除
 1)免除の対象となる時間区分:午前Ⅱ試験
 2)免除を受けられる期間:課程の修了認定を受けた日から2年間

 本制度における学科等の認定手続きについて、事務マニュアル等を公開しました。詳細は、以下をご覧ください。
  https://www.jitec.ipa.go.jp/1_81menjo/_index_sc_am2menjo.html

 IPAは、本制度の活用を通じて、情報セキュリティに関心を抱く学生(*1)が、情報セキュリティに関する知識を体系的に修得することによって、高度な情報セキュリティ人材ひいては「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)」が増加することを期待します。

 「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)試験」及び「登録セキスペ制度」の詳細は、次のウェブサイトをご覧ください。

脚注

(*1) 平成29年度春期・秋期試験の応募者数のうち学生は1,368名(構成比:2.8%)

プレスリリースのダウンロード

本件に関するお問い合わせ先

IPA IT人材育成本部 情報処理技術者試験センター 企画グループ 千脇/山内

Tel: 03-5978-7600 Fax: 03-5978-7610

報道関係からのお問い合わせ先

IPA 戦略企画部 広報グループ 白石

Tel: 03-5978-7503 Fax: 03-5978-7510 E-mail: 電話番号:03-5978-7503までお問い合わせください。