HOMEIPAについて新着情報プレス発表 ベトナムソフトウェア協会との相互協力協定の締結について

本文を印刷する

IPAについて

プレス発表 ベトナムソフトウェア協会との相互協力協定の締結について

2010年9月27日
独立行政法人情報処理推進機構

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)は、ベトナムソフトウェア協会(Vietnam Software Association、以下VINASA(*1) 本拠地:ベトナム社会主義共和国 ハノイ)と2010年9月27日、ITサービス産業の活性及び人材流動の促進を目的としてITスキル標準(*2)の展開に関する相互協力協定を締結しました。

 わが国にとってITがあらゆる経済活動に浸透し、社会インフラ化していく一方で、産業全体はグローバル化し、国境を越えた競争の時代に入りました。このような中、わが国の競争力を強化していくためには、IT分野に従事する人材を国内外で確保することが必須課題となっており、IT産業の発展には他国との協力関係が非常に重要な要素となっています。

 日本とベトナムは、IT産業において協力関係を確立しつつあり、IPAが5月20日に公開した「IT人材白書2010」において、ベトナムは日本のオフショア開発先として発注件数で2位に入るなど、重要なパートナーとなっています。
  IPAでは、経済産業省の経済成長戦略大綱(*3)に定められている、アジアと共に発展していくための施策として、ITスキル標準の展開を2007年度から推進しており、過去3年間に渡ってベトナムに専門家を派遣(*4)し、ITスキル標準に基づくIT人材評価システムの構築とVINASA会員企業への導入を支援してきました。この支援により、ITスキル標準のベトナム版であるVRS(*5)がVINASAによって策定され、協定に先立ち企業での活用が開始されています。

 このたびの相互協力協定は、VINASAが主体的にベトナム版ITスキル標準であるVRSの展開を推進するフェーズに進んだことを受け、今後ITスキル標準の推進に関する情報交換や技術的な協力を進めるため、締結したものです。

 ベトナムのITサービス産業の企業にVRSが浸透・普及することで、日本とベトナムのITサービス産業における共通基準が確立され、さらなるビジネスを推し進めていく基盤となります。本協定の締結が、日本・ベトナム間のITサービス産業の活性及び人材流動の促進となることを期待します。

プレスリリースのダウンロード

脚注

(*1) VINASAは2002年のNGO(Non-governmental Organization)かつNPO(not-for-profit Organization)として設立された全国組織で、ベトナムの先進的なソフトウェア企業(130社以上)から構成されています。所属企業は、ベトナムの全プログラマの半数以上、全ソフトウェア開発者の60%以上を占めています。また、ベトナムのICT戦略を決める首相直轄のICT国家委員会の一員にもなっています。

(*2) IT スキル標準(Skill Standards for IT professionals)は、各種IT関連サービスの提供に必要とされる能力を明確化・体系化した指標で、産学におけるITサービス・プロフェッショナルの教育・訓練等に有用な「ものさし」(共通枠組)を提供するために策定されたものです。情報サービス産業界を11職種35専門分野に分類し、キャリアフレームワークとしてまとめ、それぞれの分野ごとに、個人の経験と実績に基づいた7段階のレベルを規定しています。

(*3) 「豊かで強く魅力ある日本経済」の実現および「アジアの発展に貢献し、アジアとともに成長する」ため、アジアとの協働を推進し、日本の国際競争力を強化していくことが示されています。2006年7月に公表されました。

(*4) 独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)が経済産業省から受諾した貿易投資円滑化支援事業において、IPAがITスキル標準の専門家を派遣し、技術指導を行いました。

(*5) VRS(VINASA Ranking System) はVINASAがITスキル標準をもとに策定したIT人材評価システムの名称。

本件に関するお問い合わせ先

IPA IT人材育成本部 ITスキル標準センター 網野/津留/村山

Tel: 03-5978-7544 Fax: 03-5978-7516

報道関係からのお問い合わせ先

IPA 戦略企画部 広報グループ 横山/白石

Tel: 03-5978-7503 Fax: 03-5978-7510  E-mail: メール