HOMEIPAについて新着情報プレス発表 暗号モジュール試験及び認証制度における試験機関の新規承認について

本文を印刷する

IPAについて

プレス発表 暗号モジュール試験及び認証制度における試験機関の新規承認について

2010年3月12日

独立行政法人 情報処理推進機構

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長: 西垣 浩司)は、2010年3月12日に、一般社団法人 ITセキュリティセンター (代表理事: 長谷川 英一) 評価部を、暗号モジュール試験及び認証制度の暗号モジュール試験機関として新たに承認しました。

 暗号技術を利用した情報セキュリティ製品やシステムの安全性を確保するためには、暗号アルゴリズム(暗号化をするための手順)をハードウェア、ソフトウェア等で実現している暗号モジュールの安全性の確保が特に重要となります。

 このため、IPAでは、暗号モジュールに暗号アルゴリズムが正しく実装されていることを確認するとともに、暗号鍵、ID、パスワード等の重要情報の安全性が確保されていることを第三者が認証する制度として「暗号モジュール試験及び認証制度」(JCMVP: Japan Cryptographic Module Validation Program)を運用しています。

 本制度は、まず暗号モジュールの認証を取得したい申請者が、試験機関に試験の依頼を行い、試験機関は申請された暗号モジュールについて決められたセキュリティ要件に満足しているかどうかを試験します。次に試験機関は、試験結果を認証機関に提出し、認証機関はその試験結果を検証して、適正であるかどうかを判断します。検証結果が適性であると認められると、申請された暗号モジュールに対して認証書を発行します。

暗号モジュール試験及び認証制度の仕組み

 試験機関となるためには、独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)による認定が必要です。認証機関であるIPAは、試験機関候補が、NITEによる認定を含めて試験機関として決められた要件を満たしているかを審査して、適切であると判断した場合にはJCMVPの試験機関として承認します。

 現在、試験機関として承認されているのは3機関ですが、今般、2010年3月12日に、一般社団法人 ITセキュリティセンター 評価部をJCMVPの暗号モジュール試験機関として新たに承認し、以下の4機関となりました。これにより、今後、暗号モジュール試験の実施体制がより充実していくことが期待されます。

JCMVPの暗号モジュール試験機関リスト(2010年3月12日現在、五十音順)

  • 一般社団法人 ITセキュリティセンター 評価部
    東京都千代田区大手町1-1-3
    電話: 03-5218-2231
    FAX: 03-5218-2232
  • 独立行政法人 情報処理推進機構 セキュリティセンター(認証機関兼試験機関)
    東京都文京区本駒込2-28-8
    文京グリーンコートセンターオフィス16階
    電話: 03-5978-7545
    FAX: 03-5978-7548
  • 株式会社電子商取引安全技術研究所 評価センター
    東京都千代田区神田錦町3-21
    ちよだプラットフォームスクウェア
    電話: 03-5259-8061
    FAX: 03-5259-8070
  • 財団法人 日本品質保証機構 関西試験センター
    大阪府東大阪市水走3-8-19
    電話: 072-966-7200
    FAX: 072-966-7885

暗号モジュール試験及び認証制度(JCMVP)の詳細は、以下のウェブサイトをご参照ください。 URL: http://www.ipa.go.jp/security/jcmvp/

本件内容に関するお問い合わせ先:

IPA セキュリティセンター 情報セキュリティ認証室(JCMVP担当) 橋本 / 櫻井

Tel: 03-5978-7545 Fax: 03-5978-7548 E-mail:

報道関係からのお問い合わせ先:

IPA 戦略企画部広報グループ 横山 / 大海

Tel: 03-5978-7503 Fax: 03-5978-7510 E-mail: 電話番号: 03-5978-7501までお問い合わせください。