HOMEIPAについて新着情報プレス発表 OSS支援組織の国際連携組織「Qualipso ネットワーク」への参加について

本文を印刷する

IPAについて

プレス発表 OSS支援組織の国際連携組織「Qualipso ネットワーク」への参加について

2010年3月4日

独立行政法人 情報処理推進機構

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:西垣 浩司)オープンソフトウェア・センターは、2010年2月、世界各国のOSS(オープンソースソフトウェア)支援組織が連携する国際組織「Qualipso(カリプソ)ネットワーク」への参加合意書へ署名し、Qualipsoネットワークのメンバーとなりました。
 同ネットワークに参加している各国のOSSセンターと協調し、OSSに関する情報サービス、ツールの提供等を進めていきます。

 欧州では、企業・政府でのOSSの採用を増やすことを目的に、OSSの品質・信頼性改善を図るプロジェクトとして、QualiPSo : Quality Platform for Open Source Softwareプロジェクト1が4年間にわたり実施され、まもなく終了します。このQualipsoプロジェクトの成果については、欧米の各国に成果普及を目的とした「OSSコンピテンシセンター」を設置し、プロジェクト終了後もそれらが自立的にプロジェクトの成果普及とOSS利用促進の役割を担うことが計画されています。

 Qualipsoネットワークは、これらOSSコンピテンシセンターの国際連携を目的として設立されましたが、参加メンバーはQualipsoプロジェクト参加組織に限定されず、OSS利用促進について一定の要件を満たす組織を世界から集めるものとされました。
 IPAオープンソフトウェア・センターは、これまでのOSS普及促進に関する活動の実績がQualipso関係者から認められ、Qualipsoプロジェクト参加組織以外では初めて、Qualipsoネットワークのメンバーとなりました。

 Qualipsoネットワークに参加することにより、IPAによる成果の国際的な普及と、Qualipsoプロジェクトのさまざまな成果の日本への普及を加速することができます。
 また、現在Qualipsoネットワーク参加機関では、共通の手法と基準に基づく「OSSの評価」を行う計画を立てています。その具体的な評価手法及び評価基準は現在議論中ですが、IPAもこの議論に加わります。

 クラウドコンピューティングを初めとし、OSSを重要な社会基盤として活用するにあたっては、その信頼性を高く保つこと、そのために国際的な連携の下で取り組むことが、今後極めて重要であると考えています。
 IPAでは、今後とも、OSS普及へ向けた国際連携の強化を進めていきます。


 プレスリリースの全文は以下のPDFをご覧ください。
 プレスリリース全文(116KB)プレスリリース(PDFファイル)



1

Qualipsoプロジェクト:欧州委員会(EC)情報社会メディア総局が総額10Mユーロ(約12億円:1ユーロ=120円で換算)を支出し、11か国(欧州9か国、中国、ブラジル)から21機関が参加する4年間(2006年~2010年)のプロジェクト。法的課題, ビジネスモデル, 相互運用性, OSS情報のデータベース化, OSS品質評価, OSS開発プロセス評価, 開発支援システムの7分野の調査・研究を実施。   http://www.qualipso.org/

本件に関するお問い合わせ先:

IPA オープンソフトウェア・センター 高橋(功)、柳本

Tel:03-5978-7507 Fax:03-5978-7517  E-mail:電話番号:03-5978-7507までお問い合わせください。

報道関係からのお問い合わせ先:

IPA 戦略企画部広報グループ 横山/大海

Tel: 03-5978-7503 Fax:03-5978-7510 E-mail:電話番号:03-5978-7501までお問い合わせください。