(旧)オープンソフトウェア・センターオープンソフトウェア:ソフトウェアライセンシングと知財問題に関するシンポジウム

本文を印刷する

オープンソフトウェア:ソフトウェアライセンシングと知財問題に関するシンポジウム

日時: 2007年12月21日(金) 10:00~16:30
会場: KKRホテル東京 10階 瑞宝 (東京都千代田区大手町1-4-1)
(アクセス http://www.kkr-hotel-tokyo.gr.jp/000/access.html
※同時通訳サービス付き
主催: 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)オープンソースソフトウェア・センター(OSSセンター)
定員: 150名(無料)
開催趣旨:

本年6月、GPL の新しいバージョンであるGPL1 v3が公開されました。一方欧州においても独自のOSSライセンスであるEUPL2 が公開されております。ライセンスのあり方は、今後のOSSの産業的活用について極めて重要なポイントであると言えましょう。今回、米国からGPLv3の起草者であるEben Moglen教授、欧州からEUPL起草メンバであるPhilippe Laurent氏をお招きするとともに、内閣官房知的財産戦略推進事務局、経済産業省からキーパーソンをお招きし、当センターのリーガル・タスクグループメンバである上山弁護士とともに、ソフトウェアライセンスおよびその他知財問題についてご講演いただき、オープンなソフトウェアの活用において重要となる各種課題について理解を深めたいと考えております。

1GNU General Public License version 3 : GPLv2を大幅に改定し、2007年6月末に発行されたOSSライセンス。 GPL v2はLinux等多数のOSSが採用。GPL v3については、現状採用を保留する動きが多い。
2 European Union Public License : ECのDG Enterprise and Industryにより策定された欧州独自のオープンソース用ライセンス。2007年に初版を発行

講演者:
  • エベン・モグレン氏

    エベン・モグレン氏 Prof. Eben Moglen
    Professor of Law, Columbia Law School
    Founding Director, Software Freedom Law Center
  • フィリップ・ローラン氏

    フィリップ・ローラン氏 Mr. Philippe Laurent
    Lawyer at the Brussels Bar
    Assistant of the Faculty of Law at the University of Namur
    Researcher of Research Centre in IT and Law of Namur
  • 石川浩氏 Mr. Hiroshi Ishikawa
    経済産業省 商務情報政策局 情報処理振興課 課長補佐
    Deputy Director, Information Service Industry Division,
    Commerce and Information Policy Bureau, Ministry of Economy,
    Trade and Industry
  • 井戸川義信氏 Mr. Yoshinobu Idogawa
    内閣官房 知的財産戦略推進事務局 主査、弁理士
    Assistant Counselor, Patent Attorney
    Secretariat of Intellectual Property Strategy Headquarters, Cabinet Secretariat
  • 上山浩氏 Mr. Hiroshi Kamiyama
    弁護士、弁理士、日比谷パーク法律事務所
    (IPA OSSセンター リーガル・タスクグループメンバ)
    Attorney at Law, Patent Attorney, Hibiya Park Law Offices
    (Member of Legal Task Group at IPA OSS Center)
プログラム:
10:00~10:10 田代秀一 OSSセンター長
Dr. Shuichi Tashiro
開会挨拶
Opening address
10:10~10:40 石川浩氏
Mr. Hiroshi Ishikawa
イノベーションと知財保護について
Technical Innovation vs. IPR
10:40~11:10 井戸川義信氏
Mr. Yoshinobu Idogawa
わが国の知財戦略について~ソフトウェア分野を中心に~
IP strategy of Japan on Software
11:10~12:10 上山浩氏
Mr. Hiroshi Kamiyama
GPL v3の何が問題なのか?
Problems on GPL v3 for industrial use
12:10~13:10 休憩
13:10~14:30 エベン・モグレン氏
Prof. Eben Moglen
GPL v3決定へ向けての議論
Discussions in GPL v3 drafting process
14:30~15:50 フィリップ・ローラン氏
Mr. Philippe Laurent
EUPL作成の意図と作成プロセス
The EUPL's rationale and drafting process
15:50~16:30 質疑応答(パネル形式で)
 Q / A

申込み:

下記URLよりお申し込み下さい。

https://www.ipa.go.jp/app/form/lecture_application/18

申込者多数の場合は先着順で締め切らせていただきます。

お問い合せ:

お問い合せは以下の連絡先まで電子メールにてお願いいたします。

電話番号:03-5978-7501までお問い合わせください。