(旧)オープンソフトウェア・センター2007年度日本OSS貢献者賞 事業概要

本文を印刷する

2007年度日本OSS貢献者賞 事業概要

情報処理推進機構
オープンソースソフトウェア・センター

更新情報

9月10日 募集を締め切りました。
8月10日 募集を開始しました。

目的

 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)では、オープンソースソフトウェア・センターを中心に、オープンソースソフトウェア(以下、OSS)活用促進のための様々な課題解決に取り組んでいます。その中で、日本においてOSS開発者を育てていくことが重要であるという認識を強め、その土台作りについて議論を重ねてきました。
 今般、「2007年度日本OSS貢献者賞」を実施することになりました。「日本OSS貢献者賞」は、2005年度に日本OSS推進フォーラム(注)とIPAによって創設された賞であり、日本におけるOSS開発の振興を図ることを目的に、影響力のある開発プロジェクトを創造、運営した開発者やグローバルプロジェクトにおいて活躍する卓越した開発者及び普及に貢献した方を表彰するものです。

 (注):日本OSS推進フォーラムについて
国内情報システムのベンダ、ユーザ、学識関係者などが参加し、OSS活用上の課題について、自由な立場から議論を重ねながら、課題解決に向けて取り組んでいます。活動は課題ごとに部会を設置して実施しています。IPAが事務局を務めています。

(ご参考)

対象者

<OSS開発分野>

 世界・日本におけるOSSプロジェクトにおいて中心的な役割を果たしている開発者を対象とします。開発基盤やOS・ミドルウェア、アプリケーション、デスクトップ、サーバ、組み込み分野など幅広い分野の中で活躍するOSS開発者が対象です。

<OSS普及促進分野>

 OSSの発展・普及に大きく貢献した方、OSSコミュニティやマーケットに大きな影響を与えた方を対象とします。コミュニティの形成、OSSの認知、ドキュメンテーション、人材育成、標準化などに大きく貢献された方が対象です。

 ※ 但し、両分野ともに、現在も日本で活動を継続している方を対象とします。

募集要領

募集内容及び審査方法等の詳細については、下記の募集要領をご覧ください。

応募方法

募集要領に従って、OSS iPediaまたは、電子メールで応募してください。

  1. OSS iPediaからの応募
    OSS iPedia ホーム > インフォメーション > 「2007年度日本OSS貢献者賞推薦書」 から所定のフォームに入力してください。
  2. 電子メールでの応募
    募集要領に従って推薦書に必要事項を記入の上、電子メールで応募してください。
    推薦書はこちらからダウンロードし、メールにコピーしてご利用ください。

E-MAIL送付先アドレス: 電話番号:03-5978-7501までお問い合わせください。

締切

2007年9月10日(月) 17:00まで

お問い合わせ

募集に関する問い合わせは以下の連絡先まで電子メールにてお願いいたします。

公募担当
E-MAIL: 電話番号:03-5978-7501までお問い合わせください。