HOME情報処理安全確保支援士国家資格「情報処理安全確保支援士」 講習のご案内

本文を印刷する

国家資格「情報処理安全確保支援士」 講習のご案内

掲載日 2016年11月30日

情報処理安全確保支援士(通称:登録セキスペ)に義務付けられている講習の受講についてご案内します。

1.講習の目的

この講習は、登録セキスぺが知識・技能・倫理の継続的な維持・向上を図るために実施します。
なお、講習未受講の場合は、資格名称の使用停止又は登録の取消しとなることがありますのでご注意ください(情報処理の促進に関する法律第十九条、二十六条)。
講習の目的は、下記のとおりです。

  • 共通キャリア・スキルフレームワークのレベル4の維持
  • 最新のサイバーセキュリティについての知識・技能・倫理の学習
  • 集合講習におけるグループディスカッションを通じた登録セキスペ同士の情報共有や人脈形成の推進

2.受講期限・回数

登録日を起点として、オンライン講習を毎年1回、集合講習は3年に1回受けることが義務付けられます。
ただし、試験合格日から登録日までの期間が3年を超える方は、 登録日から1年以内に、オンライン講習を1回受講しその後集合講習の受講が必要です。


図1


図2

上記において、オンライン講習A、B、C及び集合講習の目標は下記のとおりです。

  • オンライン講習A:最新知識のインプット
  • オンライン講習B:技能の強化
  • オンライン講習C:基礎の再確認と集合講習への反転学習
  • 集合講習:オンライン講習の理解度確認とケーススタディを中心とした実践に即した学習

3.カリキュラム(講習の科目等)

講習の科目及び内容並びに特徴は下記のとおりです。


1)科目及び内容(標準学習時間)
  科目及び内容 合計時間
<サイバーセキュリティに関する知識>
・攻撃手法及びその技術的対策
・情報セキュリティ関連制度等の概要及び動向
<サイバーセキュリティに関する技能>
・脆弱性・脅威の分析
・情報セキュリティ機能に関する企画・要件定義・開発・運用・保守・インシデント対応
・情報セキュリティ管理支援
<情報処理安全確保支援士として遵守するべき倫理>
・倫理的責任と義務
・法令順守・契約履行
オンライン
講習
A 1時間 3時間 2時間 6時間
B 1時間 4時間 1時間 6時間
C 2時間 2時間 2時間 6時間
集合講習 2時間 3時間 1時間 6時間

2)特徴
  • 最新情報の取り込み
    オンライン講習・集合講習ともに、毎年内容の見直しを行い、さらにサイバーセキュリティ等の専門家の監修を受けることで、常にその年のポイントを押さえた最新情報を学ぶことが可能です。
  • コンテンツの特徴
    サイバーセキュリティ分野の高度な知識・技能だけでなく、登録セキスペとして国民の信頼を得て活動していく上で欠かせない倫理を学ぶことができます。
  • 学習効果の高いカリキュラム
    インストラクショナルデザインに基づく講習設計により、共通キャリア・スキルフレームワークレベル4相当の知識等の効率的かつ効果的な維持が可能です。

4.実施形式

講習は3年サイクルで、オンライン講習と集合講習を組み合わせて実施します。オンライン講習は、PCが使える場所ならご自宅・会社等どこでも受講が可能です。集合講習は、ケーススタディによるグループ演習が中心となります。オンライン講習・集合講習ともに障がい者の方へは合理的配慮を実施予定です(ご希望の方は「7.問い合わせ先」までご連絡ください)。

1)受講案内
登録期日の属する月(4月か10月)に、受講義務がある講習が記載された「講習受講計画」を、IPAから提示いたします。当書面の記載に従い、下記の講習を受講してください。

2)オンライン講習
  • 時間:1回あたり6時間(標準学習時間)
  • コンテンツ:テキスト・静止画ベース(音声・動画無し)、日本語対応のみ
  • 受講環境:PCのみ(タブレット、携帯端末は不可)
3)集合講習
  • 時間:1回あたり6時間(受講時間のみで1日あたり6時間(休憩等を含めると1日コースとなります))
  • 形式:講義及びディスカッション(ケーススタディによるグループ演習)
  • 開催場所:登録状況を考慮して決定(関東以外の開催も予定)
4)講習修了証の交付
  • 各年の計画通りに受講を完了した場合、講習の課程を修了したことを証する講習修了証を交付します。
  • 講習の受講実績は、IPAホームページで公開されます。

5.受講の猶予について

やむを得ない事情(海外勤務、疾病・負傷、罹災など)があって講習を受講できない場合は、IPA指定の書式(後日案内予定)により、速やかにIPAに届け出てください。当該申請に対して1年単位で受講の猶予が認められます。猶予期間の終了後は、下記のとおり講習を受講することを条件に、登録セキスペとしての活動を再開することが可能です。

1)猶予期間が1年又は2年のとき
猶予期間の終了後1年以内に、本来受講すべき講習に加え、受講期限を猶予された講習を追加で受講しなければなりません。

2)猶予期間が3年以上のとき
猶予期間の終了後1年以内に、オンライン講習A、オンライン講習B、オンライン講習Cを受講し、その後集合講習を1回受講しなければなりません。

6.費用

講習費用はオンライン講習A、B、C、各コース20,000円、集合講習80,000円です(非課税)
なお、当制度において講習受講以外に更新のための手続きや手数料は発生しません。

7.問い合わせ先

IPA IT人材育成本部 HRDイニシアティブセンター 情報処理安全確保支援士グループ
Tel: 03-5978-7561
受付時間 10:00 ~ 12:30、13:30 ~ 17:00 土・日・祝及び年末年始(12月29日から1月3日まで)を除く
E-mail:メールアドレス
(このメールアドレスに特定電子メール及びファイルを添付したメールを送信しないでください。)

更新履歴

11月30日 当ページを公開しました。

情報処理安全確保支援士