HOME情報セキュリティ情報セキュリティ対策脆弱性対策ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況2005年第1四半期

本文を印刷する

情報セキュリティ

ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況2005年第1四半期

掲載日 2005年 4月19日

独立行政法人 情報処理推進機構
セキュリティセンター

 独立行政法人 情報処理推進機構(略称:IPA)および有限責任中間法人JPCERTコーディネーションセンター(略称:JPCERT/CC)は、2004年7月から脆弱性関連情報の取扱いを開始しています。今般、2005年第1四半期(1月~3月)の脆弱性関連情報の届出状況を以下のとおり、とりまとめました。

 経済産業省告示「ソフトウエア等脆弱性関連情報取扱基準」(平成16年経済産業省告示 第235号)に基づき、2004年7月からIPAは脆弱性関連情報の届出受付、JPCERT/CCは国内の製品開発者などの関連組織との調整を開始しました。
2005年第1四半期(1月~3月)の脆弱性関連情報の届出状況は以下のとおりです。

  • ソフトウエア製品の脆弱性関連情報

    届出:12件(届出受付開始からの累計は44件)
    脆弱性公表:6件(このうち2件は、複数製品開発者に影響あるもの)
    (届出受付開始からの累計は17件)
    この他、製品開発者から脆弱性及び対策情報の連絡を受けたもの:1件

  • ウェブアプリケーションの脆弱性関連情報

    届出:71件(届出受付開始からの累計は211件)
    修正完了:54件(届出受付開始からの累計は91件)
    今四半期修正完了のうち23件、累計では44件についてIPAが修正確認作業を実施)

届出の詳細については以下のPDFファイルをご参照ください。

参考情報

お問い合わせ先

独立行政法人 情報処理推進機構 セキュリティセンター(IPA/ISEC)

TEL:03-5978-7527 FAX:03-5978-7518
E-mail:お問合せ先