HOME情報セキュリティ情報セキュリティ対策脆弱性対策ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況2004年第3四半期

本文を印刷する

情報セキュリティ

ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況2004年第3四半期

最終更新日 2004年10月18日

独立行政法人 情報処理推進機構
セキュリティセンター

独立行政法人 情報処理推進機構(略称:IPA)及び有限責任中間法人 JPCERTコーディネーションセンター(略称:JPCERT/CC)は、2004年第3四半期(7月~9月)の脆弱性関連情報届出状況を、以下のとおり、とりまとめました。

経済産業省告示「ソフトウエア等脆弱性関連情報取扱基準」(平成16年経済産業省告示 第235号)に基づき、IPAは2004年7月8日より脆弱性関連情報の届出の受付を開始し、JPCERT/CC は日本国内の製品開発者などの関連組織との調整を行いました。ソフトウエア製品の脆弱性については、19件の届出のうち、3件について製品開発者による対策が完了し、公表されました。このうちの1件は、JPCERT/CCが海外CSIRT と連携し、海外の製品開発者も含めて調整をしたものです。ウェブアプリケーションの脆弱性については、73件の届出のうち、10件について修正が完了しました。

届出の詳細については以下のPDFファイルをご参照ください。

お問い合わせ先

独立行政法人 情報処理推進機構 セキュリティセンター(IPA/ISEC)

TEL:03-5978-7527 FAX:03-5978-7518
E-mail:電話番号:03-5978-7501までお問い合わせください。

更新履歴

2004年10月18日 「ソフトウエア等の脆弱性関連情報に関する届出状況 [2004年第3四半期(7月~9月)]」を掲載