HOME情報セキュリティ情報セキュリティ対策脆弱性対策脆弱性対策:情報セキュリティ白書 2006 年版 - 10 大脅威「加速する経済事件化」と今後の対策 -

本文を印刷する

情報セキュリティ

脆弱性対策:情報セキュリティ白書 2006 年版 - 10 大脅威「加速する経済事件化」と今後の対策 -

※本資料は2011年版を公開しております。 こちらからご参照ください。

2006年3月22日
独立行政法人情報処理推進機構
セキュリティセンター

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA、理事長:藤原 武平太)は、2005年にIPAに届けられた情報や一般に公開された情報を基に、「情報セキュリティ検討会」で、社会的影響の大きさからセキュリティ上の10大脅威を選び今後の対策を検討して「情報セキュリティ白書2006年版」を編集し、2006年3月22日(水)よりIPAセキュリティセンターのウェブサイト上で公開いたしました。

 本資料は、2005年にIPAに届けられたコンピュータウイルス・不正アクセス・脆弱性に関する情報や一般に公開された情報を基に、「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップ」に参画する関係者のほか、情報セキュリティ分野における研究者、実務担当者等の御参画を得て構成した「情報セキュリティ検討会」(メンバーは公表資料の文末に記載)で、社会的影響の大きさからセキュリティ上の10大脅威を選び、利用者・管理者・開発者のそれぞれからみた脅威を分析し、今後の対策を検討して「情報セキュリティ白書 2006 年版」を編集し、公表するものです。

 2005年 4月に「個人情報の保護に関する法律」が全面施行され、個人情報に対する関心が高まりを見せる一方で、情報の漏洩事件は年間を通じて報道され続けました。
 SQLインジェクションの脆弱性が突かれてデータベースの情報が漏洩した事例や、Winnyを利用したウイルスにより重要な情報が漏洩した事例が新聞やニュース等で目立ちました。
 また、2005年は攻撃の手口が変化しました。ウイルスやボット、ルートキット等は、亜種が次々と出てきてしまい、ワクチンソフト等の対策だけでは攻撃を防ぎにくくなっています。

 利用者は、情報セキュリティ確保のための基本的な対策を講じる必要があります。その上で、利用者自身が安全な行動を心掛ける必要があります。

 本資料が今後のセキュリティ対策に役立つことを期待しています。

(参考)

お問い合わせ先

本件に関するお問い合わせ先

独立行政法人 情報処理推進機構 セキュリティセンター(IPA/ISEC) 担当:大森/谷口
TEL:03-5978-7527 FAX:03-5978-7518
E-mail:電話番号:03-5978-7527までお問い合わせください。

報道関係からのお問い合わせ先

独立行政法人 情報処理推進機構 戦略企画部 広報グループ 担当:横山
TEL:03-5978-7503 FAX:03-5978-7510
E-mail:電話番号:03-5978-7503までお問い合わせください。

更新履歴

2010年3月31日 2010年版 10大脅威へのリンクを追記
2009年3月24日 情報セキュリティ白書2009 第2部へのリンクを追記
2008年5月27日 情報セキュリティ白書2008 第2部へのリンクを追記
2007年3月 9日 情報セキュリティ白書2007年版へのリンクを追記
2006年6月14日 第2刷発行(文言等の微修正)
2006年3月22日 掲載