HOME情報セキュリティサポート情報用語集コンピュータウイルス用語集

本文を印刷する

情報セキュリティ

コンピュータウイルス用語集

最終更新日: 2005. 8. 2

独立行政法人 情報処理推進機構
セキュリティセンター(IPA/ISEC)

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z

  ア   |   カ   |   サ   |   タ   |   ナ   |   ハ   |   マ   |   ヤ   |   ラ   |   ワ  

英字表記(ABC 順)

日本語表記(50音 順)

-A-

Anti-virus soft(ウイルス対策ソフト)
Attachment(添付ファイル)

-B-

BIOS(バイオス)
Boot Record(ブートレコード)
Boot Sector(ブートセクタ)

-C-

Cluster(クラスタ)
Command Prompt(コマンドプロンプト)
Command Line(コマンドライン)
Counter(カウンタ)
Crash(クラッシュ)
Cut&Paste(カットアンドペースト、切り取りと貼り付け)

-D-

Directory(ディレクトリ)
DOS Boot-up Disk (DOS起動ディスク)
Download(ダウンロード)

-E-

Extension(拡張子)

-F-

FAT(ファット)
File Allocation Table(ファイルアロケーションテーブル)
File Attribute(ファイル属性)
Format(フォーマット・初期化)
Folder(フォルダ)

-G-

-H-

Hangup(ハングアップ)

-I-

Install(インストール)

-J-

-K-

-L-

-M-

Macro(マクロ)
Macro Virus(マクロウイルス)
Mailer(メーラー)
MBR(エムビーアール)
Master Boot Record(マスターブートレコード)
Memory Resident(メモリ常駐)
Memory Resident Type(常駐型)

-N-

O~Z

ア行

インストール(Install)
ウイルス対策ソフト(Anti-virus soft)

カ行

カウンタ(Counter)
拡張子(Extension)
カットアンドペースト(Cut&Paste)
共有ファイル(Shared File)
切り取りと貼り付け(Cut&Paste)
クラスタ(Cluster)
クラッシュ(Crash)
コマンドプロンプト(Command Prompt)
コマンドライン(Command Line)

サ行

自己解凍ファイル(Self Extraction File)
常駐型(Memory Resident Type)

タ行

タイムスタンプ(Time Stamp)
ダウンロード(Download)
ディレクトリ(Derectry)
デマメール(Virus Hoax)
添付ファイル(Attachment)
ドス起動ディスク(Dos Boot-up Disk)
トロイの木馬(Trojan Horse)

ナ行

ハ行

パーティション(Patation)
バイオス(BIOS)
ハングアップ(Hangup)
ピーイー(PE)
ファイルアロケーションテーブル(File Allocation Table)
ファイル属性(File Attribute)
ファット(FAT)
ブートセクタ(Boot Sector)
ブートレコード(Boot Record)
フォーマット(Format)
フォルダ(Folder)
ポ-タブルエグゼクタブル(Portable Executable)
ボリューム、ボリューム名、ボリュームラベル(Volume、Volume Label))

マ行

マクロ(Macro)
マクロウイルス(MacroVirus)
マスターブートレコード(MBR: Master Boot Record)
メーラー(Mailer)
メモリ常駐(Memory Resident)

ヤ~ワ

  • ウイルス対策のトップページはこちらをご覧ください。