HOME情報セキュリティ情報セキュリティ対策ウイルス対策コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況[7月分]について

本文を印刷する

情報セキュリティ

コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況[7月分]について

第12-17-253号
掲載日:2012年 8月 3日
独立行政法人情報処理推進機構
技術本部 セキュリティセンター

 IPA (独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)は、2012年7月のコンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況をまとめました。
(届出状況の詳細PDF資料はこちら)

1. 今月の呼びかけ

「 コンピュータウイルスや不正アクセスの届出にご協力ください! 」
~ セキュリティに関する相談も受け付けています ~


 IPAは、コンピュータウイルスや不正アクセスの届出機関となっています。多くの皆さまよりいただく相談・届出は、「呼びかけ」や「注意喚起」、「緊急対策」などの情報発信を行うことで、早期の被害拡大防止や再発防止に活かされています。最近の例として、たった一人からの相談を機に調査を開始し関係機関と協力することで、不正なAndroidアプリの流通を止めたという実績があります。この実例が示すとおり、一人の一件の相談でも万人の被害防止につながります。
 今月の呼びかけでは、コンピュータウイルスや不正アクセス届出制度に関する目的や活用方法について説明するとともに、届出の方法、相談のコツなどをご紹介します。
 皆さまからの一件でも多くの情報提供をお願いします。

(1)コンピュータウイルス・不正アクセス届出制度について

  1. ウイルス・不正アクセス届出制度
     コンピュータウイルスの届出は、通商産業省(現・経済産業省)のコンピュータウイルス対策基準※1に基づき1990年4月にスタートした制度です。その後、不正アクセスの届出が1996年8月に同省のコンピュータ不正アクセス対策基準※2によりスタートしました。両制度の届出機関は、いずれもIPAが指定されています。
     IPAでは届出の受付業務のほかに、インターネットやコンピュータ、スマートフォンなどにおけるウイルス、不正アクセスの総合的な相談対応を「情報セキュリティ安心相談窓口」で行っています。また受け付けた届出や相談は、提供者のプライバシーに配慮した上で被害等の状況を分析し検討結果を定期的に公表しています。このような活動の主な目的は、被害の予防、発見および被害の拡大・再発防止にあります。

  2. 図1-1:ウイルス・不正アクセス届出制度イメージ図
    図1-1:ウイルス・不正アクセス届出制度イメージ図


    ※1 コンピュータウイルス対策基準
       http://www.meti.go.jp/policy/netsecurity/CvirusCMG.htm

    ※2 コンピュータ不正アクセス対策基準
       http://www.meti.go.jp/policy/netsecurity/UAaccessCMG.htm

  3. ウイルス・不正アクセス届出状況の公表
     個人や企業、教育・研究・公的機関などからいただいた届出を分析し毎月公表しています。特に重要な内容については、「今月の呼びかけ」として注意を促し、必要に応じて緊急の「注意喚起」も行います。毎月行う届出の公表では、コンピュータウイルス届出状況、コンピュータ不正アクセス届出状況、相談受付状況の3項目に分けて公表しています。コンピュータウイルス届出状況では、コンピュータウイルスの種類や検出数、届出数、新種ウイルスなどの動向を、コンピュータ不正アクセス届出状況では、毎月の届出数と相談数(被害の有無)の動向やその月において被害があった事例(オンラインゲームでのなりすましや不正プログラム埋め込みなど)を紹介しています。また、相談受付状況ではウイルス・不正アクセス関連相談総件数や(ワンクリック請求、偽セキュリティソフト、Winnyや不審メール関連などの)主だった相談内訳数、その動向などを紹介しています。

(2) 届出や相談を発端として「呼びかけ」や「注意喚起」を実施した最近の事例

  1. ウイルスを使ったフィッシング詐欺の実例(2011年10月の呼びかけ※3
     2011年9月の届出において、これまでのものとは異なるウイルスを組み合わせた新たなフィッシング手法を確認し、同年10月に「呼びかけ」を行いました。この事例では、銀行を装った偽のメールにウイルスが添付されており、ウイルスを実行するとログイン情報や乱数表の内容の入力を促す画面が現れ、メールの指示に従って入力してしまうと悪意ある者にその情報が渡ってしまう、というものでした。IPAでは実際の偽のメールを入手しウイルスを解析しました。その解析結果から、ウイルスの概要と、実行されるとどのような動作をするのかを示すとともに、被害に遭わないための対策を示しました。


  2. ※3 ウイルスを使った新しいフィッシング詐欺に注意!(IPA 2011年10月の呼びかけ)
       http://www.ipa.go.jp/security/txt/2011/10outline.html

  3. Androidにおけるワンクリック請求の実例(2012年2月の呼びかけ※4
     2012年1月の届出により、Android OSのスマートフォンにおいて、不正なアプリを用いてパソコンのワンクリック請求のように料金請求画面を出し続ける、という事例を確認しました。

    図1-2:スマートフォンがウイルスに狙われつつあるイメージ図
    図1-2:スマートフォンがウイルスに狙われつつあるイメージ図


     この事例では、不正アプリをインストールしてしまうと、当該スマートフォンの電話番号やメールアドレスなどの情報が、自動的にワンクリック請求を行っている者に伝わる仕組みになっていました。この様なしくみは、パソコンにおけるワンクリック請求と比較して悪質なものであり、より被害が出る可能性がありました。そこで同年2月の「呼びかけ」では、このような手口を明らかにするとともに、被害に遭わないための対策、万一、不正アプリを入れてしまった場合の対処方法などを示しました。


  4. ※4 スマートフォンでもワンクリック請求に注意(IPA 2012年2月の呼びかけ)
       http://www.ipa.go.jp/security/txt/2012/02outline.html

  5. Androidの不審なアプリの実例(2012年5月の注意喚起※5
     2012年4月に、ある一人の男性から寄せられた相談をきっかけに、不審な動きをするAndroidアプリが、一般的に利用されているポイント交換サイトで紹介され、多くの人がダウンロードしているという実態を確認しました。その不審なアプリは、スマートフォン利用者が強い興味を抱きそうな名称が使われ、またIPAで解析した結果、そのアプリを実行すると端末情報や、アドレス帳の中身などの個人情報を外部に送信することがわかりました。そのため、悪質な行為に利用される危険性が高いと判断し同年5月に、不審なアプリの名称を公開するとともに、その手口を明らかにし、被害に遭わないための対策を示した緊急の注意喚起を実施しました。また、国内のセキュリティベンダーに対し情報を提供し、更に関係機関に連絡したことによって、この不審なアプリは、即日ダウンロードができなくなりました。

    図1-3:不審なアプリが情報を流出させるイメージ図
    図1-3:不審なアプリが情報を流出させるイメージ図


    ※5 Android OSを標的とした不審なアプリに関する注意喚起(IPA 2012年5月の注意
       喚起)
       http://www.ipa.go.jp/security/topics/alert20120523.html

(3)届出、相談の方法について

 IPAで受付ける届出の種類としては、コンピュータウイルスに関する届出、不正アクセスに関する届出のほかに脆弱性関連情報※6の届出があります。コンピュータウイルス、不正アクセスに関する、主に技術的な相談を受け付けています。以下ではウイルス・不正アクセスの届出と相談の活用方法を紹介します。

※6 脆弱性関連情報の届出(IPA)
   http://www.ipa.go.jp/security/vuln/report/

  1. 届出の方法
     「コンピュータウイルスに関する届出」および「不正アクセスに関する届出」は、それぞれ専用の届出様式がIPAのウェブページ※7にあります。届出の際は、少なくとも連絡先と具体的な現象を記載いただきE-mailなどで送付してください。内容に応じて、IPA側から返信させていただき、詳しくおたずねさせていただきます。まずは、届出をご提出いただくことが重要となります。なお、すでに情報が整理できている場合や今までに届出のご提出経験がある方は、届出様式に沿って記入、送付してください。ご不明な点がありましたら「情報セキュリティ安心相談窓口」までお気軽にお問い合わせください。

    ※7 情報セキュリティに関する届出について(IPA)
       http://www.ipa.go.jp/security/todoke/

    届出の方法


  2. 相談について
     IPAでは「情報セキュリティ安心相談窓口」にて、コンピュータウイルスや不正アクセスについての技術的な相談対応を、下記の時間帯で電話やメールなどで行っています。ご相談の際は、事前に状況を整理し、できるだけ多くの情報をスムーズにお伝えいただければ、迅速に対応することができます。ご相談内容に応じて現在の状態の説明や、復旧方法、今後の防止策などをご案内させていただいております。IPAのウェブサイト「情報セキュリティ安心相談窓口」内に記載の「よくある相談と回答(FAQ)※8」もあわせてご覧ください。

    ※8 よくある相談と回答(FAQ)(IPA)
       http://www.ipa.go.jp/security/anshin/

    相談について



今月のトピックス

  • コンピュータ不正アクセス被害の主な事例(届出状況及び被害事例の詳細は、「3.コンピュータ不正アクセス届出状況」を参照)
    • サーバー管理ツールの脆弱性を悪用されて、ウェブサイトを改ざんされた
    • 公開を想定していないファイルを参照された
  • 相談の主な事例 (相談受付状況及び相談事例の詳細は、「4.相談受付状況」を参照)
    • パソコンの動きが遅くなったが、どうしたらよいでしょうか
    • 「現金1680万円をもらってください」というメールについて

2. コンピュータウイルス届出状況 -詳細は別紙1を参照-

(1) ウイルス届出状況

 7月のウイルスの検出数※1は、25,487個と、6月の21,990個から15.9%の増加となりました。また、7月の届出件数※2は、877件となり、6月の958件から8.5%の減少となりました。

※1 検出数 : 届出にあたり届出者から寄せられたウイルスの発見数(個数)
※2 届出件数: 同じ届出者から寄せられた届出の内、同一発見日で同一種類のウイルスの検出が複数ある場合は、1日何個検出されても届出1件としてカウントしたもの。


 検出数の1位は、W32/Mydoom12,115個、2位はW32/Netsky4,372個、3位はW32/Mytob2,750個でした。

図2-1:ウイルス検出数
図2-1:ウイルス検出数

図2-2:ウイルス届出件数
図2-2:ウイルス届出件数

(2) 不正プログラムの検知状況

 7月の不正プログラムの検出数※1は、100,367個と、6月の25,399個から295.2%の増加となりました。

 検出数の1位は、広告を表示させるプログラムの総称であるAdware16,042個、2位は、オンラインバンキングのID/パスワードを窃取するBancos13,326個、3位は、悪意あるスクリプト文が書かれたプログラムの総称であるMalscript5,039個でした。
 以下、別のウイルスを感染させようとするDownloader、正規のソフトウェアなどを装って感染を試みるTrojan/Horse、パソコン内に裏口を仕掛けるBackdoor、の順でした。

※1 検出数 : 届出にあたり届出者から寄せられたウイルスの発見数(個数)

∴ ここでいう「不正プログラムの検知状況」とは、IPAに届出られたものの中から「コンピュータウイルス対策基準」におけるウイルスの定義に当てはまらない不正なプログラムについて集計したものです。

∴ コンピュータウイルス対策基準:平成12年12月28日(通商産業省告示 第952号)(最終改定)(平成13年1月6日より、通商産業省は経済産業省に移行しました。)
「コンピュータウイルス対策基準」(経済産業省)
http://www.meti.go.jp/policy/netsecurity/CvirusCMG.htm


図2-3:不正プログラムの検知件数推移
図2-3:不正プログラムの検知件数推移


 7月は、Fakeavの感染被害の届出が大幅に増加しました。こうした「偽セキュリティソフト」型ウイルスの感染被害に遭うと、正常な復旧が困難となる場合がありますので、以下のサイトを参考にして感染被害に遭わないよう、パソコンの対策をお願いいたします。
 (ご参考)
 「今なお続く、偽の警告を出すウイルスの被害!」(IPA)
 http://www.ipa.go.jp/security/txt/2012/03outline.html

図2-4:「偽セキュリティ対策ソフト」型ウイルス 感染被害届出件数
図2-4:「偽セキュリティ対策ソフト」型ウイルス 感染被害届出件数



3. コンピュータ不正アクセス届出状況(相談を含む) -詳細は別紙2を参照-

表3-1 不正アクセスの届出および相談の受付状況

  2月 3月 4月 5月 6月 7月
届出(a) 計 13 5 9 10 2 19
  被害あり(b) 9 4 7 6 2 18
被害なし(c) 4 1 2 4 0 1
相談(d) 計 37 54 46 50 38 54
  被害あり(e) 14 10 9 17 12 26
被害なし(f) 23 44 37 33 26 28
合計(a+d) 50 59 55 60 40 73
  被害あり(b+e) 23 14 16 23 14 44
被害なし(c+f) 27 45 39 37 26 29

(1)不正アクセス届出状況

 7月の届出件数は19件であり、そのうち何らかの被害があったものは18件でした。

(2)不正アクセス等の相談受付状況

 不正アクセスに関連した相談件数は54件であり、そのうち何らかの被害のあった件数は26件でした。

(3)被害状況

 被害届出の内訳は、侵入8件、なりすまし4件、不正プログラム埋め込み3件、DoS攻撃2件、その他1件、でした。
 「侵入」の被害は、ウェブページが改ざんされていたものが7件、アカウントを不正に作成されていたものが1件、でした。侵入の原因は、サーバー管理ツールやコンテンツマネージメントシステムの脆弱性を悪用されたものが4件でした(他は原因不明)。
 「なりすまし」の被害は、メールアカウント悪用されてスパムメールを送信されたものが2件、ポイントサイトに本人になりすまして何者かにログインされ、サービスを勝手に利用されていたものが1件、フリーのウェブメールに本人になりすまして何者かにログインされていたものが1件、でした。

(4)被害事例

[ なりすまし ]
(i)サーバー管理ツールの脆弱性を悪用されて、ウェブサイトを改ざんされた

  • 当社のウェブサイトを改ざんされて、閲覧者が他サイトに勝手に誘導されるようになっていた。その転送先は不正なサイトで、接続すると不正プログラムをダウンロードさせられるものだった。
  • 改ざんの原因は、サーバーを遠隔操作するためのサーバー管理ツールのバージョンが古く、旧バージョンの脆弱性を悪用されたものだった。




当該サーバーを遠隔操作するために作動していたサーバー管理ツールの脆弱性を悪用されてことが原因でした。サービスを即座に停止した上で、最新バージョンに移行してください。
脆弱性対策のための情報収集として、日頃からレンタルサーバ業者のウェブサイト(レンタルサーバご利用の場合)や、各種ツールやサーバソフトの開発元のウェブサイトなどを確認することを勧めます。

7月は、「Parallels Plesk Panel」というサーバー管理ツールの脆弱性を悪用された不正アクセスの届出が多く寄せられました。届出が多いということは、実際に攻撃も頻繁に発生していると推測されますので、利用者は注意してください。


[ その他 ]
(ii)公開を想定していないファイルを参照された

  • 当校のウェブサーバー内の設定ファイルやパスワードファイルを参照するアクセス試行があった。ネットワーク侵入検知監視サービス業者からの連絡で判明。
  • 念のためサーバー上の各種設定を確認すると、ウェブコンテンツを格納するディレクトリ以外のファイルに対して参照要求があった時に、許可する場合があることが分かった。
  • ウェブコンテンツ作成業者に即座に修正させるとともに、今後セキュリティ上の対策を講じるよう指示した。




「ディレクトリ・トラバーサル攻撃」を受けた例です。
ウェブアプリケーションにおけるファイル名指定の実装に問題がある場合、攻撃者に任意のファイルを指定され、ウェブアプリケーションが意図しない処理を行ってしまう場合があります。「ディレクトリ・トラバーサル攻撃」とは、この脆弱性を悪用した攻撃手法です。
この攻撃を受けると、サーバー内のファイルを閲覧・改ざん・削除される恐れがあります。個人情報などの重要情報をウェブサーバー内に保存しているサイトは、特に注意が必要です。

(ご参考) ウェブアプリケーションにおいて発生し得る脆弱性は、上記以外にも「SQLインジェクション」、「クロスサイトスクリプティング」など多岐にわたります。運営するウェブサイトの状況や性質に合わせて、対策を検討してください。
(ご参考)

4.相談受付状況

 7月のウイルス・不正アクセス関連相談総件数は921件でした。そのうち『ワンクリック請求』に関する相談が216件(6月:319件)、『偽セキュリティソフト』に関する相談が23件(6月:10件)、Winny に関連する相談4件(6月:3件)、「情報詐取を目的として特定の組織に送られる不審なメール」に関する相談3件(6月:1件)、などでした。

 表4-1 IPA で受け付けた全ての相談件数の推移

  2月 3月 4月 5月 6月 7月
合計 1,073 772 750 934 1,097 921
  自動応答システム 645 427 428 490 578 530
電話 362 287 270 363 439 342
電子メール 62 49 50 78 79 46
その他 4 9 2 3 1 3

(備考)
IPA では、「情報セキュリティ安心相談窓口」を開設し、コンピュータウイルス・不正アクセス、Winny 関連、その他情報セキュリティ全般についての相談を受け付けています。

メール 情報セキュリティ安心相談窓口
(これらのメールアドレスに特定電子メールを送信しないでください)
電話番号 03-5978-7509 (24時間自動応答、ただし IPA セキュリティセンター員による相談受付は休日を除く月~金、10:00~12:00、13:30~17:00のみ)
FAX 03-5978-7518 (24時間受付)

「自動応答システム」 : 電話の自動音声による応対件数
「電話」 : IPA セキュリティセンター員による応対件数
合計件数には、「不正アクセスの届出および相談の受付状況」における『相談(d) 計』件数を内数として含みます。

図4-1:ワンクリック請求相談件数の推移
図4-1:ワンクリック請求相談件数の推移


主な相談事例は以下の通りです。

(i)パソコンの動きが遅くなったが、どうしたらよいでしょうか
相談

最近、パソコンの動きが遅くなり、知らない間にツールバーにいろいろ表示されるようになった。どうしたらよいでしょうか。

回答

パソコンの動きが遅いということであれば、タスクマネージャでCPU使用率の高いアプリを確認するというのも1つの方法です。「知らない間にツールバーにいろいろと表示されるようになった」のであれば、これは意図せず何かのソフト(Adware的なもの)を入れてしまった可能性があります。「プログラムの追加と削除」や「ブラウザのアドオンの管理」から、不明なアプリや使用していないアプリが紛れ込んでいないか確認してください。
どのアプリが原因かわからない場合は、パソコンが快適に使えていた時期に戻すために、システムの復元を実施することも有効です。どうしても直らない場合は、システムの初期化も検討してください。修復後は、忘れずにOSやご利用アプリのアップデートのほか、セキュリティソフトのウイルス定義ファイルを常に最新化してください。

(ご参考)
(ii)「現金1680万円をもらってください」というメールについて
相談

昨日から突然「現金をあげる」というメールが頻繁に届くようになりました。最初に届いたのは「現金1680万円の準備が完了しました。こちらに返信ください。」というメールでした。メールの内容は一貫して「お金を受け取ってほしい」という内容で、一番下に会社らしき名称の記載がある。気になるので返信したいのですが、これは本当の話でしょうか?

回答

これは、よくある迷惑メールです。最初にメール受信者に興味を抱かせ、出会い系サイトに勧誘し、メール交換をもちかけることによって、高額な利用料を支払わせる手口であることが多いです。
一般に、このようなおいしい話は世の中にありません。一度よく冷静に考えてみるとわかるでしょう。
今後もメールが絶えず来て迷惑な場合は、メールソフトやプロバイダなどのフィルタリング機能を利用することや、場合によってはメールアドレス変更などもご検討ください。あまりにも、多く届く場合は「迷惑メール相談センター 」に相談してください。

(ご参考)


『他機関・ベンダーの各種統計情報は以下のサイトで公開されています。』

一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター:http://www.jpcert.or.jp/
@police:http://www.cyberpolice.go.jp/
フィッシング対策協議会:http://www.antiphishing.jp/
株式会社シマンテック:http://www.symantec.com/ja/jp/
トレンドマイクロ株式会社:http://jp.trendmicro.com/jp/home/
マカフィー株式会社:http://www.mcafee.com/japan/
株式会社カスペルスキー:http://www.viruslistjp.com/analysis/


お問い合わせ先:

独立行政法人 情報処理推進機構 技術本部 セキュリティセンター
TEL:03-5978-7591 FAX:03-5978-7518
E-mail: 電話番号:03-5978-7591までお問い合わせください。
     (このメールアドレスに特定電子メールを送信しないでください)
URL:http://www.ipa.go.jp/security/

更新履歴:

2012年 8月 3日 掲載