HOME >> 情報セキュリティ >> ウイルス対策 >> ウイルスの発見届出状況 >> 記事

コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況について[要旨]

2003年11月5日

独立行政法人 情報処理推進機構
セキュリティセンター(IPA/ISEC)

W32/Swenウイルス届出増加!!

情報処理推進機構 セキュリティセンター(IPA/ISEC)は、2003年10月のコンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況をまとめた。

1. コンピュータウイルス届出状況

10月の届出件数は、1,602件と9月の1,794件より減少したが、2003年の月平均約1,400件を上回る状況となった。

W32/Swenウイルスに騙されるな!!

2003年9月に出現したW32/Swen ウイルスの届出が506件(9月219件)と倍増した。このウイルスは、修正プログラムの適用を促すメッセージを本文に記載し、送信者アドレスを Microsoft とすることで、あたかも Microsoft からの通知のように装っている。

以下のような名称の添付ファイルを実行すると、修正プログラムをインストールするという偽のメッセージ(下図)を表示し、ウイルスに感染したことに気付かせないようにしている。また、感染するとワクチンソフトなどのセキュリティ製品の動作を停止させるため、ウイルスに感染しているかどうかの検査をすることすらできなくなってしまう。

W32/MSBlasterの出現以後、セキュリティホールを解消する意識が高まったなかで、ユーザーの心理を突いた巧妙な手口が使われており、騙されないよう細心の注意が必要である。

例 添付ファイル名: install75.exe、Patch171.exe、Q762698.exe、Update2333.exe
件名: 「Last Critical Update」、「Current Upgrade」 など。

Microsoft Internet Update Pack のアラートウィンドウを表し、中には This will install Microsoft Security Update.Do you wish to continue? とあり、YesとNoのボタンがある。

左図のメッセージが表示された時点で、ウイルスに感染!

「No」を選択しても手遅れ

感染してしまった場合は、W32/Swen ウイルス専用の修復ツールを利用することが必要である。修復ツールはワクチンベンダーから無償で提供されており、各ベンダーのWeb サイトからダウンロードすることができる。IPAのサイトにて紹介しているので、参照されたい。

感染していないが、まだ対策をとっていない場合は、最新のワクチンソフトによる対策を実施することが必要である。ワクチンソフトを利用することで、ウイルスが動作する前に発見することができ、感染を未然に防ぐことが可能である。

なお、ワクチンソフトには、ウイルスを検出するためのデータファイルが用意されている。このファイルの更新をしないと、新しく出現したウイルスを発見することが困難になるので、1週間に1度は更新することを推奨する。

2.コンピュータ不正アクセス届出状況

10月の届出件数は30件と9月の39件より若干減少した。

10月の届出のうち被害があった届出件数は10件であった。その内訳は、侵入被害4件、メール不正中継2件、アドレス詐称3件、その他(ネットオークションでのなりすまし)1件であった。

被害に遭ってからでは遅すぎる!!

10月も、マイクロソフト社の OS及びアプリケーションソフトウェアに重大なセキュリティホールが発見されている。

一般ユーザーにも利用されている Windows XP や Windows 2000を含む複数の OS に搭載され、かつ出荷時に有効に設定されているメッセンジャーサービスに重大なセキュリティホールが発見されている。

また、メールサーバーソフトウェアである Microsoft Exchange Server にも重大なセキュリティホールが発見されている。

これらのセキュリティホールを突かれると攻撃者に任意の命令を実行されるなどの被害に遭う可能性がある。また、このセキュリティホールを攻略するプログラムがすでに出現している。従って、これらの OS やソフトウェアを利用しているユーザーは至急、 Windows Updateや修正プログラムの適用によりセキュリティホールを解消して頂きたい。

3. 今月の呼びかけ:「セキュリティホールの解消を!!」
− 新たなワームが出現する可能性も! −

セキュリティホールを悪用したウイルスや不正アクセスによる被害は数多く報告されている。8月には、Windowsのセキュリティホールを悪用した W32/MSBlasterが出現し、世界中に被害を拡大した。

上でも述べたように、その後も深刻なセキュリティホールが報告されており、第2の W32/MSBlaster が出現する可能性も十分考えられる。セキュリティホールを放置したままでは、同様の被害に遭ってしまうので、下記の手順によりセキュリティホールの解消を早急に行って頂きたい。

また、次々に報告されるセキュリティホールに関する情報を収集し、出来るだけ早急に対処できるよう心がけて頂きたい。

第9回 情報セキュリティセミナー
−Advanced IT Security Seminar 2003 -
〜実施報告〜

IPA は、経済産業省及び全国の経済産業局と共催で、第9回情報セキュリティセミナー【コンピュータウイルス対策/不正アクセス対策/セキュリティ評価/セキュリティマネジメント】を10月に全国8会場で開催いたしました。

8会場で計1,000名を超える積極的なご参加をいただき、好評のうちに終了致しました。会場における状況や質疑応答などを掲載致しましたので、ご参照ください。

問い合わせ先:IPAセキュリティセンター(IPA/ISEC)
(ISEC:Information technology SEcurity Center)

TEL:03-5978-7508 FAX:03-5978-7518
E-mail: 電話番号:03-5978-7501までお問い合わせください。
相談電話:03-5978-7509 URL: http://www.ipa.go.jp/security/