HOME >> 情報セキュリティ >> ウイルス対策 >> ウイルスの発見届出状況 >> 記事

コンピュータウイルスの届出状況について

2003年 7月 3日

独立行政法人 情報処理推進機構
セキュリティセンター(IPA/ISEC)

多機能なウイルスが増加!!  

1. コンピュータウイルス届出状況

情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)は、2003年6月及び2003年上半期のコンピュータウイルスの届出状況をまとめた。

1-1. 2003年上半期届出状況

2003年上半期の届出件数は7,366件となり、前年同期11,567件から約36%減少した。

届出件数の上位は、依然としてメール機能を悪用するウイルスが占めており、感染するとバックドア(侵入口)を仕掛けたり、P2Pで感染を拡大するなどの複数の機能を持ったウイルスが増加している傾向が伺える。

なお、上半期にIPAに届出のあった新種ウイルス13種類の内、W32/SobigW32/Fizzerなど、セキュリティホールを悪用していない(添付ファイルをユーザが開かなければ感染しない)ウイルスが9種類と過半数を占め、件数も増えているので、「添付ファイルは安易に開かない」というウイルス対策の基本を改めて徹底して頂きたい。

上半期の届出上位ウイルス(すべてメール機能悪用ウイルス)         *亜種の届出を含む

  届出件数 初届出年月 ウイルスの特徴
W32/Klez 2,630件 2001.11 情報漏洩(データファイル送信)
W32/Sobig 719件 2003. 1 差出人アドレス詐称
W32/Bugbear 664件 2002.10 バックドア(侵入口)作成
&W32/Fizzer 543件 2003. 5 バックドア(侵入口)作成、P2Pで拡大
VBS/Redlof 467件 2002. 8 本文を見ただけで感染

※サーバー等を介さずに、パソコン等の端末同士で直接データのやりとりを行うシステムのこと。

上半期の届出状況の詳細については「2003年上半期ウイルス届出状況」を参照されたい。

1-2. 6月の届出状況

6月の届出件数は1,401件と5月の1,458件より若干の減少となった。

差出人アドレスを詐称するウイルスの届出が8割を占める!!

6月の届出上位4種は、いずれも差出人アドレスを詐称するウイルスであった。これらのウイルスは、本来の送信者を特定するのが困難であり、連絡が取れないことから蔓延する可能性が高いので、継続して注意が必要である。

グラフは届出ウイルス別割合を示し、W32/Klezは30%、W32/Bugbearは21%、W32/Fizzerは17%、W32/Sobigは13%、その他は19%を示している。

2. 今月の呼びかけ:「これだけでできるウイルス対策!」
− 基本だけは押さえよう −

届出上位のウイルスには、添付ファイルを開かなければ感染しないウイルスがある。例えセキュリティホールを悪用したウイルスであろうと、修正プログラムさえ適用していれば自動的にファイルを実行されることはなく、感染被害に遭うことはない。

そこで、下記の点だけはウイルス対策の基本として徹底して頂きたい。

◆ メールの添付ファイルは、開く前にウイルス検査を行うこと

ウイルスの感染経路の9割以上はメールである。添付ファイルがある場合は、安易にクリックすることなく、ウイルス検出データファイルを最新版に更新したワクチンソフトで検査しよう。
ワクチンソフトには、自動的にウイルス検出データファイルを更新する設定やリアルタイムでファイルを検査する設定などが用意されているので、ぜひ活用しよう。

◆ 修正プログラム(セキュリティパッチ)をあてること

セキュリティホール(ソフトウェアの欠陥)のあるブラウザやメールソフトを使用していると、そこを悪用されてウイルスに感染してしまうケースがある。このような被害を防ぐには、欠陥を修正しておけばよい。ベンダーのWebサイトなどの情報を定期的に確認し、最新の修正プログラムを適用しておこう。

(参考情報)

3. ウイルス届出の詳細

グラフは届出件数の月別推移を表し、2001年は24261件で1月は2440件で、2月は1567件で、3月は1476件で、4月は1236件で、5月は1515件で、6月は1335件で、7月は1738件で、8月は2809件で、9月は2238件で、10月は1241件で、11月は2766件で、12月は3900件を示している。2002年は20352件で1月は2283件で、2月は1439件で、3月は1460件で、4月は2012件で、5月は2410件で、6月は1965件で、7月は1781件で、8月は1756件で、9月は1193件で、10月は1510件で、11月は1408件で、12月は1135件を示している。2003年は7366件で1月は1158件で、2月は1052件で、3月は1187件で、4月は1110件で、5月は1458件を示で、6月は1401件を示している。

1) 6月、届出のあったウイルスは39種類であった。

(Windows/DOS ウイルス1,281件、マクロウイルス及びスクリプトウイルス120件、Macintosh及びUNIXウイルスは0件。)
(*) 印は今月の新種ウイルスを示す。 

Windows、DOSウイルス 届出件数 マクロウイルス 届出件数
W32/Klez 425 XM/Laroux 14
W32/Bugbear 298 W97M/X97M/P97M/Tristate 4
W32/Fizzer  233 X97M/Divi 2
W32/Sobig 181 XM/VCX.A 1
W32/Yaha 50 WM/Concept 1
W32/Lovgate 16 WM/Cap 1
W32/Hybris 12 W97M/Ethan 1
W32/Nimda 11    
W32/Badtrans 9    
W32/Magistr 7    
W32/Frethem 5 スクリプトウイルス 届出件数
W32/Gibe 4 VBS/Redlof 59
W32/CIH  3 Wscript/Fortnight  28
W32/Ganda 3 VBS/LOVELETTER 4
W32/Sircam 3 VBS/Haptime 3
W32/Opaserv 3 VBS/Netlog 2
WYX 2    
W32/Aliz 2    
W32/Ska 2    
W32/Inor 2    
W32/Funlove 2    
W32/Valla (*) 2    
W32/MTX 2    
W32/Spaces 1    
W32/CodeRed 1    
W32/Mofei (*) 1    
W32/Goner 1    

備考:件数には亜種の届出を含む

注) ウイルス名欄で、各記号はそれぞれの下記ウイルスを示す。

記号 対象ウイルス
WM MSword95(WordMacroの略)
W97M MSword97(Word97Macroの略)
XM、XF MSexcel95、97(ExcelMacro、ExcelFormulaの略)
X97M MSexcel97(Excel97Macro)
W97M/X97M/P97M MSword97、MSexcel97、MSpowerpoint97(Word97Macro、Excel97Macro、PowerPoint97Macroの略)
W32 Windows32ビット環境下で動作
VBS VisualBasicScriptで記述
Wscript WindowsScriptingHost環境下で動作(VBSを除く)
Solaris Solaris環境下で動作
FreeBSD FreeBSD環境下で動作
Linux Linux環境下で動作

2)届出の届出者別件数は次のとおりである。一般法人ユーザからの届出が約88%を占めている。

届出者 届出件数
2003/6 2003年合計 2002年合計
一般法人ユーザ 1,194 85.2% 6,363 86.4% 15,313 75.2%
教育・研究機関 124 8.9% 506 6.9% 1,914 9.4%
個人ユーザ 83 5.9% 497 6.7% 3,125 15.3%

3)届出の地域別件数は次のとおりである。関東地方が最も多く、続いて近畿地方、中部地方の順となっている。

地域 届出件数
2003/6 2003年合計 2002年合計
北海道地方 1 0.1% 18 0.2% 311 1.5%
東北地方 7 0.5% 133 1.8% 534 2.6%
関東地方 922 65.8% 4,981 67.6% 12,986 63.8%
中部地方 184 13.1% 755 10.2% 1,894 9.3%
近畿地方 246 17.6% 1,148 15.6% 3,254 16.0%
中国地方 22 1.6% 123 1.7% 365 1.8%
四国地方 3 0.2% 27 0.4% 151 0.7%
九州地方 16 1.1% 181 2.5% 857 4.2%

4)届出から感染経路を区分けすると次の表のようになる。 海外からのメールも含めたメールにより感染したケースが最も多く、届出件数の約96%を占めている。

感染経路 届出件数
2003/6 2003年合計 2002年合計
メール 1,283 91.6% 5,456 74.1% 17,107 84.1%
海外からのメール 58 4.1% 1,465 19.9% 2,660 13.0%
ダウンロード(※) 13 0.9% 96 1.3% 121 0.6%
外部からの媒体 22 1.6% 117 1.6% 119 0.6%
海外からの媒体 0 0% 1 0% 4 0%
不明・その他 25 1.8% 231 3.1% 341 1.7%

(※)ホームページからの感染を含む

5)届出のあったウイルスが感染させたパソコンの台数は次のとおりである。感染台数の欄0台は、FDのみの感染またはファイルのみの感染を示し、事前の検査により、パソコンに感染する前にウイルスを発見したものである。

感染台数 届出件数
2003/6 2003年合計 2002年合計
0台 1,344 95.9% 6,983 94.8% 18,633 91.5%
1台 31 2.2% 315 4.3% 1,364 6.7%
2台以上 5台未満 18 1.3% 49 0.7% 206 1.0%
5台以上 10台未満 4 0.3% 10 0.1% 59 0.3%
10台以上 20台未満 2 0.1% 4 0.1% 60 0.3%
20台以上 50台未満 1 0.1% 3 0% 23 0.1%
50台以上 1 0.1% 2 0% 7 0%

4.特定日発病ウイルスについて

 ウイルスの被害の拡大を防止する意味から、今回は、IPA/ISEC に届出されたウイルスの中で、7月4日〜8月31日に発病する可能性がある主なウイルスを下記に掲げたので注意されたい。(参考:特定日発病ウイルス[ウイルスカレンダー]

W32/Klez 7月6日、8月6日 (毎月6日に発病)
VBS/Haptime 7月6日、8月5日 (「月」と「日」の合計が13の時に発病)

コンピュータウイルスに関する届出制度について

コンピュータウイルスに関する届出制度は、経済産業省のコンピュータウイルス対策基準に基づき、平成2年4月にスタートした制度であって、コンピュータウイルスを発見したものは被害の拡大と再発を防ぐために必要な情報をIPAに届け出ることとされている。
IPAでは、個別に届出者への対応を行っているが、同時に受理した届出等を基に、コンピュータウイルス対策を検討している。また受理した届出は、届出者のプライバシーを侵害することがないように配慮した上で、被害等の状況を分析し、検討結果を定期的に公表している。

コンピュータウイルス対策基準

  • 通商産業省告示第139号 平成 2年 4月10日制定
  • 通商産業省告示第429号 平成 7年 7月 7日改訂
  • 通商産業省告示第535号 平成 9年 9月24日改訂
  • 通商産業省告示第952号 平成12年12月28日改訂

問い合わせ先:IPAセキュリティセンター(IPA/ISEC)
(ISEC:Information technology SEcurity Center)

TEL:03-5978-7508 FAX:03-5978-7518
E-mail:電話番号:03-5978-7501までお問い合わせください。
相談電話:03-5978-7509 URL:http://www.ipa.go.jp/security/