HOME >> 情報セキュリティ >> ウイルス対策 >> ウイルスの発見届出状況 >> 記事

2002年ウイルス発見届出状況

2003年 1月10日

情報処理推進機構
セキュリティセンター(IPA/ISEC)

情報処理推進機構(略称IPA・村岡茂生理事長)は、2002年1〜12月のウイルス届出データを集計した。

1. 届出件数

年間で20,352件の届出となり、前年(2001年)の24,261件から減少した。

表はウイルス届出件数の年別推移を表し、1990年は14件、1991年は57件、1992年は253件、1993年は897件、1994年は1127件、1995年は668件、1996年は755件、1997年は2391件、1998年は2035件、1999年は3645件、2000年は11109件、2001年は24261件、2002年は20352件を示している。2000年はメール機能悪用ウイルス(MTX、LOVELETTER)の届出が急増し、2001年はメール機能悪用ウイルス(Hybris、MTX、Sircam)が猛威を振るい、セキュリティホール悪用ウイルス(Nimda、Aliz、Badtrans)が出現し、2002年はセキュリティホール悪用ウイルス(Klez)が猛威を振るい、日本語の件名(Fbound)が出現した。

実際にパソコンに感染した(実害があった)ケースは8%にとどまり、ワクチンソフトの導入など適切なウイルス対策が実施されている状況が伺える。

表は感染被害の割合の推移を表し、1998年は2035件でうち80%が感染、20%が発見のみ、1999年は3645件でうち54%が感染、46%が発見のみ、2000年は11109件でうち20%が感染、80%が発見のみ、2001年は24261件でうち19%が感染、81%が発見のみ、2002年は20352件でうち8%が感染、92%が発見のみとなっている。

・「発見のみ」は、ワクチンソフト等で事前にウイルスを発見し、パソコンに感染するのを未然に防いだケース。

2. 届出ウイルス

a)届出されたウイルスは89種類(2001年112種類)で、2002年に初めて届出されたウイルスは19種類で2,745件(2001年22種類11,712件)であった。

2001年後半からセキュリティホールを悪用するウイルスが急増したが、引き続き2002年もW32/Klez、W32/Badtrans等、セキュリティホールを悪用して感染を拡げるウイルスの届出が大半を占めた。このタイプのウイルスは、添付ファイルを開かなくても感染する危険性があるため、Internet Explorerのバージョンアップなどの対策が必要である。

  2001年 2002年 代表的なウイルス
セキュリティホール悪用ウイルス 6,338件 26.1% 15,663件 76.9% Klez、Badtrans、Bugbear
メール機能悪用ウイルス 14,263件 58.8% 3,496件 17.2% Hybris、Magistr、Sircam
マクロウイルス 2,812件 11.6% 872件 4.3% Laroux、Divi
その他のウイルス 848件 3.5% 321件 1.6% QAZ、Funlove
  24,261件 20,352件  

b)届出のあった主なウイルスの名称を下記に示す。

最も届出件数の多いウイルスはW32/Klezで、5ヶ月連続で1,000件を超える届出が寄せられた。次いで、W32/Badtrans、W32/Hybrisの順となっている。W32/Klez(セキュリティホール悪用)ウイルスが、長期間に渡り感染を拡大している状況が伺える。

ウイルス名称 2001年 2002年 メール
機能悪用
セキュリティ
ホール悪用
マクロウイルス
W32/Klez 100 9,648  
W32/Badtrans 3,281 3,336  
W32/Hybris 4,915 870    
W32/Magistr 1,894 720    
W32/Bugbear 641  
W32/Nimda 891 563  
W32/Sircam 3,017 543    
W32/Frethem 485  
XM/Laroux 1,034 441    
W32/Fbound   407    
その他のウイルス 9,129 2,698      
合  計 24,261件 20,352件  

(※)件数には亜種の届出を含む

ウイルス対策のトップページこちらをご覧ください。