IPA/ISEC


2002年10月 7日
情報処理振興事業協会
セキュリティセンター(IPA/ISEC)

コンピュータウイルスの届出状況について[要旨]

W32/Klez ウイルス届出減少!されど油断は禁物!!


●情報処理振興事業協会 セキュリティセンター(IPA/ISEC)は、2002年 9月の届出状況をまとめた。

 9月の届出件数は 1,193件(8月 1,756件)と 2002年で最少の届出件数となった。

 5ヶ月連続で 1,000件を超える届出が寄せられていた W32/Klez ウイルスの届出も 727件と減少した。しかし、依然として 700件を超える届出件数から蔓延している状況は続いているので、油断することなく、ウイルス対策を行うことが肝要である。

今月の呼びかけ:「今こそウイルス対策の再点検を!!」
           
−ウイルス対策は先手必勝!−

 今月は新種ウイルスの届出はなかったが、今後の対策のため、今こそウイルス対策の再点検を行い万全な体制を整えよう。

 WindowsXP や InternetExplorer など、セキュリティホール(安全上の欠陥)が度々発見されている。新たなセキュリティホールを悪用して感染を拡大しているウイルスは今のところ出現していないが、いつ W32/Klez ウイルスのように凶悪なウイルスが出現するかわからない

 仮に出現したとしても被害に遭わないよう日頃から基本的な対策を継続して実施することが重要である。

パソコンユーザのためのウイルス対策 7箇条
 (基本的対策)

ワクチンソフトによる対策:

 ワクチンソフトを活用して行うウイルス対策は非常に効果的である。ただし、インストールしただけではなく、普段から更新をしていないと新種ウイルスの発見ができない状態になり、効果が発揮されないので注意が必要である。

※ プリインストール版は更新できる期間が短く設定されていること(通常は 1ヶ月〜半年程度)が多いので、製品版への移行を推奨する。(製品版は一年以上)

セキュリティホールの解消: ソフトウェアのバージョンアップ

  「Windows Update」 (マイクロソフト社)
 http://windowsupdate.microsoft.com/

特に、今月は下記の修正プログラムが提供されているので、ぜひ適用しておこう。

Internet Explorer 6 Service Pack 1
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/news/ie6SP1.asp

Windows XP Service Pack 1
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/news/wxpSP1s.asp

 IE6 の SP1 においては、OutlookExpress に「メッセージはすべてテキスト形式で読み取る」という設定があるので、HTML メールを受信しても安全なテキスト形式で表示することができる。これにより、ウイルスなどの自動実行を防ぐことができる。

情報セキュリティセミナー開催

 IPA セキュリティセンターは、全国の経済産業局との共催で、情報セキュリティセミナー(ウイルス対策/不正アクセス対策)を10月15日から12月 5日の間に、全国13会場において開催する。

 開催場所、日程、申し込み方法等の詳細は、【情報セキュリティセミナー】開催のお知らせを参照のこと。

       問い合わせ先:IPAセキュリティセンター(IPA/ISEC)
                (ISEC:Information technology SEcurity Center)
                TEL:03-5978-7508 FAX:03-5978-7518
                E-mail: isec-info@ipa.go.jp
                相談電話:03-5978-7509 URL:http://www.ipa.go.jp/security/

    9月のウイルス届出状況の詳細


Copyright © 2002 Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved.