IPA/ISEC


2002年 8月 2日
情報処理振興事業協会
セキュリティセンター(IPA/ISEC)

コンピュータウイルスの届出状況について[要旨]

W32/Frethemウイルスの亜種が猛威を振るう!!


●情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)は、2002年 7月の届出状況をまとめた。

 7月の届出件数は1781件と先月(1965件)より減少した。実害率は6月の6.4%から9.7%と悪化し、なかでもW32/Frethemウイルスは、22.9%にも及んだ。

3日間で届出200件! W32/Frethemウイルスの亜種出現!!

  W32/Frethemウイルスの亜種が出現し、最初の3日間で200件を超える届出が寄せられ、7月全体では315件となった。初めて届出があった月で300件を超えたウイルスは2002年になって初めてである。

 6月初めに出現したオリジナル(原種)は日本語環境では動作しなかったが、7月に入り日本語環境でも動作する機能を追加した亜種が出現して感染が拡がった。

 亜種が出現した直後、ワクチンソフトで発見できない状態が数時間続いた。また、参加メンバーの多いメーリングリスト宛てにウイルスメールが送信されるケースが見受けられ、それらの影響もあり被害が急激に拡大したと思われる。

 
図:W32/Frethemウイルスの受信画面

 W32/Frethemウイルスに感染するとアドレス帳の登録アドレスなどを送信先に指定し、ウイルスを添付したメールを送信する。なお、データを破壊する活動はない。

今月の呼びかけ:「添付ファイルの取り扱いを見直そう!」
           
−ウイルス対策の基本を徹底しよう−

 ワクチンソフトによるウイルス対策は有効であるが、新種や亜種が出現した直後は発見できないケースがある。ワクチンソフトに頼るだけでなく、ウイルス対策の基本「添付ファイルを安易に開かない」を今一度確認していただきたい。

「メールの添付ファイルの取り扱い 5つの心得」  

・ 添付ファイルの見た目に惑わされない。
・ 知り合いから届いた場合でも添付ファイル付きの変なメールは疑ってかかる。
・ 添付ファイルを開く前に最低限ワクチンソフトで検査する。

 さらに、セキュリティホールの解消も重要である。特にInternet ExplorerやOutlook Expressを使用している場合は、セキュリティホールが次々と報告されているので、バージョンアップなどにより、早急にセキュリティホールの解消を行うことが必要である。

「Windows Update」 マイクロソフト社
http://windowsupdate.microsoft.com/

携帯端末機器のウイルス動作に関する調査報告書 公開

 携帯端末機器においてもウイルスメールが届くケースが増えている。現状では、パソコンで動作するウイルスを受信しても、携帯端末において感染することはない。しかしながら、個人情報等の漏洩につながるような問題も懸念されているため、現状を把握し、今後の対策の基礎資料とするための調査を実施し、報告書をまとめたので参照されたい。

Java対応携帯電話機のJavaウイルスの危険性に関する調査・検討報告書

Windows CE 3.0端末のスクリプトウイルスの危険性に関する調査・検討報告書

       問い合わせ先:IPAセキュリティセンター(IPA/ISEC)
                (ISEC:Information technology SEcurity Center)
                TEL:03-5978-7508 FAX:03-5978-7518
                E-mail: isec-info@ipa.go.jp
                相談電話:03-5978-7509 URL:http://www.ipa.go.jp/security/

    7月のウイルス届出状況の詳細


Copyright © 2002 Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved.