IPA/ISEC


2002年 7月 5日
情報処理振興事業協会
セキュリティセンター(IPA/ISEC)

コンピュータウイルスの届出状況について[要旨]

上半期の届出件数11569件!前年同時期の1.2倍!!


●情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)は、2002年 6月及び2002年上半期の届出状況をまとめた。

 2002年上半期の累計届出件数は11569件となり、昨年同時期9569件の1.2倍となった。届出の多かったウイルスはW32/Klez 5005件W32/Badtrans 2973件W32/Hybris 615件となっており、メール機能悪用ウイルスが上位を占めている。また、上位2種はセキュリティホールを悪用するウイルスであった。

 上半期の届出状況の詳細については添付資料「2002年上半期のウイルス発見届出状況」を参照されたい。

  なお、6月の届出件数は1965件(5月2410件)、実際に感染被害を受けた実害率は6.4%(5月7.8%)であった。

 W32/Klezウイルスの届出が1555件届出全体の約8割を占めており、依然として蔓延状況が続いている。

 

今月の呼びかけ:「誰がウイルスを送っているの??」
       
−ウイルス対策をしていない友達はいませんか?−

 

 W32/Klezウイルスは、差出人アドレスを詐称するため、本来の送信者(感染者)を特定することが困難である。また、この種のメール機能を悪用するウイルスは、アドレス帳の登録アドレスにウイルスメールを送信するものがほとんどであり、メール交換をしたことのある友達や知り合いのパソコンが感染している可能性がある


図 W32/Klezウイルス受信画面

 ウイルスが添付されたメールを受信しても感染しないためには、各人が対策を行うことが必要である。メール交換をする友達や知り合いにもウイルス対策を行うように勧めよう

「ワクチンソフトによるウイルス対策」

 ワクチンソフトによる対策は、感染予防に必須であり比較的容易にできる。下記の3ステップを実施しよう。

ステップ1:ワクチンソフトをインストールしよう。

ステップ2:ワクチンソフトの設定を確認し、受信メールを検査するようにしよう。
 ・リアルタイム検索(常時監視)の設定が効果的!

ステップ3:ワクチンソフト(ウイルス定義ファイル)の更新を週一回はしよう。
      (ワクチンソフトのほとんどは、購入後、一定期間無償で更新を行えるサービスが付い
       ている。)
 ・新種(最新)のウイルスに対応するために更新しよう。
 ・定義ファイルを自動的に更新する機能などを積極的に活用しよう。

 発病するとデータを破壊されることになるので、感染を早期発見し、発病前に駆除するためにワクチンソフトを使おう。

      問い合わせ先:IPAセキュリティセンター(IPA/ISEC)
                (ISEC:Information technology SEcurity Center)
                TEL:03-5978-7508 FAX:03-5978-7518
                E-mail:isec-info@ipa.go.jp
                相談電話:03-5978-7509 URL:http://www.ipa.go.jp/security/

     6月のウイルス届出状況の詳細


Copyright © 2002 Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved.