IPA/ISEC


2002年 6月 6日
情報処理振興事業協会
セキュリティセンター(IPA/ISEC)

コンピュータウイルスの届出状況について[要旨]

W32/Klezウイルス蔓延!届出の8割を占める!!


●情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)は、2002年 5月の届出状況をまとめた。

 5月の届出件数は2410件(4月2012件)と2ヶ月連続で2000件を超える高水準となった。また、実際に感染被害を受けた実害率は7.8%(4月6.7%)と1.1ポイント増加した。

 W32/Klezウイルスの届出が1943件※に及び、届出全体の8割を占める状況となった。このウイルスの実害率は7.5%と低く、2次感染は防いでいる傾向が伺えるが、感染していることに気付かずに、ウイルスメールを発信し続けているパソコンユーザが多くいることが推測され、W32/Klezウイルスの蔓延につながっている。

    ※一種類のウイルスの月間届出件数としては、2001年12月W32/Badtransウイルス2701件に次いで
       史上2位の件数

 なお、W32/Klezウイルスに関する相談が数多く寄せられているため、よくある質問を挙げたので、参照していただきたい。

Question:1
私のメールアドレスで、身に覚えのないメールが送られているようです。私のPCはウイルスに感染しているのでしょうか? 

Answer:1
W32/Klezウイルスは差出人を詐称する(偽る)ので、あなたのアドレスが差出人アドレスとしてウイルスに悪用されているだけで感染していない可能性があります。また、下記URLに記載されている対策を予め行っていた場合は、詐称されている可能性が更に高いと思われますので、その場合には、ご友人の方々に下記の参考情報をお知らせしてあげるのが良いと思われます。
「W32/Klez」ウイルスの亜種に関する情報
http://www.ipa.go.jp/security/topics/newvirus/klez.html

Question:2
受信メールをチェックすると毎日10通から20通のエラーメール(又はウイルス検出による警告メール)が届きます。これはウイルスに感染したからなのでしょうか? 

Answer:2
W32/Klezウイルスは、差出人のメールアドレスを詐称するので、「エラーメールが届いた=自分のパソコンが感染」とは限りません。W32/Klezウイルスによって送信されたメールの宛先が不明のため、使われた差出人のアドレス(あなたのアドレス)宛にエラーメールが返信されているケースも考えられます。自分のパソコンが感染したかどうかを調べる一番確実な方法は、最新のワクチンソフトで検査を行うことです。

 その他のFAQについては下記サイトにW32/Klez関連FAQを掲載している。また、「よくある5つの相談事例」もあわせて参照されたい。

W32/Klez関連FAQ

よくある5つの相談事例

 

今月の呼びかけ:「あなたのパソコンは大丈夫??」
       
−ウイルス感染をチェックしよう−

 

 ウイルスに感染しても画面上に症状が現れ、見た目で感染しているとわかるものはほとんどなく、発病するまで気付かないのが常である。そのため、現在大流行しているW32/Klezウイルスのようにデータ破壊を生ずるウイルスの感染に気付かずにいるとパソコンに保存してあるすべてのデータを失う可能性がある

 ウイルスに感染しているかどうかを確認するためには、ウイルス検出データファイルを最新版に更新したワクチンソフトで検査することが必要である。思い当たることがなくとも、いつの間にかウイルスに感染していることもあるので、今一度チェックすることをお勧めする。

ワクチンソフトに関する情報

      問い合わせ先:IPAセキュリティセンター(IPA/ISEC)
                (ISEC:Information technology SEcurity Center)
                TEL:03-5978-7508 FAX:03-5978-7518
                E-mail:isec-info@ipa.go.jp
                相談電話:03-5978-7509 URL:http://www.ipa.go.jp/security/

     5月のウイルス届出状況の詳細


Copyright © 2002 Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved.