IPA/ISEC


2001年 9月 6日
情報処理振興事業協会
セキュリティセンター(IPA/ISEC)

コンピュータウイルスの届出状況について[要旨]

ウイルス届出件数史上最悪の2,809件を記録!!
W32/Sircamウイルス月間届出1,200件を超える!!!


●情報処理振興事業協会セキュリティセンターは、2001年 8月の届出状況をまとめた。

 8月の届出件数は2,809件感染実害件数も592件とこれまでの月間過去最多であった2000年12月(2,778件)及び感染実害件数過去最多2000年11月(546件)を超え、史上最悪の届出件数となった。(7月1,738件、感染実害件数344件)

W32/Sircamウイルス猛威!!月間届出1,257件!!!

W32/Sircamウイルスの届出が1,257件と1種類のウイルスの月間届出として過去最多の件数となった。(1種類のウイルスでは2000年12月のW32/MTXウイルス1,008件が最多)実害件数も281件(22.3%)と猛威を奮っている。

W32/Sircamウイルスの特徴(下図参照)

・同じアドレスに対し、何通もメールを送信し、しかも短い間隔で送信されることがあるため、スパムメール(迷惑メール)のようになる。
・添付ファイルのサイズがウイルス部分だけで134KBと大きいため受信に時間がかかる。
・題名(件名)と添付ファイル名に実在するファイル名を使うため、つい開いてしまい二次感染が起きやすい。

ウイルスメールを受け取らない方法

・プロバイダーの受信拒否サービスやウイルスチェックサービスを利用する。
・Outlook Expressの「メッセージルールの作成」を適切に設定し、ウイルスメールをサーバーから削除する。(細かい設定ができるので、確認することをお勧めする。)

今月の呼びかけ:「セキュリティ機能の設定を適切に」
           
−不正スクリプトによる被害を防ぐ−

 ワクチンソフトによるウイルス対策を適切に行っていても、ブラウザなどにセキュリティホールがあると、ホームページを見ただけで、パソコンが使用不能になるなどの被害に遭うケースがある。これは、ホームページに埋め込まれている不正スクリプトが自動実行されるために生じるもので、8月には、オークションサイトを閲覧して、被害に遭ったという相談が多数寄せられた。 
 このような、不正スクリプトによる被害を防ぐためには、ブラウザのセキュリティ機能を適切に設定することが必要である。(図1参照)

図1.InternetExplorerのセキュリティ機能の設定画面
(スクリプトの実行を無効にする設定例を示す)


     参考:個人ユーザのWebサーフィン、メール利用などに係わる危険性への対策

 また、最新のセキュリティパッチ(修正プログラム)を当てることで、より安全にホームページを閲覧することが出来る。
 図2にマイクロソフト社のセキュリティ情報一覧のページを示す。 Windows、InternetExplorerのユーザは定期的にチェックして活用されたい。 

図2.「Microsoft 社のセキュリティ情報一覧のページ

情報セキュリティセミナー開催

 IPAは、全国の経済産業局と共催で、情報セキュリティセミナー(ウイルス対策/不正アクセス対策)を10月24日から11月29日の間に、全国13会場において無料で開催する。
 本年度は、「エンドユーザー向けコース」と「管理者向けコース」の2コースを同じ会場で同じ日の午前、午後にそれぞれ行う。
 開催場所、日程、申し込み方法等の詳細は、【情報セキュリティセミナー】開催のお知らせを参照のこと。

       問い合わせ先:IPAセキュリティセンター(IPA/ISEC)
                (ISEC:Information technology SEcurity Center)
                TEL:03-5978-7508 FAX:03-5978-7518
                E-mail: isec-info@ipa.go.jp
                相談電話:03-5978-7509 URL:http://www.ipa.go.jp/security/

 

    8月のウイルス届出状況の詳細


Copyright © 2001 Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved.