IPA/ISEC


2001年 7月 5日
情報処理振興事業協会
セキュリティセンター

コンピュータウイルスの届出状況について[要旨]

半年間で届出約1万件(前年同期の約3倍)!!


●情報処理振興事業協会セキュリティセンターは、2001年6月及び2001年上半期のコンピュータウイルスの届出状況をまとめた。

 6月の届出件数は 1,335件と 5月(1,515件)と比較してやや減少。前年同月 549件の約 2.5倍で、引き続き高水準を記録
 実害の割合は2月以降 4ヶ月連続で減少し、6月は11.5%(5月より5ポイント減)となった。
 ワクチンソフトの活用等、適切なウイルス対策が取られており、好ましい状況となっている。
 なお、ウイルスの蔓延状況は相変わらず続いているので、気を抜くことなく適切な対策を継続して実施されたい。

 2001年の上半期の届出件数〔9569件〕は、前年同期間[3290件]の約3倍もの件数となっている。 上半期の届出状況の詳細については添付資料「2001年上半期のウイルス発見届出状況」を参照されたい。

 

あなたの質問もここにあるかも!!
−よくある5つの相談事例−

 IPAのWeb掲載のウイルス関連FAQをリニューアルした。
1)最近よくある相談事例を5つピックアップ(今後随時更新予定)
2)より引きやすくするため、ジャンルを設けて整理 
 FAQの情報をウイルス対策のために活用されることを望む。 
 相談・問い合わせをされる前に是非一読。 

・ウイルス関連FAQより抜粋 

「電子メール(添付ファイル)」
 Q:送信者、件名、本文が空白で、妙な名称(8文字のアルファベット)のexeファイルを受けとったが、ウイルスでしょうか?

 A:W32/Hybrisです。このウイルスに感染すると・・・

 「ウイルス種別(W32/MTX)」
 Q:W32/MTXに感染しました。修復したのですが、「不正処理・・・」が頻繁に表示されます。修復できていないのでしょうか?

 A:W32/MTXに感染すると、システムで使用されている多くの重要なプログラムファイルに・・・・

今月の呼びかけ:「ワクチンソフトでは治らない?!」
           
−ワクチンソフトは感染前の検査予防に活用−

 最近のウイルスは感染時に、システム上の重要なファイルやレジストリ等を改変してしまうものが多く出現しており、それらのウイルスは、感染するとワクチンソフトでは修復できないものがほとんどである。ワクチンソフトのインストールができなかったり、定義ファイルの更新ができないなどの不具合が起こるケースも多く見受けられる。

 感染前ならば、ウイルスファイルを単に削除するだけの対処で済む。感染後では、初期化及び システム等の再インストールを行うしか修復手段が無く、貴重なデータ(アドレス帳、お気に入り、友人からのメールなど)を消失するなど、深刻な事態となってしまう。

 ワクチンソフトは、基本的に、対象を検査発見し感染を未然に防ぐために使うことが最も効果的であり、修復機能が付いているものであっても、必ずしも感染後に駆除(修復)できるものではないことを理解されたい。

 最近では、メールのウイルスチェックサービスを提供するプロバイダーも出てきている。 このようなサービスを利用することも、感染を未然に防ぐためには有効である。サービスの内容等を確認の上利用を検討されたい。

問い合わせ先:IPAセキュリティセンター(IPA/ISEC)
         (ISEC:Information technology SEcurity Center)
         TEL:03-5978-7508 FAX:03-5978-7518
         E-mail: isec-info@ipa.go.jp
         相談電話:03-5978-7509 URL:http://www.ipa.go.jp/security/


 6月のウイルス届出状況の詳細