ipa_isec_logo.gif (2411 バイト)


2001年 6月 7日
情報処理振興事業協会
セキュリティセンター

コンピュータウイルスの届出状況について[要旨]

ワクチンソフト 3つのステップ実施を!!
怪しいメールに要注意!!


●2001年5月ウイルス届出状況

 情報処理振興事業協会 セキュリティセンターは、2001年 5月のコンピュータウイルスの届出状況をまとめた。
 届出件数は 1,515件( 4月度 1,236件)、実害の割合は 16.5%( 4月度 18.0%)。
 1〜5月の届出件数〔8,234件〕は、 前年同期間(2,741件)の 3倍もの件数となっており、より一層の注意が必要である。
 新種ウイルスは、VBS/Homepage 71件、W32/Badtrans 20件、Solaris/Sadmind 7件、VBS/Haptime 3件の 4種類の届出があった。

1. ワクチンソフトによるウイルス対策
    3つのステップ、導入、活用、更新を!!

 ワクチンソフトを持っていない、または持っていても適切に用いていないことによるウイルス被害・相談が数多く寄せられている。
 ワクチンソフトを導入することは勿論であるが、導入しただけでは不十分で、検査対象の設定、定義ファイルの更新等、正しい使い方をしなければウイルス対策はできない。
 ワクチンソフトで適切なウイルス対策を行うために、下記3つのステップを実施されたい。

  参考: 「ワクチンソフトに関する情報

2.このようなメールに要注意!!

メールの添付ファイルとして感染を広げるウイルスが引続き主流である。主なメール悪用ウイルスの受信例を下図に示すので、これらのメールは特に注意すること。

図−1:Hybrisウイルス(2001年1〜5月届出累計2807件と最多のウイルス)

図−2:Homepageウイルス(2001年5月の届出新種ウイルスのうち最多71件)

今月の呼びかけ

  「デマメールに惑わされるな!! ワクチンソフトで検査を!!」

 「sulfnbk.exeというファイルはウイルスなので、削除しなさい」というデマメールが流れている。 デマメールを信用して、被害に遭っているユーザが多数出ているので、必ず IPA/ISEC やワクチンベンダーなどの Web サイトで、正しい情報であるかどうかを確認すること。 また、当該ファイルが感染しているかどうかは、ワクチンソフトで検査し確認すること。

 親切心で流した情報が、逆に相手に迷惑をかける結果となったケースが多数寄せられている。このようなデマメールなどに対する基本的な対処方法は、確認できない情報は他への転送をしないことである。

  デマメール:騒動を起こすために人為的に流されたウイルス等のデマ情報(HOAX)で、警告の転送を促すなどのチェーンメールの効果を狙う電子版「不幸の手紙」である。

 参照:「sulfnbk.exeに関するデマメール情報

問い合わせ先:IPAセキュリティセンター(IPA/ISEC)
         (ISEC:Information technology SEcurity Center)
         TEL:03-5978-7508 FAX:03-5978-7518
         E-mail: isec-info@ipa.go.jp
         相談電話:03-5978-7509 URL:http://www.ipa.go.jp/security/


 5月のウイルス届出状況の詳細