2001年5月11日
情報処理振興事業協会

コンピュータウイルスの届出状況について[要旨]

ウイルス対策ソフトはアップデートが必須!!
定義ファイル、週に一度は更新を!!


●2001年4月ウイルス届出状況

 情報処理振興事業協会(略称IPA・村岡茂生理事長)は、2001年4月のコンピュータウイルスの届出状況をまとめた。 届出件数は1236件とやや減少したが、前年同月の約2.6倍であり、ウイルスの蔓延は収まっておらず、引続き注意が必要である。

1.ウイルス対策ソフトはアップデートが必須!! 定義ファイル、週に一度は更新を!!

 ウイルス対策ソフトは、警察機構に例えられるソフト本体と、ウイルスの手配書に当たる定義ファイルから構成される。したがって、新種・変種ウイルスの検出のため、手配書に当たる定義ファイル(パターンファイル、ウイルスDATファイル、ウイルス定義ファイルなど)を、頻繁に更新する必要がある。

 図−1にもあるように、1年前にしか更新していないユーザは、4月の届出の内、実に4分の3のウイルスは検出漏れとなる。半年前の更新でも、全体の約半分は検出できないことになる。
ウイルス定義ファイルのアップデートは必須であり、一般ユーザでも1週間に1回は、アップデートを行うことが必要である。

図−1:2001年4月届出ウイルスがいつから出現しているか

参考:主なワクチンソフトのウイルス定義ファイルの更新履歴一覧

    主なワクチンソフトのウイルス定義ファイルの確認方法

2.新種W32/Magistrウイルスに注意、発病前に検出・駆除を!!

 新種W32/Magistrウイルスの4月の届出件数は59件で、初めて届出のあった月間の届出件数としてはかなり多く、感染が広がっていることを示している。
 このウイルスは、メールの添付ファイルを介して感染を広め、感染時にOutlook Expressのアドレス帳からアドレスを入手して送信する。
 感染すると、1ヵ月後にハードディスクのデータ破壊や、BIOS内容の破壊(メーカ修理が必要)等の発病機能を持つ危険なウイルスである。ウイルス対策ソフトで発病前に検出・駆除することが肝要である。

BIOS(バイオス):
 基本入出力システム(Basic Input/Output Systemの略)で、OSやアプリケーションソフトと周辺機器(キーボード、 フロッピーディスクドライブ、ハードディスクなど)の間でのデータの受け渡しの制御を行う。
 通常、ROM(Read Only Memoryの略)の形式でパソコンの中に組み込まれる。この内容が破壊されると、パソコンが起動できなくなる。

今月の呼びかけ

  「データファイルに見せかけた添付ファイルにご用心!!」

 添付ファイル名称を、テキストや画像などの無害なデータファイルに見せかけた ウイルスが出現している。ファイルのアイコンや名称を良く確認せずに実行すると被害に遭う。 必ずウイルス対策ソフトで検査を行い、ウイルスに感染していないことを確認すること。 参考として、無害なデータファイルに見せかけたウイルス添付ファイルを下記に示す。
無害なデータファイル ウイルス添付ファイル ウイルス名
VBS/LOVELETTER
W32/MTX
VBS/SST

問い合わせ先:IPAセキュリティセンター
         TEL:03-5978-7508 FAX:03-5978-7518
         E-mail: isec-info@ipa.go.jp
         相談電話:03-5978-7509 URL:http://www.ipa.go.jp/security/


4月のウイルス届出状況の詳細