2000年8月4日
情報処理振興事業協会

コンピュータウイルスの発見届出状況について(抜粋)

1.2000年7月ウイルス発見届出状況

 情報処理振興事業協会(略称IPA・村岡茂生理事長)は、2000年7月のコンピュータウイルスの発見届出状況をまとめた。

 ●発見届出件数

700件(先月549件、1月〜7月累計3,990件)

  ['99年7月 299件、'99年一年間3,645件(月平均約304件)、'99年1月〜7月:2,235件]  
  ['90年4月から2000年7月までの届出総数15,832件] 

 ●発見届出状況

 発見届出件数は700件と、VBS/LOVELETTERウイルスの届出により急増した2000年5月の900件に次ぐ、過去第2位の件数となった。特にVBS/Stagesウイルスの届出が246件と、1種類のウイルスの月間届出件数としてVBS/LOVELETTER(2000年5月346件)に次いで過去第2位となった。また、1月から7月までの累計届出件数は、 昨年1年間の届出件数を越えており、年間の過去最高を更新している。

 感染経路は、メールによるものが97%(不明を除く)と、ほとんどを占めている。
 届出ウイルスの種類は38種類で、一番届出の多かったウイルスは、VBS/Stagesが246件(先月11件)である。次いでXM/Larouxが66件(先月88件)、Wscript/Kakwormが57件(先月31件)であった。 7月の新種ウイルスは、「W97M/Smac」「W97M/Proverb」「W97M/Claud」「W97M/JulyKiller」 の4種類である。

2.今月の特記事項

(1)「VBS/Stages」ウイルスの届出急増

 先月新種ウイルスとして登録された「VBS/Stages」の届出が急増し、今月は246件(先月11件)となった。このウイルスはVBS(Visual Basic Script)タイプのスクリプトウイルスでメールに添付されて感染が拡がる。メールに添付されているファイル名(LIFE_STAGES.TXT.SHS)の拡張子は「SHS」(スクラップファイル)である。
 なお、このSHS拡張子は、Windows上ではファイル名称の表示時に「.SHS」拡張子部分が表示されないので注意すること。Outlookのアドレス帳からアドレスを盗んで送信するので、特に知合いからの添付メールには注意し、「不用意に添付ファイルを実行(ダブルクリック)しないこと」を常に心がける必要がある。
 VBS/Stagesの詳細は、こちらを参照。
 また、今までに届出されたウイルスのデータベースをIPAのWebサイトに掲載しているので、参照されたい。

(2)メール機能悪用ウイルス届出増加・年間届出件数が過去最高に、実害は減少傾向

 1月から7月までの累計届出件数3,990件は、昨年1年間の届出件数3,645件を越えており、年間の過去最高を更新している。ただし感染実害は1月から7月までの累計で690件と、昨年同時期累計の1417件に比べて半分以下になっている。
 メール機能を悪用するウイルスによる感染が顕著で、感染経路のうち海外を含むメールによるものは、98年40.6%、99年67.0%、2000年上半期86.0%と急激に増加している。一旦感染すると、メール機能を使って、非常に多くの相手先に一瞬でウイルスが撒かれることになる。
 事前の感染防止のためには、添付ファイルの取り扱いには十分な注意が必要である。添付ファイルの具体的な取り扱いについてまとめた「メールの添付ファイルの取り扱い5つの心得」を参照のこと。

(3)危ないWEBサイト

 最近、ウイルスに感染したかのようなメッセージを表示するWebサイトやウイルスに似通った妙な動作を起こすプログラムに関する相談や届出が寄せられている。代表的な相談例を次に示す。 

(相談例)
  1.Webサイトを見に行ったら、「あなたのマシンはウイルスに感染した。」「修復には、このプログラムを実行する必要がある。」と表示されたので、ダウンロードして実行すると、パソコンの調子がおかしくなった。
  2.知人から受け取ったメールの署名欄のURLを見に行ったところ、いきなりダウンロードが始まりファイルが保存された。そのファイルを実行後、メール送信時に、署名欄に特定のWebサイトのURLが追加されるようになった。 

 これらの例はいずれもウイルスではなかったが、このようなトラブルに巻き込まれないためには、ダウンロードファイルを安易に実行しないことが重要である。 
 参照:安易なダウンロードがもたらす大きな被害について


コンピュータウイルスに関する届出制度について

 コンピュータウイルスに関する届出制度は、通商産業省のコンピュータウイルス対策基準に基づき、'90年4月にスタートした制度であって、コンピュータウイルスを発見したものは被害の拡大と再発を防ぐために必要な情報をIPAに届け出ることとされている。
 IPAでは、個別に届出者への対応を行っているが、同時に受理した届出等を基に、コンピュータウイルス対策を検討している。また受理した届出は、届出者のプライバシー を侵害することがないように配慮した上で、被害等の状況を分析し、検討結果を定期的に公表している。

 ○コンピュータウイルス対策基準
  ・通商産業省告示第139号 平成2年4月10日制定
  ・通商産業省告示第429号 平成7年7月 7日改訂
  ・通商産業省告示第535号 平成9年9月24日改訂


今月、届出のあったウイルスは38種類であった。 届出件数の多いウイルスは、VBS/Stagesが246件、 XM/Laroux が66件となっている。初めて届けられたウイルスは、 「W97M/Smac」「W97M/Proverb」「W97M/Claud」「W97M/JulyKiller」の4種類(※印)である。  (マクロウイルス、スクリプトウイルス 593件、Windows、DOS、MACウイルス 107件) 

マクロウイルス 届出件数 スクリプトウイルス 届出件数
 XM/Laroux 66  VBS/Stages

246

 W97M/Marker 29  Wscript/KakWorm 57
 W97M/X97M/P97M/Tristate 25  VBS/LOVELETTER 55
 X97M/Divi 17  VBS/Netlog
 W97M/Ethan 16    
 W97M/Smac(※) 15     
 XM/VCX.A 10 Windows、DOSウイルス 届出件数
 W97M/Class  W32/Ska 48
 W97M/Proverb(※)  W32/PrettyPark 31
 W97M/Thus  Anti-CMOS 17
 W97M/Myna  Cascade
 WM/Cap  B1
 W97M/Melissa  W32/Fix2001
 W97M/Chack  Form  1
 W97M/Claud(※)  W32/CIH
 W97M/Opey  Stoned  1
 W97M/Pri    
 W97M/Taro     
 XF/Sic    
 W97M/JulyKiller(※)    
 W97M/Panther    
 W97M/Story    
 W97M/Verlor Macintoshウイルス 届出件数
 W97M/Walker  AutoStart9805

注)
 ウイルス名欄で、
  XM、XFは、MSexcel95、97で動作するウイルス。(ExcelMacro、ExcelFormulaの略)
  W97Mは、MSword97で動作するウイルス。(Word97Macroの略)
  W97M/X97M/P97Mは、MSword97、MSexcel97、MSpowerpoint97で動作するウイルスを示す。
  (Word97Macro/Excel97Macro/PowerPoint97Macroの略)
  X97Mは、MSexcel97で動作するウイルス。(Excel97Macroの略)
  WMは、MSword95で動作するウイルス。(WordMacroの略)
  W32/は、Windows32ビット環境下で動作するウイルスを示す。
  VBS/は、VisualBasicScriptで記述されているウイルスを示す。
  Wscriptは、WindowsScriptingHost環境下(VBSを除く)で動作するウイルスを示す。

  7月の発見届出の詳細

 

問い合わせ先:

IPA(情報処理振興事業協会)セキュリティセンターウイルス対策室

TEL 03-5978-7508 FAX 03-5978-7518 E-mail virus@ipa.go.jp