2000年7月7日
情報処理振興事業協会

コンピュータウイルスの発見届出状況について(抜粋)

1.2000年6月ウイルス発見届出状況

 情報処理振興事業協会(略称IPA・村岡茂生理事長)は、2000年6月のコンピュータウイルスの発見届出状況をまとめた。

 ●発見届出件数

549件(先月900件、1月〜6月累計3,290件)

  ['99年6月 385件、'99年一年間3,645件(月平均約304件)、'99年1月〜6月:1,936件] 

  ['90年4月から2000年6月までの届出総数15,132件] 

 ●発見届出状況

  発見届出件数は549件と、VBS/LOVELETTERウイルス事件が落ち着いてきたこともあり、先月の900件に比べ減少しているものの、史上第2位の500件を越える件数となった。

 感染経路は、メールにより感染したケースが最も多く、海外からのメールにより感染したケースを含めると不明を除いた届出件数の約94%を占めている。
  届出ウイルスの種類は34種類で、一番届出の多かったウイルスは、VBS/LOVELETTERが149件  (先月346件)であるが、このうち6月に発見されたケースは1割弱の14件と前月の騒ぎから鎮静化の方向に進んでいる(5月の発見の事後報告が残り9割)。次いでXM/Larouxが88件(先月104件)、W97M/Markerが53件(先月34件)であった。
  6月の新種ウイルスは、「VBS/Stages」「VBS/Netlog」「W97M/Walker」「XF/Sic」の4種類である。

2.今月の特記事項

(1)2000年上半期(1月〜6月)ウイルス発見届出状況

   2000年上半期のウイルス発見届出件数は、3,290件となった。このうち、添付ファイルを受け取ったのみ等のパソコン感染前に発見し感染に至らなかった件数は、2,682件と、約82%を占めており、ウイルス対策が浸透し、その効果により実際の感染被害の増加が抑制されていると考えられる。2000年上半期の届出状況を前年(1999年1年間)のデータを併記してまと めた「2000年上半期(1月〜6月)ウイルス発見届出状況」を添付する。

(2)「VBS/Stages」ウイルスについて  

  6月の新種ウイルスである「VBS/Stages」は、VBS(Visual Basic Script)タイプのスクリプトウイルスであるが、添付されているファイル名の拡張子は「SHS」(スクラップファイル)であるので、ウイルス定義ファイルを更新するとともに、ワクチンソフトの検査対象に、拡張子がSHSのファイルも追加すること。なお、このSHS拡張子は、Windows上では、ファイル名称の表示時に「.SHS」拡張子部分が表示されないので注意すること。
    参考:新ウイルス「VBS/Stages」に関する情報

(3)メールの添付ファイルの取り扱い5つの心得

 メール機能を悪用するウイルスが増加しており、添付ファイルの取り扱いには十分な注意が必要である。特に怪しげな添付ファイル付きのメールは、知合いからのものこそ注意すべきである。
 「不用意に添付ファイルを実行(ダブルクリック)しないこと」を常に心がける必要がある。
  添付ファイルの具体的な取り扱いについてまとめた「
メールの添付ファイルの取り扱い5つの心得」を添付する。

(4)安易なダウンロードがもたらす大きな被害について

 インターネットのWEBページからダウンロードしたプログラムによりトラブルに遭ったユーザから、ウイルスに感染したのではないかとの問合せが数多く寄せられている。ついうっかりとプログラムをダウンロードし実行してしまうと、それが悪意あるプログラムであった場合には、ハードディスクのデータが破壊されるなどのさまざまなトラブルを招くことがある。これらのプロ グラムはウイルスではないケースが多く、従ってワクチンソフトでは検出されない可能性が高いので、検査によってウイルスが検出されないからといって安全とは言えない。
 「信頼できるサイト以外からはプログラムをダウンロードしないこと」 を守り、トラブルに遭わないようにユーザ自身が自己の責任で対処することが必要である。 
 インターネットを利用する上で、プログラムのダウンロードによるトラブル防止についてまとめた「
安易なダウンロードがもたらす大きな被害について」を添付する。


コンピュータウイルスに関する届出制度について

 コンピュータウイルスに関する届出制度は、通商産業省のコンピュータウイルス対策基準に基づき、'90年4月にスタートした制度であって、コンピュータウイルスを発見したものは被害の拡大と再発を防ぐために必要な情報をIPAに届け出ることとされている。
 IPAでは、個別に届出者への対応を行っているが、同時に受理した届出等を基に、コンピュータウイルス対策を検討している。また受理した届出は、届出者のプライバシー を侵害することがないように配慮した上で、被害等の状況を分析し、検討結果を定期的に公表している。

 ○コンピュータウイルス対策基準
  ・通商産業省告示第139号 平成2年4月10日制定
  ・通商産業省告示第429号 平成7年7月 7日改訂
  ・通商産業省告示第535号 平成9年9月24日改訂


今月、届出のあったウイルスは34種類であった。届出件数の多いウイルスは、VBS/LOVELETTERが149件、 XM/Laroux が88件となっている。初めて届けられたウイルスは、「VBS/Stages」 「VBS/Netlog」「W97M/Walker」「XF/Sic」 の4種類(※印)である。(マクロウイルス、スクリプトウイルス 454件、Windows、DOS、MACウイルス 95件)

マクロウイルス 届出件数 Windows、DOSウイルス 届出件数
 XM/Laroux 88  W32/Ska 51
 W97M/Marker 53  W32/PrettyPark 24
 W97M/Ethan 25  W32/Fix2001 11
 W97M/Class 15  アンチシーモス
 W97M/Thus 15  W32/CIH
 W97M/X97M/P97M/Tristate 12  W32/Marburg
 X97M/Divi 10    
 W97M/Walker(※)    
 W97M/Melissa    
 XM/VCX.A    
 W97M/Locale    
 W97M/Myna    
 W97M/Chack    
 W97M/Eight941    
 W97M/Vmpck1    
 W97M/Astia    
 W97M/Jedi    
 W97M/Nono    
 W97M/Opey    
 W97M/Story    
 WM/Cap    
 XM/Extras    
 XF/Sic(※)    
スクリプトウイルス 届出件数 Macintoshウイルス 届出件数
 VBS/LOVELETTER 149  AutoStart9805

 Wscript/KakWorm 31    
 VBS/Stages(※) 11    
 VBS/Netlog(※)    

注)
 ウイルス名欄で、
  XM、XFは、MSexcel95、97で動作するウイルス。(ExcelMacro、ExcelFormulaの略)
  W97Mは、MSword97で動作するウイルス。(Word97Macroの略)
  W97M/X97M/P97Mは、MSword97、MSexcel97、MSpowerpoint97で動作するウイルスを示す。
  (Word97Macro/Excel97Macro/PowerPoint97Macroの略)
  X97Mは、MSexcel97で動作するウイルス。(Excel97Macroの略)
  WMは、MSword95で動作するウイルス。(WordMacroの略)
  W32/は、Windows32ビット環境下で動作するウイルスを示す。
  VBS/は、VisualBasicScriptで記述されているウイルスを示す。
  Wscriptは、WindowsScriptingHost環境下(VBSを除く)で動作するウイルスを示す。

  6月の発見届出の詳細

 

問い合わせ先:

IPA(情報処理振興事業協会)セキュリティセンターウイルス対策室

TEL 03-5978-7508 FAX 03-5978-7518 E-mail virus@ipa.go.jp