VBS/Stagesウイルス国内届出急増の警告

平成12年7月24日更新
情報処理振興事業協会
セキュリティセンター(IPA/ISEC)


 VBS/Stagesウイルスの届出が7月に急増し、200件(※)を越えています。(※7月24日現在の届出件数 245件)
 (VBS/Stagesは、6月に初めて届出されたウイルスで、6月の届出は11件)
 このウイルスは、「LIFE_STAGES.TXT.SHS」という名称のSHSファイルをメールに添付して感染を広げます。この名称の添付ファイルを受け取ったときは、絶対に実行しないでください。


 本ウイルスは、添付ファイルを無害のテキストファイルであるかのように見せかけています。
 見かけに騙されて、安易に添付ファイルを実行(ダブルクリック)しないように、注意してください。

 SHSファイルは、ファイルの拡張子を表示する状態に設定されていても、Windows上では拡張子が表示されません。また、アイコンがテキストファイル(拡張子が.txt)のアイコンに似ているので、注意が必要です。

     ・SHSファイルのアイコン                      ・テキストファイルのアイコン    

  原寸大

  
                       
●予防対策

本ウイルスは、「メールの添付ファイルを不用意に実行しない」というウイルス対策の基本を確実に守れば、感染・発病しません。

 1.メールの添付ファイルを不用意に実行(ダブルクリック)しない。
   下記の心得を参照して対策に活用してください。

   メールの添付ファイルの取り扱い5つの心得

 2.最新のワクチン及びウイルス定義ファイルを利用する。
  各ワクチンメーカのWebサイトを参照して、最新のウイルス定義ファイルに更新してください。 

   主なワクチンベンダーのWebサイト等一覧 

 3.ワクチンソフトの検査対象に、SHSの拡張子を追加する。
   下記サイトの設定方法に関する情報を参照してください。

   主なワクチンソフトの検査対象の設定方法


SHSファイルの見分け方

・メール上でのSHSファイルの見分け方
(1)添付ファイルのファイル名で拡張子が.shsであれば、SHSファイルである。
(2)添付ファイルの表示アイコンが、上記SHSファイルのアイコンかどうか確認する。(アイコンが表示されない場合は、次のプロパティによる確認を行う。)

・プロパティによるSHSファイルの見分け方
 @で、ファイル名が、LIFE_STAGES.TXTと表示され、一見テキストファイルであるかのような表示となる。
 しかしながら、
 Aで、種類がスクラップオブジェクトと表示されている。
 Bで、MS-DOSファイル名の拡張子が .SHS と表示されている。
 Cで、アイコンがSHSファイルであることを示している。

●ウイルスの概要
 このウイルスは、メールに添付された SHSファイル(スクラップファイル)を実行する(ダブルクリックして開く行為をする)ことによって感染・発病します。LIFE_STAGES.TXT.SHSファイルを実行してしまった(ダブルクリックしてしまった)場合、表面的には何事もなかったかのように見えるかもしれませんが、ウイルスによる動作が行われている可能性が高いと考えられます。
 実行せずに添付ファイルを削除(メールごと削除するのが簡易)してしまえば被害に遭いませんが、万一、感染・発病してしまうと、次のような症状が現れます。

 (1)テキストを表示
 (2)ウイルスの複製および関連ファイルの作成
 (3)REGEDIT.EXEをゴミ箱に移動
 (4)ウイルスによるメールの自動送信
 (5)IRC(インターネット・リレーチャット)を通じての自己増殖 

「VBS/Stages」に関する詳細はこちらを参照してください。


 セキュリティセンターのホームページはこちらを、情報処理振興事業協会(IPA)のホームページはこちらをご覧ください。