HOME情報セキュリティIPAテクニカルウォッチ「企業における情報セキュリティ対策効果に関する検証」

本文を印刷する

情報セキュリティ

IPAテクニカルウォッチ「企業における情報セキュリティ対策効果に関する検証」

最終更新日:2014年3月19日
独立行政法人情報処理推進機構

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)は、情報セキュリティにおける各種対策について、その効果を分析したレポート「企業における情報セキュリティ対策効果に関する検証」を2014年3月19日からIPAのウェブサイトで公開しました。
 近年、不正アクセスによるウェブ改ざん、標的型攻撃による情報漏えいなど、いわゆる情報セキュリティインシデントが多く報道されています。それを受け、情報セキュリティの重要性は認識され、ほぼすべての組織が何らかの対策を講じています。しかし、多くある対策のうち、どの対策がどの程度セキュリティ確保に寄与しているのかに関して、科学的な分析による効果はほとんど知られていません。

 本レポートでは、多くの組織が遭遇する可能性が高いウイルス感染被害に焦点を当て、どのような情報セキュリティ対策が、ウイルス感染リスクを低減させる効果を持つのかについて、企業を対象としたアンケート調査のデータを用いて検証しました。

 統計学で用いられる手法を使って分析した結果、「ウェブ閲覧フィルタの導入」や「記録媒体の持込み・持出しの制限」といった対策が、ウイルス感染リスクを低減する効果があることが明らかになりました。

 分析方針や結果等の詳細については、下記よりレポート(PDF版)をダウンロードしてご参照ください。

本レポートの目次

   1.はじめに
   2.調査データの概要と分析手法
   3.分析結果
   4.おわりに
タイトル 公開日 ダウンロード
企業における情報セキュリティ対策効果に関する検証
~ ウイルス感染リスクを低減する効果的な対策が明らかに ~

2014年
3月19日

本件に関するお問い合わせ先

IPA 技術本部 セキュリティセンター Tel: 03-5978-7530  Fax: 03-5978-7546  E-mail: 電話番号:03-5978-7530までお問い合わせください。