IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

Windows Vista用「システムの復元」実施手順書

2010年2月12日
独立行政法人情報処理推進機構
セキュリティセンター(IPA/ISEC)

はじめに

 ここでは、Windows Vistaで「システムの復元」を行うための具体的な手順を説明します。作業中はインターネットへのアクセスができなくなるため、この手順書を印刷しておくことを勧めます。

 なお、本手順書中の画面は、お使いのパソコンによって表示内容が若干異なる場合があります。ご了承ください。

ステップ1.Windowsをセーフモードで起動する

 最初に、Windowsを「セーフモード」というメンテナンス用のモードで起動します。Windowsは、起動処理の途中で「F8」キーが押されると、通常の起動処理を中断し、起動方式を選ぶことができます。

1-1. Windowsをシャットダウンして、電源を切ります。図1のように、スタートメニューの右下にある、小さな矢印マークにカーソルを合わせて表示される「シャットダウン」をクリックすれば、シャットダウンすることができます。

図1 シャットダウンの方法
図1 シャットダウンの方法

 

1-2. キーボードの上部にある「F8」キーの位置を確認しておきます。

1-3. パソコンの電源を入れます。電源を入れたらすぐに、「F8」キーを1秒間に2〜3回程度の間隔で押します(連打し続けます)。図2の画面が表示されたら、押すのをやめます。

※ 図2の画面にならず、Windowsが通常起動してしまった場合は、1-1.からやり直してください。何度試しても図2の画面にならない場合は、お使いのパソコンのメーカーへ「セーフモードでのWindowsの起動の方法」を問い合わせてください。

※ 図2の画面でもWindowsでもない画面(BIOS設定画面などと呼ばれます)が表示されてしまう場合は、お使いのパソコンのメーカーへ「セーフモードでのWindowsの起動の方法」を問い合わせてください。

図2 「詳細ブート オプション」の画面
図2 「詳細ブート オプション」の画面

 

1-4. 図2の画面では、上下の矢印キー(「↑」「↓」)で、白黒反転した行を移動させることができます。「セーフ モード」という行が白黒反転した状態で、Enterキーを押します。

1-5. Windowsが起動します。この時、図3のようにWindowsへログオンするユーザーを選択する画面が表示される場合があります。「システムの復元」を実行するには、管理者権限を持ったユーザーでWindowsへログオンする必要があります。

※ 管理者ユーザーのパスワードが分からないなどの理由でログオンできない場合は、本手順を実施することはできません。画面右下の赤い電源ボタンをクリックすることで、パソコンの電源を切ることができます。

図3 ログオンユーザー選択画面
図3 ログオンユーザー選択画面

 

1-6. Windowsにログオンすると、図4のような画面が表示されます。「Windows ヘルプとサポート」というウィンドウは不要なので、×ボタンで閉じます。その後、次のステップ2.へ進んでください。

図4 セーフモードでログオンした直後の画面
図4 セーフモードでログオンした直後の画面

 

ステップ2.「システムの復元」を起動する

 Windowsをセーフモードで起動することに成功したら、次に「システムの復元」を起動します。

2-1. 図5のように、画面左下の「スタート」メニューをクリックし、そのすぐ上に表示される「すべてのプログラム」をクリックします。

図5 「システムの復元」の起動 その1
図5 「システムの復元」の起動 その1

 

2-2. 図6のように画面が切り替わったら、「アクセサリ」という項目をクリックします。

図6 「システムの復元」の起動 その2
図6 「システムの復元」の起動 その2

 

2-3. 図7のように「アクセサリ」の内容が表示されたら、その中の「システム ツール」という項目をクリックします。

図7 「システムの復元」の起動 その3
図7 「システムの復元」の起動 その3

 

2-4. 図8のように「システム ツール」の内容が表示されたら、その中の「システムの復元」という項目をクリックします。

図8 「システムの復元」の起動 その4
図8 「システムの復元」の起動 その4

 

2-5. 「システムの復元」ウィンドウが開いたら、次のステップ3.へ進んでください。

 

※ 図9のようなウィンドウが表示された場合は、現在ログオンしているユーザーにパソコンの管理者権限が与えられていないことを示しています。表示された管理者ユーザーのパスワードを入力し(パスワードを設定していない場合は何も入力せず)、「OK」ボタンをクリックしてください。

図9 「ユーザー アカウント制御」ウィンドウ
図9 「ユーザー アカウント制御」ウィンドウ

 

ステップ3.トラブル発生日以前の「復元ポイント」を選択する

 続いて、「システムの復元」ウィンドウで操作を行い、適切な「復元ポイント」を選びます。

3-1. 「システム ファイルと設定の復元」と書かれたウィンドウ(図10)で、「次へ」ボタンをクリックします。

図10 「システム ファイルと設定の復元」画面
図10 「システム ファイルと設定の復元」画面

 

3-2. 「システム ファイルと設定を復元します。」画面に切り替わります(図11)。ここでは、「別の復元ポイントを選択する」をクリックし選択してから、「次へ」ボタンをクリックします。

図11 「システム ファイルと設定を復元します。」画面
図11 「システム ファイルと設定を復元します。」画面

 

3-3. 「復元ポイントを選択してください。」画面に切り替わります(図12)。まず、画面下部の「経過日数が5日を超えている復元ポイントを表示する」というチェックボックスがある場合は、そこをクリックしてチェックを入れます。これにより、パソコンに保存されている全ての「復元ポイント」の日時とその説明が一覧表示されます。この中から、パソコンにトラブルが発生した日より前の復元ポイントを探し、クリックして選択します。「復元ポイント」の行に色が付いたことを確認して、「次へ」ボタンをクリックし、次のステップ4.へ進んでください。

図12 「復元ポイントを選択してください。」画面
図12 「復元ポイントを選択してください。」画面

 

※ 適切な「復元ポイント」が存在しない場合は、「システムの復元」による解決はできません。「キャンセル」ボタンをクリックして「システムの復元」を終了し、他の手段(システムの初期化など)でシステムの復旧を試みてください。

ステップ4.「システムの復元」を実行する

 選択した「復元ポイント」へシステムの状態を巻き戻す処理を行い、結果を確認します。

4-1. 「復元ポイントの確認」と書かれたウィンドウ(図13)が表示されます。表示されている復元先の日付と時間を確認し、「完了」ボタンをクリックします。

図13 「復元ポイントの確認」画面
図13 「復元ポイントの確認」画面

 

4-2. 図14のような警告ダイアログウィンドウが表示されます。「はい」ボタンをクリックします。

図14 警告ダイアログウィンドウ
図14 警告ダイアログウィンドウ

 

4-3. あとは、選択した「復元ポイント」の時点までシステムの状態を巻き戻す処理が自動的に行われます(図15)。処理の途中で、パソコンが再起動します。

図15 「システムの復元」実行中画面
図15 「システムの復元」実行中画面

 

4-4. 再起動後、ログオンするユーザーの選択画面が表示された場合は、管理者ユーザーでログオンします。

4-5. 図16のように、「システムの復元」が成功したか否かが画面に表示されます。成功した場合は「システムの復元は正常に完了しました」と表示され、失敗した場合は「復元は未完了」などと表示されます。画面右下の「閉じる」ボタンをクリックします。

図16 「システムの復元」結果表示画面
図16 「システムの復元」結果表示画面

 

※ 復元が未完了(復元失敗)で終わった場合、システムの状態はこの作業を行う前の状態から変わっていません。画面右下の「閉じる」ボタンをクリックした後、一度パソコンを再起動してください。その後は、他の復元ポイントで再度この手順を試すか、他の手段(システムの初期化など)でシステムの復旧を試みてください。

4-6. 通常のデスクトップ画面が表示されたら、一度パソコンを再起動します。

4-7. 再びパソコンが起動したら、パソコンの動作に問題があることを確認していたユーザーでログオンし、いつも通り操作を行い、問題が解決したか否かを確認します。

 

※ 本手順書について不明点がございましたら、「コンピュータウイルス110番」へご連絡ください。

 

Copyright (c) IPA, Japan. All rights reserved 2010