IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

Windows 8用「システムの復元」実施手順書

2012年12月7日
独立行政法人情報処理推進機構
セキュリティセンター(IPA/ISEC)

はじめに

 ここでは、Windows 8で「システムの復元」を行うための具体的な手順を説明します。作業中はインターネットへのアクセスができなくなるため、この手順書を印刷しておくことを勧めます。

 なお、本手順書中の画面は、お使いのパソコンによって表示内容が若干異なる場合があります。ご了承ください。

 また、パソコンによっては本手順書通りに動作しない場合があります。その際は、パソコンメーカーに「セーフモードからのシステムの復元」についてお問い合わせいただくことをお勧めします。

ステップ1.Windowsをセーフモードで起動する

 最初に、Windowsを「セーフモード」というメンテナンス用のモードで起動します。

1-1. パソコンを起動して[スタート]画面を表示します。

1-2. タッチディスプレイの場合は、画面右端から画面中央に向かってスワイプ(指を画面に当てて滑らせる動作)してチャームを表示します。マウスの場合は、画面右上端か右下端にマウスポインタを置いてチャームを表示します(図1、図2参照)。

図1 [スタート]画面からチャームを表示
図1 [スタート]画面からチャームを表示

 

1-3. チャームの中から、「設定チャーム」をタップ、またはクリックします(図2参照)。

図2 「設定チャーム」の起動
図2 「設定チャーム」の起動

 

1-4. [設定メニュー]画面が表示されますので、その中の「PC設定の変更」をタップ、またはクリックします(図3参照)。

図3 [設定メニュー]画面
図3 [設定メニュー]画面

 

1-5. [PC設定]画面が表示されますので、画面左側のメニューから「全般」をタップまたはクリックします(図4参照)。

図4 [PC設定]画面
図4 [PC設定]画面

 

1-6. 「全般」から、“PCの起動をカスタマイズする”内にある、「今すぐ再起動する」ボタンをタップ、またはクリックします(図5参照)。

図5 “PCの起動をカスタマイズする”メニュー画面
図5 “PCの起動をカスタマイズする”メニュー画面

 

1-7. 再起動処理が開始されます。次の画面が表示されるまで、しばらくお待ち下さい(図6参照)。

図6 [お待ち下さい]画面
図6 [お待ち下さい]画面

 

1-8. 次に[オプションの選択]画面が表示されますので、「トラブルシューティング」をタップ、またはクリックします(図7参照)。

図7 [オプションの選択]画面
図7 [オプションの選択]画面

 

1-9. [トラブルシューティング]画面が表示されますので、「詳細オプション」をタップ、またはクリックします(図8参照)。

図8 [トラブルシューティング]画面
図8 [トラブルシューティング]画面

 

1-10. [詳細オプション]画面が表示されますので、「スタートアップ設定」をタップ、またはクリックします(図9参照)。

図9 [詳細オプション]画面
図9 [詳細オプション]画面

 

1-11. [スタートアップ設定]画面が表示されますので、「再起動」をタップ、またはクリックします(図10参照)。

図10 [スタートアップ設定]画面
図10 [スタートアップ設定]画面

 

1-12. [スタートアップ設定項目]画面が表示されますので、キーボードから数字の“4”を入力して、“セーフモードを有効にする”を選択します(図11参照)。

図11 [スタートアップ設定項目]画面
図11 [スタートアップ設定項目]画面

 

1-13. ログオンするユーザを選択して、Windowsにログオンします(図12参照)。

図12 [ログオンユーザ選択]画面
図12 [ログオンユーザ選択]画面

 

1-14. [Windowsヘルプとサポート]画面が表示されますが、必要ないので右上の「×」ボタンで閉じます(図13参照)。その後、次のステップ2へ進んで下さい。

図13 [ログオンユーザ選択]画面
図13 [ログオンユーザ選択]画面

 

ステップ2.「システムの復元」を起動する

 Windowsをセーフモードで起動することに成功したら、次に「システムの復元」を起動します。

2-1. [デスクトップ]画面から、タッチディスプレイの場合は画面右端から画面中央に向かってスワイプ(指を画面に当てて滑らせる動作)するとチャームが表示されます。マウスの場合は、マウスポインタを画面右上端か右下端に置くとチャームが表示されます(図14、図15参照)。

図14 チャームの表示1
図14 チャームの表示1

 

図15 チャームの表示2
図15 チャームの表示2

 

2-2. チャームの中から、[設定チャーム]をタップ、またはクリックします(図16参照)。

図16 [設定チャーム]の起動
図16 [設定チャーム]の起動

 

2-3. [設定メニュー]画面が表示されますので、「コントロールパネル」をタップ、またはクリックします(図17参照)。

図17 [設定メニュー]画面
図17 [設定メニュー]画面

 

2-4. [コントロールパネル]画面が表示されますので、「回復」をタップ、またはクリックします(図18参照)。

図18 [コントロールパネル]画面
図18 [コントロールパネル]画面

 

2-5. [回復]画面が表示されますので、「システムの復元を開く」をタップ、またはクリックします(図19参照)。

図19 [回復]画面
図19 [回復]画面

 

2-6. [システムファイルと設定の復元]画面が表示されます(図20参照)。次のステップ3.へ進んで下さい。

図20 「システムファイルと設定の復元」画面
図20 「システムファイルと設定の復元」画面

 

ステップ3.トラブル発生日以前の「復元ポイント」を選択する

 続いて、「システムの復元」ウィンドウで操作を行い、適切な「復元ポイント」を選びます。

3-1. 「システムの復元」画面から[次へ(N)>]ボタンをタップ、またはクリックします(図21参照)。

図21 「システムの復元」画面
図21 「システムの復元」画面

 

3-2. 「選択したイベントの前の状態にコンピューターを復元します。」画面に切り替わります(図22参照)。まず、画面下部の「他の復元ポイントを表示する」というチェックボックスがある場合は、そこをタップ、またはクリックしてチェックを入れます。これにより、パソコンに保存されている全ての「復元ポイント」の日時とその説明が一覧表示されます。この中から、パソコンにトラブルが発生した日より前の復元ポイントを探し、タップ、またはクリックして選択します。「復元ポイント」の行に色が付いたことを確認して「次へ」ボタンをタップ、またはクリックして次のステップ4.へ進んでください。

図22 「選択したイベントの前の状態にコンピューターを復元します。」画面
図22 「選択したイベントの前の状態にコンピューターを復元します。」画面

 

※ 適切な「復元ポイント」が存在しない場合は、「システムの復元」による解決はできません。「キャンセル」ボタンをタップ、またはクリックして「システムの復元」を終了し、他の手段(“リフレッシュ”や“リセット”)でシステムを復旧してください。なお“リフレッシュ”や“リセット”に関しては、パソコンメーカーにお問い合わせいただくことをお勧めします。

ステップ4.「システムの復元」を実行する

 選択した「復元ポイント」へシステムの状態を巻き戻す処理を行い、結果を確認します。

4-1. 「復元ポイントの確認」と書かれたウィンドウが表示されます(図23参照)。表示されている復元先の日付と時間を確認し、「完了」ボタンをタップ、またはクリックします。

図23 「復元ポイントの確認」画面
図23 「復元ポイントの確認」画面

 

4-2. 図24の警告ダイアログウィンドウが表示されます。「はい」ボタンをタップ、またはクリックします。

図24 警告ダイアログ画面
図24 警告ダイアログ画面

 

4-3. あとは、選択した「復元ポイント」の時点までシステムの状態を巻き戻す処理が自動的に行われます(図25参照)。処理の途中で、パソコンが再起動します。

図25 「システムの復元」実行中画面
図25 「システムの復元」実行中画面

 

4-4. 再起動後、ログオンユーザ選択画面が表示された場合は、該当ユーザでログオンします。

4-5. Windows8が立ち上がると、まず「スタート」画面が表示されます。[デスクトップ]をタップ、またはクリックします(図26参照)。

図26 「スタート」画面再表示
図26 「スタート」画面再表示

 

4-6. 図27のように、「システムの復元」が成功したか否かが画面に表示されます。成功した場合は「システムの復元は正常に完了しました」と表示され、失敗した場合は「復元は未完了」などと表示されます。画面右下の「閉じる」ボタンをタップ、またはクリックします。

図27 「システムの復元」結果表示画面
図27 「システムの復元」結果表示画面

 

※ 復元が未完了(復元失敗)で終わった場合、システムの状態はこの作業を行う前の状態から変わっていません。画面右下の「閉じる」ボタンをクリックした後、一度パソコンを再起動してください。その後は、他の復元ポイントで再度この手順を試すか、他の手段(“リフレッシュ”や“リセット”)でシステムの復旧を試みてください。なお“リフレッシュ”や“リセット”に関しては、パソコンメーカーにお問い合わせいただくことをお勧めします。

4-7. 通常のデスクトップ画面が表示されたら、一度パソコンを再起動します。

4-8. 再びパソコンが起動したら、パソコンの動作に問題があることを確認していたユーザでログオンし、いつも通り操作を行い、問題が解決したか否かを確認します。

 

※ 本手順書について不明点がございましたら、「IPA安心相談窓口」へご連絡ください。

 

Copyright (c) IPA, Japan. All rights reserved 2010