HOME情報セキュリティ資料・報告書・出版物出版物のご案内情報セキュリティ白書2008

本文を印刷する

情報セキュリティ

情報セキュリティ白書2008

掲載日 2008年5月23日
独立行政法人 情報処理推進機構

 情報セキュリティ白書は、過去2年間、注目すべき10大脅威の紹介を中心に発行してきました。2008は、これに加え2007年に関連機関・組織が公表した多くの情報を参照し、被害と対策実施の状況、制度及び人的な基盤などについて、利用者側・供給者側双方の視点から動向を分析し、今後を展望しています。また、ボットなど“見えにくくなる”脅威に対する事前予防的な対策の必要性を示しているほか、今後社会全体として取り組みが必要と予想される、3つの個別テーマについても紹介しています。

 

  • 情報セキュリティ白書2008
    脅威が見えない脅威-求められるプロアクティブな対策
  • A4判 / 153ページ
  • ISBN978-4-407-31643-8
  • 定価 1,200円(本体1143円+税)
  • 実教出版株式会社

全国書店で販売中。

情報セキュリティ白書2008 表紙画像

目次

第1部 情報セキュリティの動向と展望
第1章 総論
 第1節 利用者側の動向と展望
 第2節 供給者側の動向と展望
 第3節 制度及び人的な基盤の動向と展望
第2章 個別テーマ
 第1節 IT社会を支える基盤としてのアイデンティティ管理
 第2節 暗号の安全性低下によるシステム移行立案にあたっての課題
 第3節 組み込みシステムのセキュリティ
第II部 10大脅威

付録資料編
A 2007年のコンピュータウイルス届出状況
B コンピュータ不正アクセス届出状況
C ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況
D 国内における情報セキュリティ事象被害状況調査
E 情報セキュリティに関する脅威に対する意識調査
F 組織の情報セキュリティ対策自己診断テスト~情報セキュリティ対策ベンチマーク~

関連資料

本書の購入に関するお問い合わせ先:

 実教出版株式会社 企画開発部
 〒102-8377 東京都千代田区五番町5番地
 Tel: (03)3238-7765
 Fax: (03)3238-7770
 http://www.jikkyo.co.jp

 取り扱い書店については上記にお問い合わせください。