個人の方ネットオークションを利用する際の注意

本文を印刷する

ネットオークションを利用する際の注意

1.インターネットオークションとは?

オークションとは、日本語で言う”競り”、”競売”のことです。
一定の期間、売りたい商品に売っても良い金額を提示し、期間終了時に一番高い金額を付けた人と商品の売買を行います。これをインターネットのページ上(オークションサイト)で行います。

2.利用時の注意

a.ユーザー登録を行う時

オークションで商品を落札・購入したり、売りたい物を出品する時には、かならず自分自身の情報を登録します。
自分自身の情報を登録する理由は2つあります。1つは自分専用のオークション情報を保存できるページが持てること。もう1つは匿名での利用をさせない為です。

自分自身の情報を登録する理由
  • 自分専用のオークション情報を保存できるページが持てる
  • 匿名での利用をさせない為

匿名で利用させないと言っても、実名を登録するのではなく、ユニークな名前(あだ名とかでもOK)でユーザー登録を行います。
登録は簡単で、英数字と記号を組み合わせてユーザー名とパスワードを決めます(利用するオークションサイトによって使える文字が限られています)。但し、パスワードを決める際には次のことを注意して下さい。

パスワードを決めるときの注意点
  • ユーザー名と同じにしない
  • ユーザー名から推測されない
  • 短くしたり、数字だけや文字だけにしない (“1234”、“abcd”等)

自分自身の誕生日も使わないようにしましょう。

パスワードを安易に決めてしまった為に起こった事例として次のようなものがあります。

  • パスワードをユーザー名と同じに(あるいはユーザー名から推測できる物に)していた為、それを利用して本人になりすまし、勝手に商品に入札・落札をして、不当な落札請求の連絡が来てしまった。
  • 勝手に本人になりすまされ、架空の商品を出品された。後日、その商品の落札者から「金額を振り込んだのに商品が届かない」旨の連絡が来た。

>>そのほかの被害例やパスワードの設定方法についてはこちらをご覧ください。

b.入札を行う時

ユーザー登録も終わり、オークションサイトから好きな商品を閲覧して入札を行いますが、あらかじめ以下の点に注意しましょう。

入札前の注意点

  • 信用できる出品者(業者)か?
  • 商品は本物か?
  • 違法な物でないか?

信用できるかどうかの目安として、オークションページにある、出品者の最近の評価・評判を確認しましょう。
(※.あくまでも目安として判断して下さい。入札するしないの判断は自身の責任で行ってください。)

また、少しでも商品に疑問がある場合には、その商品について出品者に質問をしましょう。商品の画像が無い、あるいは商品の画像がメーカーカタログの写真を使っている場合は、商品が出品者の手元にあるかについても確認した方がよいでしょう。

例えば、海賊版など、法的に違反する商品には、入札は行わないようにしましょう。法的に許されている商品でも、オークションサイト側で禁じられている商品であれば同じことです。

入札時に確認を怠った場合に起こった事例として…

  • 商品説明の画像がなかったが、そのまま落札した。ところが思っていた商品とは違う物が届いた。

c.落札後、出品相手と商品の取り引きを行う時

実際に出品者と商品の取り引きを行う際、まず出品者の連絡先を聞いて、場所等がしっかりしているか確認します。具体的には、連絡先住所や電話番号は存在するか、振込み先口座番号は詐欺などで使われていないか、です。

トラブルが多数報告されている出品者の振込先口座リストなどの情報が、オークションサイトに掲載されているので、確認しましょう。

d.落札できなかった時

入札した商品を落札できなかった時、その商品の出品者とは別の人から、「あなたが落札できなかった商品と同じ物を持っています。よかったら取り引きしませんか?」云々の話を持ち掛けられる場合があります。こう言ったケースでは、いわゆるネットオークション詐欺の可能性がありますので、その様な話には乗らないようにしましょう。

※オークションサイトに登録すると、無料のメールアドレスがもらえる所もあり、その場合のメールアドレスは、ユーザー名と同じになります。
(例:ユーザー名@オークションサイトドメイン名 <ユーザー名@xxxx.co.jp>) 
このメールアドレスを、オークションの取り引きの時に使用していると、メールアドレスが推測され、上記の様な取り引きのメールが来る場合がありますので、無料のメールアドレスを使う場合は、気をつけて下さい。(実際に同様の被害事例がありました。)