HOME情報セキュリティセキュリティセンターについて

本文を印刷する

情報セキュリティ

セキュリティセンターについて

誰もが安心・安全な「頼れるIT社会」を目指して

 近年、情報セキュリティに関する脅威は国境を越えてグローバル化し、攻撃手法が高度化し、あらゆるデバイス・システムに対して脅威が拡大しています。

IPAセキュリティセンター(IPA/ISEC)では国内外の関係機関と連携を図りつつ、民間では収集が困難な情報収集、分析とそれらの知見の一般化を行っています。
  • 事業概要 : IPAセキュリティセンターの事業概要をご案内します。
  • 活動報告 : IPAセキュリティセンターの活動報告をご案内します。

サイバー攻撃対策に関する活動

サイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)

サイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP) サイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)は、公的機関であるIPAを情報ハブ(集約点)の役割として、参加組織間で情報共有を行い、高度なサイバー攻撃対策に繋げていく取り組みです。

サイバーレスキュー隊(J-CRAT)

サイバーレスキュー隊(J-CRAT) サイバーレスキュー隊(J-CRAT)は、社会や産業に重大な被害を及ぼし兼ねない標的型サイバー攻撃や、標的型サイバー攻撃の連鎖の元(ルート)となっている組織に対して、その攻撃の把握、被害の分析、対策の早期着手の支援を行っています。

情報セキュリティの普及啓発活動

中小企業向け全国普及啓発事業

IPAでは、中小企業における情報セキュリティの基礎知識習得や意識の向上、対策のレベルアップを目的に情報セキュリティセミナーを全国各地で開催するとともに、研修会への講師派遣などを実施しています。 また、情報セキュリティの組織内研修等に使える映像コンテンツや冊子などを制作・公開しています。ぜひご活用ください。