HOME情報セキュリティ情報セキュリティ啓発対策のしおり暗号化による<情報漏えい> 対策のしおり

本文を印刷する

情報セキュリティ

暗号化による<情報漏えい> 対策のしおり

最終更新日:2014年3月20日
独立行政法人情報処理推進機構
技術本部 セキュリティセンター

 IPAが公開する情報セキュリティ対策について専門家以外にもわかりやすく解説した小冊子「対策のしおり」シリーズに、このたび「暗号化」をテーマにした冊子が加わりました。本冊子はIPAのウェブサイトからPDFでダウンロードいただけます。

概要

 大切な情報が漏えいすることを防止する有効な手段の一つに暗号化があります。本冊子では暗号化が行われる背景、様々な場面で使われる暗号化のしくみと注意事項についてわかりやすく紹介します。

目次
はじめに(おおまかな暗号の歴史)
1. なぜ暗号化が必要なのか
2. 例えば電子メールの暗号化
3. 例えば、「紛失・置き忘れ」「盗難」対策の暗号化
4. 例えば、無線LANを安全に利用するための暗号化
5. 例えば、会社の外と中との通信を安全に利用するための暗号化
6. 参考情報(もっと詳しく知りたい人のために)

対象者:企業・組織・個人のユーザ全般

ダウンロード

関連ページ

 このほかにも「標的型攻撃メール」、「スマートフォン」、「新入社員向け」等、さまざまなテーマの「対策のしおり」シリーズを公開しています。下記の紹介ページをご覧ください。

本件に対するお問い合わせ

IPA 技術本部 セキュリティセンター
Tel: 03-5978-7508  Fax: 03-5978-7518  E-mail: メールアドレス