HOME情報セキュリティ情報セキュリティ認証関連ITセキュリティ評価及び認証制度(JISEC)ハードウェアセキュリティセミナー (導入コース)

本文を印刷する

情報セキュリティ

ハードウェアセキュリティセミナー (導入コース)

最終更新日:2015年5月19日

ハードウェアセキュリティについて紹介するセミナーを開催いたします。

募集人数を越えたため、受付を終了させていただきます。多数の申込みありがとうございました。なお、6月30日(火)にも本セミナーと同一内容のセミナーを開催いたします。

セミナー概要

日時 2015年6月8日(月) 15:00~17:00 (※開場 14:30~)
場所 独立行政法人情報処理推進機構 (IPA) 13階 会議室A,B,C(地図)
内容 ハードウェア[1]セキュリティについて、基礎から説明します。
  • ハードウェア (ICチップ) の仕組み
    • 情報機器におけるICチップの役割
    • ICチップの構造
  • ハードウェア (ICチップ) に対する攻撃・脅威
    • 攻撃者に狙われるハードウェア (ICチップ) の特性 (弱点)
    • 特性を突いた具体的な攻撃方法
    • 攻撃が成功した場合に考えられる被害・影響
  • ハードウェア攻撃への対抗策
    • ハードウェア的リバースエンジニアリング (回路の解析) 対策
    • 誤作動を引き起こす異常の検知 (異常電圧・周波数・レーザー照射等)
    • 暗号鍵の漏洩につながるハードウェア的な情報リークの制御
  • 対抗策が講じられたハードウェア
    • ISO/IEC 15408に基づく認証
[1]本セミナーにおいては、ハードウェアは主にICチップのことを意味します。
募集人数 70名 (先着順、募集人数が集まり次第、受付を終了させていただきます。)
対象者 ハードウェアセキュリティとは何かを知りたい方。
  • ICチップに載せる組み込みソフト開発者
  • セキュリティ技術を導入したいハードウェア開発者
  • ハードウェアセキュリティの説明が求められる技術営業
  • 製品の構成要素としてセキュアなICチップを必要とする開発者
などを対象としております。
ハードウェアセキュリティに関する前提知識は特に必要ありません。
参加費用 1,000円 (税込) (当日現金払い)
申し込み方法等

募集人数を越えたため、受付を終了させていただきます。多数の申込みありがとうございました。

2015年6月5日(金)までに以下の応募記載事項をご記入の上、次のメールアドレス宛ににお知らせください。
E-mail: ジェイ シー エム ヴィー ピー ハイフン エス イー エム アイ エヌ エー アール アットマーク アイ ピー エー ドット ジー オー ドット ジェー ピー


(応募記載事項)

  1. Subject(件名)に「6月8日 ハードウェアセキュリティに関するセミナー 参加申込み」と記載
  2. 氏名と読み仮名
  3. 所属法人名、所属部署名
  4. 連絡電子メールアドレス、連絡先電話番号、連絡先FAX番号

お申込みいただいた方全員に順次、参加可否のご連絡を電子メールにてお知らせいたします。

※個人情報保護に関して
IPAでは、個人情報の保護に努めております。当機構のプライバシーポリシーでご確認ください。なお、ご記入いただきました個人情報は、本説明会に関する確認・連絡およびIPA主催の関連イベントのご案内をお送りさせていただく際に利用させていただきます。

その他 <メールニュース配信のご案内>
IPAでは、機構の事業に関わる各種情報 (公募情報、入札情報、セキュリティ対策情報、イベント・セミナー情報、情報処理技術者試験情報等) を電子メールで配信しています。ご希望の方は【メールニュース配信申込み】から電子メールアドレスをご登録ください。
 問い合わせ先 独立行政法人 情報処理推進機構
技術本部セキュリティセンター 情報セキュリティ認証室(JCMVP担当)
E-mail: ジェイ シー エム ヴィー ピー ハイフン エス イー エム アイ エヌ エー アール アットマーク アイ ピー エー ドット ジー オー ドット ジェー ピー

更新履歴

2015年5月19日 募集人数を越えたため、募集を終了しました。
2015年5月13日 セミナーの定員を70名に変更し、募集を再開しました。
2015年5月1日 募集人数を越えたため、募集を停止しました。
2015年4月30日 申込者多数につき、セミナーの定員を50名に変更しました。
2015年4月27日 セミナー情報を掲載しました。