HOME情報セキュリティ暗号技術「暗号アルゴリズムの利用実績に関する調査」に対するご協力のお願い

本文を印刷する

情報セキュリティ

「暗号アルゴリズムの利用実績に関する調査」に対するご協力のお願い

掲載日:2012年 7月12日
独立行政法人情報処理推進機構
技術本部 セキュリティセンター

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)では、総務省、経済産業省、独立行政法人情報通信研究機構と共同して、暗号技術評価プロジェクトCRYPTRECの委員会運営を担当しています。CRYPTRECでは、内閣情報セキュリティセンターが発行する「政府機関の情報セキュリティ対策のための統一管理基準」及び「同統一技術基準」により、政府機関が調達するうえでの遵守事項として定められている「電子政府推奨暗号リスト」のリスト案作成及びリスト管理を実施しています。  

 現在、CRYPTRECでは今年度末の電子政府推奨暗号リスト改訂を行うための作業を行っております。今回のリスト改訂に伴い、暗号アルゴリズムの利用実績等を踏まえ、現行の「電子政府推奨暗号リスト」の一リスト体系から、「電子政府推奨暗号リスト」、「推奨候補暗号リスト」、「運用監視暗号リスト」から構成される三リスト体系に移行します。その際、政府等による調達等を容易にすることを目的として、「安全性」及び「実装性」の観点に加え、「暗号アルゴリズムの製品化、利用実績等」の観点も踏まえて、いずれかのリストに分類・登録されることになっています。

 こうした背景のもとに、今回の改訂により電子政府推奨暗号リストに掲載される可能性がある個々の暗号アルゴリズムについての製品化、利用実績等の情報を収集することを目的として、IPAでは「暗号アルゴリズムの利用実績に関する調査」を実施することになりました。なおアンケートの送付・回収・集計は、調査に係る一般競争入札の落札事業者である、みずほ情報総研株式会社が実施します。

 本調査結果は、今回の電子政府推奨暗号リストの改訂(特に、次期電子政府推奨暗号リストに掲載する暗号アルゴリズム選定のための重要な判断指標として利用)、及び今後の暗号政策の立案・遂行等の検討のみに活用します。なお、一般向けに公開する際には統計処理を施したうえでの概要結果の公開とし、個別の回答内容がそのまま一般に公開されることはありません。

 つきましては、本調査の趣旨をご了察の上、みずほ情報総研株式会社からのアンケート調査にご協力を賜りたく、何卒よろしくお願い申し上げます。

参考情報

更新履歴

2012年 7月12日 掲載