HOME情報セキュリティ資料・報告書・出版物調査・研究報告書情報セキュリティに関する新たな脅威に対する意識調査(2006年度第2回)

本文を印刷する

情報セキュリティ

情報セキュリティに関する新たな脅威に対する意識調査(2006年度第2回)

掲載日 2007年 7月10日

独立行政法人 情報処理推進機構
セキュリティセンター

概要

 近年、コンピュータウイルスだけでなく、フィッシング詐欺やスパイウェア、ボット等、新たな脅威が出現し、被害を生じさせています。
 このような状況を受け、PC インターネット利用者に対して、これらの脅威に対する正しい認知や理解、またトラブルを防ぐための対策およびトラブル発生時の対応等、適切な情報提供、普及啓発活動が求められています。

 本調査は、このような課題に対し、PC インターネット利用者へのウェブアンケートを通じて、新たな脅威に対する認知度、理解度、対策の実施状況等の実態を把握し、IPA が行なう情報セキュリティに関する対策情報の発信、普及啓発等の活動に役立てることを目的として実施しました。

 なお、本調査は、2006年11月に実施したものに引き続き、2006年度第2回目の調査となります。

実施者

目次

1. 調査概要
2. 調査結果の概要
3. 調査結果
 3.1. 新しいセキュリティ上の脅威に対する認識
 3.2. 情報セキュリティに対する行動実態
 3.3. インターネットの利用状況

参考 調査票

報告書のダウンロード

更新履歴

2007年 7月10日 掲載