HOME情報セキュリティ資料・報告書・出版物調査・研究報告書セキュリティセンター:イスラエルにおけるセキュリティ関連動向調査

本文を印刷する

情報セキュリティ

セキュリティセンター:イスラエルにおけるセキュリティ関連動向調査

掲載日 2006年 5月 9日

独立行政法人 情報処理推進機構
セキュリティセンター

電話番号:03-5978-7501までお問い合わせください。

実施者

  • イスラエルGlobalConn社

概要

 ボットやスパイウエア等の新たな脅威をもたらすワーム類は、次から次へとその形を変えながら増殖しているところ、ユーザが取り得る対応策としては、ウイルス対策ソフトにより既知の脅威を駆除すること程度で、全てに対応できないのが現状です。

 これら新手の脅威に対する検知、防御技術については、セキュリティ関連企業等で研究開発が行われているところですが、特にセキュリティ意識が高いと目されるイスラエルにおけるこれら対策について、政府、セキュリティ企業等での取り組みの現状について調査を行いました。

 また、情報セキュリティ評価・認証における国際相互承認協定(CCRA)に対して、受入国(CCP:Certificate Consuming Participants)という立場で加盟しているイスラエルの、政府及びセキュリティ企業等におけるセキュリティ認証に関する現状についても調査を行いました。

目次

Summary
Introduction
Countermeasures by:
 The Government
  Activities of the Parliament
  The Government Policy
   The expert Council
   The Treasury Ministry
   Tehila
   The Standard Institute
 The Security Companies
   The Technologies
 The Users Countermeasures
  Different threats
 The Budget
Common Criteria Recognition Arrangement
 In the Government
 Security Companies
 Enterprisers, users
List of contacts, institutes and people

調査報告書等のダウンロード

※報告書は英語のみとなります